大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

アイランダーになりたい

投稿日時:2018/04/10(火) 11:25

アイランダーにしか見えないけど純ジャパの上杉、佐々木の次は、純ジャパにしか見えないけど純ジャパではない葛です。僕もあの二人のようなアイランダーが纏う威圧感と肉体が欲しいです。



 



佐々木の紹介にもありましたが、今年度の新歓代表を務めています。新歓期も最盛期を迎えたこの時期に部日記を回されるとは思ってもいませんでした。佐々木からの、もっと頑張れよ、という熱いエールが感じられますね。昨年の10月に新歓代表に就任してから、新歓代表の呪いと、新入生が入ってくれない恐怖に怯えまくってました。前者の恐怖は、ぶっちーさんが途切れさせましたが、秋山さんには、呪いを復活させないでほしい気持ちと、秋山さんのラグビー愛と来年のチームを考えて呪いを復活させてほしい気持ちが入り混じっています。そんな僕は呪いを復活or継承させてしまう可能性があるので、来年の誰かさんは頑張ってね!後者の恐怖は、日に日に増してきています。3年前の新歓代表のKTさんが、毎日吐きそうになってた、と言っていたのがわかる気がします。先日、近藤監督から夜の11時ごろにかかってきたLINEのビデオ通話は、例えようがない恐怖でした。



当たり前のことですが、新歓代表ってとても大変ですね。僕の場合は、自分の仕事がなかなか形にならないのが一番大変だと思います。他の仕事は、パンフレットを作ったりPVを作ったり、ゴールがはっきり見えているものが多いですが、新歓代表はいろいろなことに頭を回していろいろな作業をする割には、ゴールがはっきり見えず、自分で考える仕事が多いです。部日記を24時間以内に回すという自分の中で決めたルールを破ってしまうぐらいには忙しいです。でも来年はどんな役職に就こうが、今年よりも忙しいっていうのは考えられないです。まあ毎日忙しい忙しいって言ってはいますが、僕がポンコツなだけなので、来年の誰かさんは大丈夫やで!



自分がポンコツすぎるあまり、部員のみんなには迷惑かけまくってるし、同期に八つ当たりのように仕事しろよって言うようになってしまいました。ごめんなさい。この場を借りて謝ります。ああすればよかったという反省は山ほどありますが、あと1ヶ月の新歓で、ラグビー部の余りある魅力を新入生に伝えて、一人でも多くの仲間を増やします!OB・OGの皆さんお力添えよろしくお願いします。



新歓の話しかしてないですが、ラグビーについては、昨年末に前十字靭帯を切ってしまい、しばらくはリハビリ生活です。復帰する頃にはムッキムキのアイランダーになって帰ってくるつもりです。新歓に対してのラグビーに対する書く量が少なすぎますが、ラグビーに対する熱量が少ないわけではないので安心してください。僕がそうであったように、新入生は先輩、特に新歓代表の背中を見ると思います。新入生の手本になれるように頑張ります。



 



次は、キックカウンターと新歓期に大活躍してくれる、not純ジャパ仲間の平手くんに回します。新入生への声かけや盛り上げ方など、新歓代表ながら勉強になることばかりで、いつも助かってます。

title_archive.gif

ブログ最新記事

アーカイブ

2018年7月(2)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: