大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

シーソーゲーム

投稿日時:2018/07/21(土) 01:17

はじめまして!一年プレーヤーボキャ貧2トップの左サイド(レスターで言うとジェイミー・ヴァーディ的なボキャ貧のエース選手。そして平本は例えるならベイル的な他の追随を許さないボキャ貧のスピードスター。)須田から部日記を回されました新井陽太です。1年プレイヤーリレーのアンカーを託された、つまり一番レベルの高い文章を書けると同期に信頼されているので、しっかりとした文章を書こうと思っているのでよろしくお願いします。須田の好きなところを1つ挙げると、気前の良さです。須田の家を出禁になったはずの平本をなんだかんだで家に上げて歓迎してるところで「いい男だなぁ」って思います。できることなら思い切って平本の出禁を解除してあげてください。お願いします。

まずは恒例になっている自己紹介から参りたいと思います。矢崎と同じ埼玉県立浦和高等学校をなんとか卒業し、その後、駿台お茶の水校で一年間の浪人生活を経て一橋大学社会学部に入学しました。(有名な話ですが、矢崎とは浦和高校、さいたま市立常盤中学校、そしてさいたま市立仲町小学校、そしてそして、浦和幼稚園、そしてそしてそして、たけのこクラブという幼稚園に入る前の子供が集まる団体から、時に涙し、時に笑いあい、時に汗をかき、時に膝の上に座ったりと、ずっと一緒に成長してきました。そのため、大学入学時、初対面の人との距離感をとるのが若干苦手な自分は常に彼の後ろを金魚の糞またはアンコウの雄のようにくっついていましたが、最近になってようやく独立できるようになりました。ほめてください。)自己紹介に戻ります。自分の特徴は何といっても天然パーマだと思います。天然パーマのいいところは、松原みたいにわざわざお金をかけなくても自動的に髪の毛がウェーブするところ、逆に悪いところはパーマとは違い抑制が効かないため、結局はお金をかけて抑制しなくてはいけないところです。実際、髪の毛がまっすぐの人がうらやましいですが、天然パーマは縮毛矯正という鬼のように高いストレートパーマをかけなくてはいけないためほぼ諦めました。自己紹介に話を戻します。趣味はいろいろありますが、あんまり知られていないことを挙げると漫才を見ることで、最近のブームは金属バットで、M1グランプリは2004が一番面白いと思います。時々、ルミネtheよしもとにも行きますが、∞ホールに行くほどでもなく、若手にもあんまり詳しくありません、すみません。あと上げるとしたら、おなかが非常に弱いため、合宿がとても心配です。

さて、一橋ラグビー部に入部し夏オフ期間に入ったので、これまでの大学生活の総括と振り返り、そして今後の目標を発表したいと思います。まず、総括として先週夏オフに突入し、今日、すべてのテストが終わって夏学期が終わり、とても濃密で充実した一学期だったなと思います。3月に合格が決まり、ハンドスピナーにはまり、高校のOB戦で初めて早船さんと挨拶をして「この人まじめで丁寧で大人っぽいな」と思い、その後初めてラグビー部の練習を見学し、熊谷と出会い、彼がまさかの入部宣言をし「こいつ頭おかしいぞ」と思い、自分はもっとサークルを見て回ると決心して矢崎とS君と一緒に部活説明会に臨みました。4月は、入学式で初めてスーツに袖を通し期待で胸を膨らませて人生初めての西キャンパスに足を踏み入れ、頑張って履修を組み、いろいろな部活やサークルの新歓を訪れて様々な団体のユニークでとても素敵な先輩方と話をし「この団体も素敵だな」と思いつつ、「本当にここがベストなのか?ここよりもいいところがまだ他にあるかもしれない」と自分が本当に入ってもいいなと思う団体を必死に探すまさにシーソーゲームを毎日繰り広げ、クラス行事をそつなくこなし、友達を作り、次第に新歓が終わってくことに焦りを感じながら5月に突入しました。人生初の部活がないGWは本当に新鮮で、矢崎君とはあの頃は彼女がいたのにもかかわらず毎日顔を合わせ、GW後は本当に団体が2つに絞られ、いよいよラグビー部に入部し、一年半ぶりのタックルとウエイトにはひーひーh言わされました。6月はようやく部活と授業とウエイトの三刀流生活に慣れ、持ち前のリズム感で早寝早起きの生活リズムを獲得し、6月後半は余裕が生まれてきて、雨にも負けず、鼻歌交じりにスキップで家から北浦和駅、電車の乗り換え、国立駅から自転車置き場を移動し、自転車で校内とグラウンドと須田家を駆け抜けました。7月に入り、いよいよ気温の高さに限界を感じつつも春シーズンの終わりまで、一年プレイヤーの中では唯一怪我なくリハビリなしでやってくることができました。今後の目標としては、部活面ではもっとコンタクトスキルを磨くこと、生活面ではご飯もりもり食べて体重を増やすこと、勉強面では一日2時間以上勉強する生活を続けることの3つを掲げます。

自分で一年プレイヤーは人数の関係上、最後となるので次は一年マネージャーに回そうと思い、誰にしようかなと考えた挙句、先日、謎のラインを送った井上玲にバトンパスをしようと思います。自分はまだ彼女の日本語力の本質を直接耳にしたことはないのですが、きっと一年マネージャー部日記リレーのスターターとしてブレイクばりのロケットスタートもしくはロナウジーニョばりのトリックプレーを見せてくれることを期待しています。よろしくあ願いします。








 
title_archive.gif

アーカイブ

2018年8月(2)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: