大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

ラグビー部に入れました

投稿日時:2019/06/29(土) 21:26

はじめまして、青春の約半分をネット小説に捧げ素晴らしい部日記を書いてくへた増古くんからバトンを渡されました法学部1年の嶋井涼羽です。更新が遅れてしまい申し訳ございません。彼の予定では僕が勇者の如く華麗に場を救うはずだったらしいのですが、だいぶ到着が遅れてしまったようです。別に書いていた原稿がPCの不良で消えてしまったというような事情があったわけではなく、「よし、今日は疲れたから書くのは明日にしよう!」というのを2週間ただ繰り返していました。これからの大学生活においてもレポートの提出期限だけには気をつけて過ごしていこうと思います。








 はい、話を戻させていただきます。僕自身、初めての部日記ということもあり何を書けば良いのかよく分からないところもあるので、今回は簡単な自己紹介と僕がラグビー部への入部を決めた経緯という2つの内容を中心に話していこうかなと思います。受験生時代、国語の要約の勉強をほとんどしなかったという事情もあり、長さのわりには内容が希薄な文章が続くことになるかもしれません。申し訳ございません。最後の方になっていうのもあれなので先に謝っておくことにします。







それでは、自己紹介に移らせて頂きます。僕の出身校は神奈川県の私立浅野高校という学校です。学校自体が京浜工業地帯の見下ろす形で作られたという創設の経緯もあり、毎日もくもくとはき出される排気ガスと、みなとみらいの美しい風景を横目に見ながら6年間を過ごしてきました。男子校の中高一貫校でラグビーを始めたのは中学校1年生のときです。ラグビーという競技自体には、家の目の前のグラウンドで毎週日曜日にラグビースクールが練習をしていたこと、しかもその中に小学校からの友人がいたこともあり、親の反対はあれど、僕としてはそんなに違和感なく始めることが出来ました。中学の頃はウィング、高校の頃はフランカーとしてプレーをしていました。好きなプレーはタックルです。嫌いなプレーを挙げろと言われたらきりがないかもしれませんが、ラグビー自体は割と好きな方だと思うので安心して下さい。







さて、次に入部の経緯について書かせてもらおうと思います。少し長くなるかもしれませんが、どうぞ最後まで読んで頂けたら有り難いです。僕が初めて一橋ラグビー部の存在を知ったのは高2の冬でした。当時、同じラグビー部の1つ上の先輩が一橋のラグビー部に興味があり、それにつられてラグビー部の公式サイトを開いたのがきっかけだったと思います。高3の春の大会で部活を引退し受験期に突入してからは、毎日学校帰りの電車でラグビー部の部日記とマネ日記の更新を確認するのが日課になっていました。たぶん今の4年生の1つ上の代までの方々の顔と名前が一致するぐらいには読みこんでいたと思います。一橋ラグビー部に関しての知識では同期のなかでも割とある方だという自信があります。ここまでの話を聞いた皆さんからすると僕は、「ラグビーモチベも割とあり、大学でもふつうにラグビーを続けるような人」のように映ってしまうかもしれません。しかし、実際にはそうではありませんでした。たしかに高校ラグビーでの悔しい想いや大学ラグビーへの興味も幾分かにはありましたが、それ以上に、今までよりもさらに体の大きな相手とぶつかっていく勇気、また4年しかない大学生活をラグビーに捧げるほどの気持ちを持つことが出来ませんでした。3月に入り一橋の合格が決まってからもその想いが変わることはなく、3月末の部活動紹介では運動系文化系問わず様々な団体を回って、色んな自分の未来を想像しながら割と新歓を楽しんでいました。しかし、そんなラグビーモチベがほぼ0の僕にとって大きな転機となる出来事が起こります。それは4/3のクラス別オリエンテーションの日でした。入学手続きの書類の提出やクラス担任の話が終わり、オリターのみなさんが教室に入ってきたときです。僕は本気で(心の中で)叫びました。「須田さんと弓場さんおるやん!!!!」と。そうです。なんと僕のクラスのオリターの中にたまたまラグビー部の先輩が2人もいたんです。先輩方からしたら僕は完全に誰奴って感じだったんだろうと思いますが、僕からしたらもはやテレビの中の人と会えたくらいに高揚感に溢れていました。そのときの赤黒ジャージのかっこよさ、先輩方の体のかっこよさに対する感動は今でもしっかりと覚えています。初めてラグビー場に行ったのもその日でした。さすがに初めての体験練習で8人中6人が入部宣言をしたのには驚きましたが、そこでラグビー部の雰囲気の良さをじかに感じることが出来たのは本当に今でも運が良くいい経験であったなと思います。その日を契機に何度もラグビー場に足を運ぶようになり、ゴールデンウィークまで他のサークルへの入サーと悩むことはありましたが、最終的にはラグビー部への入部を決めさせていただきました。6月も終わりに近づき、ようやく少しずつではありますがラグビー部の練習にも慣れることができ、先輩からの丁寧なご指導のおかげもあり、刺激的かつ充実したラグビー生活が送れるようになりました。最近ではウェイトルームでの居心地が良すぎて部活がなくても足を運んでしまうほどラグビー部が好きになってきました。これからは夏の菅平合宿に向けて、まずは体づくりからではありますが、日々の練習に本気で取り組み、少しでもはやくチームの力となれるよう精進していきたいと思います。以上が今回の僕の部日記になります。最後まで僕の拙い文章を読んでいただきありがとうございました。







それでは次の部日記は、遠征のとき同期の重たい荷物を代わりに部室まで運んでくれるほどの優しさ備えた同クラのイケメン、澤井くんに回したいと思います。澤井、あとはよろしく!

アーカイブ

2019年10月(1)
2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: