大きくする 標準 小さくする
DIARY

マネージャー日記

ポジション紹介③!

投稿日時:2019/04/09(火) 23:25

こんにちは!
2年マネージャーの德丸美羽です。
先ほど書き上げた渾身の記事が写真を貼りつけている際にすべて消えてしまい、悲しみの淵に沈んでおります。
同期プレーヤーの癒し担当・篠田を脳内に召喚してどうにか記事を書いています。悲しのだ、癒しのだ。

さて、しのだは脇においといて、ポジション紹介と参りたいと思います!空元気なんかじゃありません、泣いてなんかいません。涙でパソコンの字がかすんだりなんてしていませんよ。

今回はCTBの3人です!

(左から4年松尾、3年佐々木、3年寺澤)


まずは恒例の他己紹介から!
(寺澤→松尾)松尾さんは1年から対抗戦に出るほどのラグビーセンス抜群プレーヤー。プライベートは謎に包まれている。
(松尾→佐々木)感情を身に着けたパワーマン勇気は日々自らの成長のために限界に挑む。自慢のストイックさと身体を張ったプレーでチームを引っ張ってくれるかけがえのない存在!
(佐々木→寺澤)旅人。マネからはピュアだと思われているが、中身はピュアなんてもんじゃない。ラグビー未経験ながらガッツあふれるプレーに定評あり。

ありがとうございます!学年関係なく互いをリスペクトしていることが伝わってきますね!このように上下関係が厳しすぎず、先輩・後輩間の仲が良いのもラグビー部の良いところです!また、寺澤さんのように大学でラグビーを始めて、試合で活躍しているプレーヤーも多いので、初心者でも安心ですよ!

新年度ということで普段はやらない、新しいプレー(ラインアウト)に挑戦する3人。

ラインアウトについてはお近くの赤ウィンブレを着た部員に聞いてみてください笑。

続きまして、CTBのやりがいや魅力について教えてください!
(松尾)CTBはプレーの自由度が高く、やろうと思えば何でも出来るので、チームの流れを大きく変えることが出来るのが魅力。
(佐々木)アタックにおいてもディフェンスにおいても重要なポジションであること。難しさは感じるが、だからこそ極めがいがあり、楽しい。
(寺澤)ボールにたくさんさわれる。

それぞれ違った視点から魅力を語ってくれました!新入生の方は、さまざまな先輩と話すと違った意見がきけてとても参考になるので、ラグビーのことでも勉強との両立に関してでも、何でも質問してみてくださいね☆

ここで、今年度の抱負をお願いします!
(松尾)グラウンドに戻ってセンターの魅力を再認識し、そしてチームの目標達成に貢献する。
(佐々木)焦らず、一歩ずつ着実に成長する。あと、無病息災。
(寺澤)対抗戦でトライをとる!

みなさん頼もしい意気込みをしてくれました。特に松尾さんは長らく怪我のため一線を退いているので、練習や試合に復帰する姿を見られる日がくるのを私もとても楽しみにしています。

最後に新入生に向けて一言!
(松尾)最高の環境で、最高の仲間と、最高の喜びを味わえるラグビー部にぜひ一度!
(佐々木)ラグビー部に入れば、決して楽とは言えませんが、心身共に充実した4年間が送れること間違いなしです。是非、一緒にラグビーしましょう!
(寺澤)ぜひラグビー部へ!



ここで私からも新入生に向けて一言を。ちょうど1年前の新歓期、私はラグビー部の雰囲気に惹かれ、他の団体をそれほど見に行くこともなく、ほとんど直観のような形で入部を決めました。正直、他の団体の新歓に行かなかったのは少し後悔していますが笑、それはもう少しご飯おごられとけばよかったなあとかその程度のことで、ラグビー部に入ったことを後悔したことは一度もありません。家が遠いため朝練の日には5時に起きなければいけないし、早朝に電車に乗ってみれば某・夢の国に向かう浮かれたファミリーばかりだし、でつらいことも多いですが、それ以上に得られるものの大きさを噛み締める、そんな毎日です。少しでもラグビー部を考えている新入生はぜひ一度、グラウンドでその素晴らしい雰囲気と環境を味わってほしいと思います。
本音を言えば、新入生の皆さんにはぜひともラグビー部に入ってほしいというような思いですが笑、まずは色々な団体の新歓に行き、新歓期を楽しみ尽くし、最後に自分が4年間を捧げてもよいと思えるような素敵なものに巡り合えることを祈っております。
もしそれがラグビー部であったなら、その際は末永くよろしくお願いします笑。

それでは長文&駄文にお付き合いくださりありがとうございました。
あと、脳内しのだ、荒んだ私の心を癒してくれてありがとう。グラウンドに来てくれた新入生はぜひ篠田に話しかけてみてください。きっと楽しのだ。
また、新歓の情報をたくさん流しますので、以下のTwitterのアカウントもチェックしてみてくださいね☆
@hurfc2019

次回のマネ日記もお楽しみに!

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年4月(3)
2019年3月(4)
2019年2月(3)
2019年1月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(7)
2018年10月(8)
2018年9月(9)
2018年8月(3)
2018年7月(5)
2018年6月(8)
2018年5月(9)
2018年4月(7)
2018年3月(6)
2018年2月(2)
2018年1月(3)
2017年12月(4)
2017年11月(6)
2017年10月(9)
2017年9月(6)
2017年8月(3)
2017年7月(5)
2017年6月(8)
2017年5月(9)
2017年4月(8)
2017年3月(8)
2017年2月(1)
2017年1月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(6)
2016年10月(7)
2016年9月(7)
2016年8月(2)
2016年7月(4)
2016年6月(7)
2016年5月(6)
2016年4月(8)
2016年3月(11)
2016年2月(1)
2016年1月(5)
2015年12月(4)
2015年11月(12)
2015年10月(12)
2015年9月(13)
2015年8月(9)
2015年7月(7)
2015年6月(19)
2015年5月(17)
2015年4月(16)
2015年3月(3)
2015年2月(1)
2015年1月(7)
2014年12月(8)
2014年11月(19)
2014年10月(18)
2014年9月(17)
2014年8月(17)
2014年7月(6)
2014年6月(12)
2014年5月(15)
2014年4月(14)
2014年3月(16)
2014年1月(12)
2013年12月(9)
2013年11月(16)
2013年10月(19)
2013年9月(19)
2013年8月(15)
2013年7月(11)
2013年6月(16)
2013年5月(17)
2013年4月(14)
2013年3月(17)
2013年2月(1)
2013年1月(10)
2012年12月(12)
2012年11月(16)
2012年10月(19)
2012年9月(21)
2012年8月(9)
2012年7月(10)
2012年6月(18)
2012年5月(21)
2012年4月(11)
2012年3月(13)
2012年2月(3)
2012年1月(11)
2011年12月(10)
2011年11月(16)
2011年10月(18)
2011年9月(19)
2011年8月(17)
2011年7月(11)
2011年6月(19)
2011年5月(18)
2011年4月(18)
2011年3月(17)
2011年2月(3)
2011年1月(11)
2010年12月(9)
2010年11月(17)
2010年10月(20)
2010年9月(20)
2010年8月(13)
2010年7月(11)
2010年6月(19)
2010年5月(17)
2010年4月(17)
2010年3月(15)
2010年2月(5)
2010年1月(13)
2009年12月(8)
2009年11月(14)
2009年10月(17)
2009年9月(17)
2009年8月(10)
2009年7月(13)
2009年6月(17)
2009年5月(16)
2009年4月(13)
2009年3月(18)
2009年2月(4)
2009年1月(13)
2008年12月(8)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年9月(21)
2008年8月(11)
2008年7月(12)
2008年6月(21)
2008年5月(23)
2008年4月(24)
2008年3月(16)
2008年1月(1)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: