大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

六甲颪に颯爽と

投稿日時:2014/10/25(土) 16:15

今日から始まる日本シリーズに出場する阪神タイガースを応援している4年の峰吉です。
CSからの勢いで日本一になってほしいと思います。

今年は本田と岡崎と共に神宮と東京ドームにタイガースの応援に行くことができたのもいい思い出です。
そんなラグビー部の後輩と一緒にラグビーができる日々もあと少しになってきました。


今年はチーム発足時にターゲットとした東大・学習院に勝つことができました。入替戦に出場できるかもしれないなんて成蹊戦が終わるまで考えたこともありませんでした。
そのくらい、充実したシーズンを送っているのだと思います。
勿論、入替戦に出るためには次の成城戦に勝たなければなりません。残りの3試合も一戦必勝で頑張っていきたいと思います。


最後なので、ラグビー部の思い出を少し書こうと思います。

元々、大学入ったらプレーをしないでレフリーをしようと思ってました。新歓期に梶さんと寺町さんと絵美さんの3人にロージナで話したときはものすごい緊張していたのも覚えています。
とりあえず、プレーもしてみたらということでプレーも続けたら1年目が終わりました。

2年生の時は練習が辛くて心が折れかけていました。でも、ウエイトパートナーの丹羽さんが対抗戦期に試合に出続けていたにもかかわらず、常に僕と同じメニューを一緒にやってくれたり、僕のことを所々で評価してくれました。そのおかげで心は折れずに済んだんだと思っています。

3年生の時は春から試合に出られるようになり、菅平合宿では飯島さんから「初戦の明学戦は峰吉を2番で使うよ」と言ってくれた時はうれしかったです。でも、試合の1週間前の日曜日に風邪で練習を休んだ時に伊原が怪我をして、火曜日に1番で出ることを告げられました。1週間での急造の1番で対抗戦の先発デビューをしました。どうやったら、押されずに済むかということをひたすら考えた1週間でした。

4年になって、また2番に戻るかなと思った矢先にまた伊原が怪我をして、今に至ります。
春シーズンは1番に慣れずに、スクラムで押されてばかりでチームに迷惑をかけたけど、国立合宿でなんとなくコツを掴んでからはスクラムを押せるようになってきて少しはチームの役に立っているかなと感じています。
特に成蹊戦では試合中に飯島さんと話して、押し方を修正したスクラムでターンオーバーをして田口がトライを取ってくれました。自分が顔を上げた時にはもうトライを取っていましたが、とてもうれしい瞬間でした。

対抗戦で勝つことは本当にうれしいことなんだなと最近感じます。その喜びを1つでも多く味わいたいし、大好きな同期と共にラグビー部の歴史を塗り替えたいので、残りわずかなシーズンも頑張っていきたいと思います。


次は、同じ1番をやっている伊原に任せます。

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年9月(4)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: