大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

今日は肉の日

投稿日時:2016/02/09(火) 09:49

大豆は畑の肉と言われており重要なタンパク源です。大豆をモリモリ食べた高垣先輩はさぞかしムキムキになったことでしょう。
 

挨拶が遅れました、BKを去り新シーズンからFWに挑戦する意気込みでしたがまさかのNT(ニート)としてオフをむかえた新2年生の小酒井です。高垣先輩とは《城とドラゴン》という神ソシャゲをきっかけにとても仲良くさせて頂いてる(と勝手に思ってる)ので回ってくる可能性は高いだろうなと(勝手に)思ってました。
 

さて、試験も終わり満を持して始まった春休みですが、こういう長期休暇でありがちなのが時間を持て余し生産性の無い日々を送るままオフ最終日を迎えるという悲劇。これを回避するためには友達との遊びを満喫するなり、何かしらのスキルを身に付けるなり事前に目標を立てて、それを達成するために日々何をすべきか決める、といったプロセスが欠かせないでしょう。僕はと言えば、ヒカ○ンになるという目標のためにボイパの練習に励む充実したオフを送っています。
 

お休みモードの僕らとは打って変わって受験生はまさに戦の真っ最中といったところでしょうか。センター試験からしばらく経ち、私大入試ラッシュが始まりましたね。もしこの部日記を見てる人で上智大学を受験する人がいたら頭に入れておいて欲しいのが、いかにも上智にいそうな美男美女は受験生の中ではなく食堂にいるということです。これを知っていると昼休みの目の保養によるメンタルコンディショニングで優位に立てます。もう上智終わったよという方や興味がないよという方、申し訳ありません。
 

受験生応援といえば、紹介したい言葉があります。
 

~受験は学力と運と精神力の三変数関数である~
 

これはバイト先の塾で同僚が生徒宛に書いた応援メッセージの中の一節です。一見何言ってるかよくわからないですね。これで同僚が何が言いたかったかというと、どれだけ学力が高くても運がとても悪かったりメンタルがめっちゃ豆腐だったりすると落ちる事があったり、逆に学力が足りなくても運や精神力に優れていればワンチャンはあったりするという事だと思います(多分)。これを踏まえると、受験生が目指すべきはこの三つの変数の値をそれぞれ最大化させることなんです。学力をあげるのは簡単です。勉強すればいいだけですね。予備校の先生はPDCAサイクルを大切にしろと言ってました。続いて、運はどうやって伸ばすか。最近の科学の発展は目覚ましいもので、「運 上げ方」でググったら「科学的な根拠に基づいた運の上げ方」みたいなサイトがヒットしました。ざっくり言うと、脳の中で快楽物質(ドーパミン等)をドバドバ出すと良いらしいです。よかったらググってみてください。じゃあ精神力はどうすれば伸びるか。これは自信を持てるくらい頑張ることに尽きると思います。精神力の源は自信です。自分で納得するくらいガリガリ勉強しまくると勝手につきます。あとは些細な事で無駄にネガティブにならないこと。なんくる無いさの精神、大切です。沖縄の人に見習いましょう。
僕的に今からだと学力と自信を大きく伸ばす事は難しいと思うので、運となんくる無いさの精神を養うのがおすすめです。
 

最後に伝えたいのは、忙しい中このクソ長い文を最後まで読んでくれた受験生がいたなら、あなたのその強靭な忍耐力だは僕が保証出来るっちゅー事です。最後まで頑張って下さい。
 

次は学力、運、精神力を全て兼ね備えた沖縄出身の玉代勢さん、よろしくお願いしますm(__)m

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: