大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

石を積む

投稿日時:2016/11/27(日) 08:38

日々、石を積み上げていく。
それはどれも均一でなく、複雑怪奇な形をしたものがまじってある。
完成図はぼんやりとある。設計図はない。手に取る部品は未知だ。
それを積み上げていく。崩れないように、少しでも高く。時に風が吹いても、雨が降っても、少しずつ、少しずつ。
この1年を例えるなら、そんな石積みのようなものだった。

2015年11月29日、悔し涙を流したその時から、1年後を臨み、必要なことを洗い出し、石を積み上げていった。主将としてグラウンドにたち、また日々の練習を立案し監督する身としてそれは、今までにない平衡感覚と視野の広さを必要とするものであった。
思えば4年前、大学のラグビーとは如何なものかと思っていたが、その心配をよそに環境の良さと人の好さに驚かされた。先輩方のレベルは想像を超えて高く、例年大きく負け越しているチームとは思えなかった。だが、生意気にも、何か足りないものも感じていた。今にして思えば、それは勝利への執着心であったように思う。

勝って喜ぶのは当然。だが、強豪に負けて悔しがることがなかった。目標4勝という数字の背景にはどれほど、一体どれほどの負の歴史があったのだろうか。今日では到底想像も及びつかない。
同期が多かった。その中で、近年では久しくない二桁の新入部員、それも、いずれもレベルの高い同期で、鼻が高かった。今でも覚えている。柔道部と入部を迷う熊谷を新歓でいった”はたご屋”で口説いたとき、「一緒に入れ替え戦に行こう」という言葉が共感を誘っていた。そしてその言葉は、決して虚言ではなかった。この代ならば、という思いがあったのだ。その機会は奇しくも想像より早く来るのだが。
そして何より、一橋には思考し続ける土台があった。弱小校が強豪を倒すために、知恵を絞り、脳を絞りだして出る一滴の汁を激しい練習で煮込む。だから、シーズン発足の瞬間から、目標は迷わず、入れ替え戦勝利 であった。それを達成しうる人材も、環境も、土台もそろっていた。

しかし、手に取る石は、常に平ではなかった。タフと唄いながら、疲労度を度外視した練習、増加する怪我人。練習に対する不満。なかなか勝てない練習試合。角ばった石たち。いつ不満が爆発してもおかしくない状況のなか、忙しい主将像のような何かに忙殺されていた。あるいは、2年前にみた偉大な主将像が、影となり、かえって視野を閉ざしていたのかもしれない。それでも前に進もうと自分に言い聞かせた。苦しくても、前に進み続ければ、いつか答えにたどり着ける。

思考の停止であった。部員の、同期の、環境の長所よりも欠点に目が行った。こいつらは勝とうとしているのか。周りに味方など誰もいないのではないか。気づけばシーズン前に描いていた、理想の主将像は見えなくなっていた。前に進むと思っていた行為が、前進であるのかさえ、わからなかった。積み上げた石は、あと少しの突風でもろく崩れるところであった。

それでも、自分が半ばヤケになった時、いつも味方をしてくれたのは熊谷だった。高橋は1年間よく走った。合宿でみんなが下を向くなか、門屋が気を使って盛り上げてくれて、本当に助かった。大池は1年で1番成長したよ。木村が、縫合でなく切除を選んでくれた時、俺はうれしかった。そんな木村と早船の選考はいつも最後まで悩んでいました。小酒井。残ってくれてありがとう。仲西。自分で疑問を持てる仲西なら、復帰してすぐに追いつけるよ。堺のリフトが上達していくのはうれしかったです。和田と濱中は、LOの練習密度を上げてくれました。対面で一番うまいと思ったのは伊東でした。宮瀬は理不尽なタックルを磨いてくれました。葛はよく自分で考えてプレーできるのが長所です。認めます。この部の1番の負けず嫌いは、鋤柄です。そんな鋤柄に、集合のたびに絡む倉光に癒されました。村上は、1番センスがあると思います。吉池は、来年はFWを引っ張れるように。お前ならもっとできるよ。高垣はチームマン。ロック道を究めてほしい。いつも、集合したとき一番近くにいてくれる宮川の存在が、頼もしかった。もう一回だけ、力を貸してください。
チームランでは、宮田のスピードに度肝を抜かれました。菅原に何度も止められました。堀内には何度もキックで裏を取られました。菅野にハンドオフで外されました。PRIDEを感じました。松尾の立教戦のタックルには震えました。荻原は、誰もいないときに、自分のいない場所の掃除をしていました。花見は常に後輩のモチベーションを気にかけていました。大屋は、だれよりもうまくなるために時間をかけて努力していました。倉嶋も負けないくらい、練習していました。そんな練習に、片野田が怪我しても付き合ってくれていました。功刀が赤黒を着れるようになったのは、自分の持ち味をしっかり出せるようになった実力だと思います。秋山と高田には、今シーズン無茶な注文ばかりしてしまって、ごめん。これからのBKを支えるのは君たちです。堀切には偉そうに色々と注文してしまいました。本田と山本は、良いタックラーになったね。来年のチームをDFから支えてください。そして、そのBの成長を支えてくれたのは、間違いなく広大と岳俊のおかげだと思います。心からありがとう。
のりさん。電話、忘れません。岡崎さん、しょうまさん。クソ生意気な後輩ですいません。何度も助けられました。恩返しはできませんでした。あと1試合、力をお貸しください。小林も、続けるか悩みながら、ここまで来てくれてありがとう。雄吉。今シーズンはケガも多かったけど、最後に帰ってこれてよかった。玉代勢には本当に、負担をかけてしまいました。そしてネガティブになりかけたBKをいつも鼓舞してくれた岩淵。助かりました。そしてマネージャーのみんな。今年ほどマネージャーに助けられたと思う代もいないでしょう。本当にありがとう。そして、同期。我らがアホな同期よ。なぜサソリを食うという発想になるのか。八木沼には感謝してもしきれません。お前がいなかったら一橋のLOはなかった。そして藤井。最後までいちゃもんばかりで、本当に苦しかったと思う。藤井は誰よりも考えていること、知っています。ありがとう。
 
無限に続くと思えた石積みも、気づけば、もう次の石はありません。
近藤さん、善太さん。至らぬ主将で迷惑ばかりかけてしまいました。植木さん、倫子さん。1年間本当にお世話になりました。上田さん、近所のラグビーうまいおじさん方。何度も知恵とコネと力を貸していただきました。そして1人前の男にしてくださった竹内さん。FWの増量を手助けしてくださった阿久津さん。その他多くの関係者、家族、保護者の皆様、OBの皆様の手助けを借り、なんとかここまでやってこれました。自分がラグビー部の主将でいられる時間も、残りわずかです。
こんなに人に、仲間に恵まれていながら、遂に大願を果たすことがかなわない。こんなに可能性に満ちたメンバーに、新たな景色を見せてあげられない。今年こそ、今年こそ、という周囲の声を一身に受けていただけあり、本当にこの結果は悔しくてたまらないです。ただ最後、このシーズンの終わりは、まだ自分の力で変えられる。変えよう。見せつけてやろう。

そして最後に。グラウンドにまだ蛍雪積もる冬、この部の目標を最初に否定したやつがいた。出鼻をくじかれる思いだった。幾度も心を折られていた彼のために、対抗戦を戦い抜きたかったから、本当に悲しかった。けど、気付けば一橋ラグビー部の顔になっていました。努力は報われると、証明しよう。
 

2016年度主将 田口航平

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年9月(4)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: