大きくする 標準 小さくする
DIARY

マネージャー日記

ポジション紹介Part6!

投稿日時:2018/05/18(金) 22:18


皆さまこんにちは!3年マネージャーの末吉遥香です。
5月に入ってから部活に1年生が参加してくれるようになり、とっても新鮮な気持ちになります^^
これからマネージャー日記で1年生の紹介もしていく予定なので、どうぞお楽しみに

さて、今回はポジション紹介の最終編、バックローの皆さんです!

(左から4年大池、4年小酒井、4年早船、3年堺、2年成田、2年上杉)
あれれ、なんだか距離感が、、


○若干不安ですが、恒例の他己紹介から!
早船:早船は吉祥寺やらロッカーキックやら、数々の伝説を持つやばいやつ。キャラのせいか素直に評価されることは少ないけど、基本みんなと仲良いし、人一倍ラグビーのことを考えていたり、実際のプレーでも、特にATのスキルがとても高いので、色々見習いたい部分が多い。あと、どうでも良いけど帰国子女でトイックの点数が高い。(by小酒井)


大池:可愛い顔と人懐っこさでコーティングされた外道。個性が強い4年生の中でもトップを争う毒舌の持ち主。他人の外見を例える際の、「芸能人でいうと誰に似てる?」という質問への返しに定評がある。名タックラー宮瀬に匹敵するアップスピードでDFするところは密かに尊敬しています。(by早船)


成田:成田くんは小5から知ってました。今でこそシュッとしてますが、小学生の成田は小太りでした。彼が遅れてラグビー部に入ったおかげで部内の上下関係がごちゃごちゃです。今は怪我しているけど、ひたむきに努力する姿勢と泥臭いプレーには尊敬してます。(by大池)


上杉:類稀なるラグビーエリートでありプレー、ラグビー偏差値共にめちゃすごい。アイランダーへの強い羨望が体からあふれ始め先日の尿検査ではアイランダー成分の過多でひっかかってしまったとか、、(by成田)


堺:マネージャーを含めて、部で一番足が細い。僕のめっちゃ近所に住んでて、いい店とか結構知ってるそうなのでご飯連れてってください(by上杉)


小酒井:個性の塊。とりあめちゃくちゃ面白いひとで、部員みんなに慕われている。猪突猛進タイプで何事にも一生懸命で、後輩思いないい先輩。時々びったんびったんする。(by堺)


あ、距離感おかしいことに気付いたみたいです。

○自分のポジションの好きなところを教えてください
小酒井:スクラムがらくな分フィールドプレーに全力を注げるところ
早船:プレーの選択肢が一番多いところ
大池:周りが上手い人ばっかで尊敬できる。フォワードの中では割とプレーの幅が広い。
成田:ここだけの話スクラムがまあまあ楽
上杉:スクラムで横にくっついてる感じ
堺:自由度が高くてちょっとBKぽいところ


プレーの幅が広さが特徴のバックロー、特にタックルは、凄いです、、!
(タックルされる人:4年早船、タックルする人:その他)

○では逆に嫌いなところはありますか?
小酒井:身体も強ければ、足も速く、スタミナに優れ、ハンドリングもうまいバケモンが集まるポジションなので、運が良くないとスタメンで出れないところ。

早船:一番走らないといけないところ

大池:運動量が求められるとこ。

成田:スクラムにあまり貢献できない、、くそぉ、、、

上杉:スクラムの後ろから鬼の形相で走ってくる相手の大きい8番のおにいさんにしがみつく任務をがあること
堺:めっちゃ走らなきゃいけないところ



○最後に、今年の抱負をどうぞ!
小酒井:対抗戦に出ること。入れ替え戦出場に貢献すること。

早船:堅実なDFと自由なATで勝利に貢献する。

大池:悔いのない1年にしたいです。

成田:対抗戦でトライ

上杉:試合に出て活躍する

堺:体大きくしてプレーの幅ひろめます


(手前から4年早船、4年大池、4年小酒井、3年堺、2年成田、2年上杉)
バックローの一体感を表現してくれているみたいです。
すごい独特ですが、とっても仲がいいことが伝わってきますね。

これでポジション紹介は以上になります。
バックロー含め各ポジションにそれぞれ特色があって面白いですね。1年生が加わったらどうなるのか楽しみです^^
それでは次回のマネ日記もお楽しみに、、

 

アーカイブ

2019年9月(4)
2019年8月(2)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(6)
2019年4月(5)
2019年3月(4)
2019年2月(3)
2019年1月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(7)
2018年10月(8)
2018年9月(9)
2018年8月(3)
2018年7月(5)
2018年6月(8)
2018年5月(9)
2018年4月(7)
2018年3月(6)
2018年2月(2)
2018年1月(3)
2017年12月(4)
2017年11月(6)
2017年10月(9)
2017年9月(6)
2017年8月(3)
2017年7月(5)
2017年6月(8)
2017年5月(9)
2017年4月(8)
2017年3月(8)
2017年2月(1)
2017年1月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(6)
2016年10月(7)
2016年9月(7)
2016年8月(2)
2016年7月(4)
2016年6月(7)
2016年5月(6)
2016年4月(8)
2016年3月(11)
2016年2月(1)
2016年1月(5)
2015年12月(4)
2015年11月(12)
2015年10月(12)
2015年9月(13)
2015年8月(9)
2015年7月(7)
2015年6月(19)
2015年5月(17)
2015年4月(16)
2015年3月(3)
2015年2月(1)
2015年1月(7)
2014年12月(8)
2014年11月(19)
2014年10月(18)
2014年9月(17)
2014年8月(17)
2014年7月(6)
2014年6月(12)
2014年5月(15)
2014年4月(14)
2014年3月(16)
2014年1月(12)
2013年12月(9)
2013年11月(16)
2013年10月(19)
2013年9月(19)
2013年8月(15)
2013年7月(11)
2013年6月(16)
2013年5月(17)
2013年4月(14)
2013年3月(17)
2013年2月(1)
2013年1月(10)
2012年12月(12)
2012年11月(16)
2012年10月(19)
2012年9月(21)
2012年8月(9)
2012年7月(10)
2012年6月(18)
2012年5月(21)
2012年4月(11)
2012年3月(13)
2012年2月(3)
2012年1月(11)
2011年12月(10)
2011年11月(16)
2011年10月(18)
2011年9月(19)
2011年8月(17)
2011年7月(11)
2011年6月(19)
2011年5月(18)
2011年4月(18)
2011年3月(17)
2011年2月(3)
2011年1月(11)
2010年12月(9)
2010年11月(17)
2010年10月(20)
2010年9月(20)
2010年8月(13)
2010年7月(11)
2010年6月(19)
2010年5月(17)
2010年4月(17)
2010年3月(15)
2010年2月(5)
2010年1月(13)
2009年12月(8)
2009年11月(14)
2009年10月(17)
2009年9月(17)
2009年8月(10)
2009年7月(13)
2009年6月(17)
2009年5月(16)
2009年4月(13)
2009年3月(18)
2009年2月(4)
2009年1月(13)
2008年12月(8)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年9月(21)
2008年8月(11)
2008年7月(12)
2008年6月(21)
2008年5月(23)
2008年4月(24)
2008年3月(16)
2008年1月(1)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: