大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

つなぎ

投稿日時:2019/05/26(日) 22:30

須田君から何の脈絡もなく部日記を回された中山です。部日記を回すときはなんらかの流れを作るのが不文律だと思っていましたが、それだけ僕にコンテンツ力が無いということでしょう。反省します。

 

コンテンツといえばインターネットによって様々なコンテンツが安価で手軽に楽しめる時代になりました。僕もSpotifyやNetflixなどを利用して音楽を聴いたり動画を観たりしていますが、あまりに便利すぎて時間が一瞬で溶けるのが問題です。先日もGW合宿中にベネディクト・カンバーバッチ主演のドラマ、「シャーロック」の全4シーズンを観てしまいました。もともとジョニー・リー・ミラーが主演でシャーロックホームズ役を務める「エレメンタリー」というドラマが好きで観ていたのですが、シャーロックも噂通りとても面白かったです。両者とも天才であるがゆえに人を寄せ付けないシャーロックホームズが、ワトソンや他の人々との出会いを通して、様々な事件を解決つしつつ、感情豊かになっていく物語です。またどちらのシャーロックホームズも薬物中毒である点が共通しています。

 

薬物中毒役を演じるジョニー・リー・ミラーいえば、映画「トレインスポッティング」です。僕はこの映画が好きで何度も観ています。知らない人のために簡単に説明すると、スコットランドを舞台にヘロイン中毒の若者達の日常を描いた映画です。(Netflixでも観れるのでぜひ!)この映画では大事な場面で”Choose Life”という言葉が繰り返し出てきます。直訳すると「人生を選べ」ですね。(Wham!のWake Me Up Before You Go GoのMVでTシャツに書いてあるアレです)要は薬物なんかに手を出さず、賢く健康な人生を生きよう、ということです。

 

映画冒頭の主人公のセリフを紹介します。”I chose not to choose life. I chose something else. And the reasons? There are no reasons. Who needs reasons when you've got heroin?” 日本語訳するならば「僕は人生を選択しない事を選んだ。それ以外の何かを選んだんだ。理由はなにか?理由はない。ヘロインがある時に理由なんかいるかい?」でしょうか。

 

僕にとってラグビーをすることはこの主人公にとってのヘロインみたいなものかもしれないと最近思います。痛いし危ないしきついし、とても賢い生活の送り方とは思えないけれどなぜか続けてしまうし、やっているときは楽しい事もやりがいを感じる事もあります。春シーズンも中盤に差し掛かり、みんな身体的にもきつくなってくる時期ですが、新しい仲間も加わったことですし、このまま怪我をせずに秋までプレーしきりたいと思います。あとさまざまな理由で離脱中の同期にも早く戻ってきてほしいですね。

 

なけなしのネタも尽きてきたので僕の駄文はここで終わりにします。次の部日記は新入生の自己紹介の第一弾です。高校時代の禁断症状を抑えられず、ラグビー部に入部し(てしまっ)た日高くんに回したいと思います。よろしく!

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年6月(3)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: