大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

感謝の気持ちをパワーに変えて

投稿日時:2019/05/30(木) 08:45

初めまして!中山さんからバトンを受けました、新入部員の日高光貴と申します!新入部員一発目です!よろしくお願いします!

 

まず、僕は受験生の時、このラグビー部日記を読むことでモチベーションを上げていました。とはいえ一年後自分が書いている番になっているとは思いもしないわけで、ついに自分も部日記を書いている!と、感慨深い気持ちになっています。

 

それでは自己紹介をさせていただきます。出身は宮崎県宮崎市です。高校のバスケ部のコーチをしている父の影響で小中とバスケを5年ほどしていましたが、中学の頃は後輩にスタメンを奪われるなどたいした選手ではありませんでした。宮崎西高校に進学後、バスケを続けようか悩んでいたところ、高校のラグビーの先生が「ラグビーしようぜ!」と誘ってきました。体験に行くと先輩たちの熱烈な勧誘と接待タッチフットに乗せられ、「俺ラグビー向いてんじゃね!?」と勘違いし、入部を決めました。

 

とここまでは順調だったのですが。最初の体験の時にお土産でもらったラグビーボールが見つかり、親に「何これ?」と言われた時から雲行きが怪しくなりました。さらに新入生テストで失敗してしまったことが追い打ちをかけました。自分ではしっかり「ラグビー部に入部する!」と親に報告したのですが、数日後に突然「聞いてない」と言われる始末…親とは数日喧嘩した末にラグビー部を諦める決断をしました。入部してわずか一週間でした。ですが後になって考えてみれば、親の反対とか勉強を優先しなければいけないなどということを言い訳にして、「ラグビーがやりたい」という自分の気持ちに正直になれなかったことにも問題がありました。(今は親とも和解し、ラグビーをすることを応援してくれているので安心してください)

 

高校生活ではラグビーの喪失感を埋めるべく、いろいろなことにトライしました。応援団には臨時団員として入団しましたが、幹部のセレクションに落ちました。生徒会選挙にも立候補し、定員9名の立候補10名という状況の中で落選しました。バンドを組んで文化祭で喝采を浴びたり、文系のくせにプログラミングをして課題研究で発表したりしてました。しかし、どれも自分の欲求を満たすものではありませんでした。そうして迎えた高3の夏。ラグビー部最後の試合を観戦し、「やっぱり自分はラグビーがやりたかったんだ!」と気づき、そこから1ヶ月くらい後悔し続けました。そして、当時第一志望だった一橋大学のラグビー部に、なんとしてでも入部してやるぞ!と決心したわけです。

 

こうして運よく一橋大学ラグビー部に入部することができましたが、ラグビーめちゃくちゃ難しいです。タックルやブレイクダウンなど、今までやったことない動きに戸惑っています。ハンドリングやディフェンスなども、できなくて練習を止めてしまってばかりで申し訳ないです。それでも、練習中に自分のプレーの改善点を丁寧に指摘してくれたり、タックルの練習に付き合ってくれたりと、本当に心優しい先輩方には頭が上がりません。今後はこの感謝の気持ちをエネルギーに変え、1日でも早くラグビー部の戦力となれるよう、日々の練習に全力で取り組みたいと思います。

 

続いては僕と同じく初心者の徳富くんに回します。現在は二人で基礎から教えていただいています。彼の陸上部時代に培ったスピードと、母校國學院久我山のラグビー部員のタックルを受けて育った影響だというタックルは早くもずば抜けています。今後は彼と切磋琢磨しながら成長していきたいです。

次回に乞うご期待!

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年10月(2)
2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: