大きくする 標準 小さくする
DIARY

マネージャー日記

新入生プレーヤー紹介①

投稿日時:2019/06/16(日) 19:49

マネージャー日記をご覧の皆さんこんにちは!初めまして、1年マネージャーの星野めいみです。これからよろしくお願いします!

さて、今回は新入生プレーヤー紹介第一弾ということで、こちらの4人を紹介します!!


(左から小川、河合、大島、後藤 すべて1年)
いい天気で、赤のユニフォームが映えますね!!

○では、さっそく他己紹介からお願いします!(紹介する人→される人)

(大島→小川)
後輩だった同期。彼のやりにくさを思うと本当に申し訳なさしかないが、いつの日か呼び捨てにしてほしい。めちゃくちゃに多忙であり、家も遠いためストレスをためがち。よく他人のインスタを見ては「クソッ…!」と吐き捨てている。また、午前練の日は乗り換えの関係で練習の1時間ほど前に到着せざるを得ず、部室のベンチに虚ろな目をして座っている。そんな彼はひとたびグラウンドに出ると鬱憤を晴らすようにボールを蹴散らかし、DFラインを切り裂く頼もしい存在になる。

(小川→河合)
愛知県の名門明和高校出身の河合くんを紹介しようと思います。彼はよく部員をカラオケに誘いますが、誰一人参加しようとせず彼は不満気な様子です。また、お酒を飲むと(ちゃんと成人済みです)持ち前の陽気なキャラをいかして2次会に誘うくせして、家には全く入れようとしません。まさか、、?! *ソース元澤井くん

(河合→後藤)
ノリ悪そうにみえてノリ良くて好きです笑笑カラオケとやおぎんには必ずついてきてこれからもたくさん誘おうと思ってます!小学校1年生からラグビーを始めたラグビーエリートで、スクラムでの彼の押しを楽しみにしています!同じタイトファイブとしてとても頼もしい存在です!

(後藤→大島)
大島さんは頼れるお兄さんのような存在です。実際お兄さんです。授業や部活のために毎日2時間以上かけて国立にくる姿は涙なしには見れませんが、僕の家に泊めることは出来ません。プレー面では既にAチームの試合にたくさん出場し、激しいヒットやタックルを披露して確固たる地位を築きつつありますが、日常面ではダーツで僕だけを狙い撃ちするなどやや陰湿な側面を秘めています。あと、ちょっと危ないです。


情報がたくさんつまった紹介、ありがとうございます!4人とも、なかなかに個性的ですね…!私も彼らの新たな一面を知れたような気がします。


○それでは、ラグビーを始めたきっかけについて教えてください!

大島 高校の部活勧誘でラグビー部がとても楽しそうだったから。
小川 高校の時の先輩たちが面白かった。
河合 高校で先輩や顧問の先生の熱烈な勧誘を受けて。
後藤 昔すぎて覚えてないです。

4人とも経験者ということで、さっそく試合で活躍する姿を見せてくれるでしょう!


○次に、自分のポジションとその魅力を教えてください。

大島 フランカー。できることの幅が広いこと。
小川 フルバック。自由。
河合 プロップ。責任重大で試合の流れを大きく変えられるところ。
後藤 ロック。フォワードでありながら、デメリットが、顔が潰れるということしかないところ。


○続いて、同期の印象について教えてください!

大島 凜太郎のために僕をさん付けで呼ぶ、とっても優しいやつら。
小川 みんないい人達。
河合 ノリがよくないけどいい人の集まり。
後藤 ユーモア満載。


4人が言うように、ほんとにみんないい人達で、優しいです。でもそれぞれ個性が強く、掘り下げていくと面白い学年です。


○では、尊敬する先輩を教えてください。

大島 葛さん。練習中に色々な指摘をしてくれたり、質問に丁寧に答えてくれます。
小川 全員。優しい、強い、面白い、また色んなことを両立できている点。
河合 みなさん優しくアドバイスしてくださるため先輩みなさん尊敬していますよ!!
後藤 伊東さん。ロックとして手本となる存在だし、ラインアウトやスクラムで的確なアドバイスをくださるから。


4人中2人が全員ということで、ラグビー部の先輩方がいかに素敵な人たちなのかが伝わったでしょうか!


○最後に、今後の意気込みをお願いします!

大島 たくさん吸収して、増量もしてチームに貢献できるように頑張ります!
小川 チームに貢献する
河合 一橋のセットプレーの要にふさわしくなれるよう、日々の練習から元気に声出してやっていきます。
後藤 体重を増やしてラックサイドで無双したい。


頼もしい抱負ですね。4人の今後のさらなる活躍に期待です。


一橋大学の校章のマークを再現してくれたみたいです。
(左から小川、大島、後藤、河合)

最後まで読んでくださってありがとうございました!4人の魅力は伝わったでしょうか?第二弾も、見逃せないメンバーがそろっています。ぜひご覧になってください!では、次回のマネ日記もお楽しみに!



 

アーカイブ

2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(6)
2019年4月(5)
2019年3月(4)
2019年2月(3)
2019年1月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(7)
2018年10月(8)
2018年9月(9)
2018年8月(3)
2018年7月(5)
2018年6月(8)
2018年5月(9)
2018年4月(7)
2018年3月(6)
2018年2月(2)
2018年1月(3)
2017年12月(4)
2017年11月(6)
2017年10月(9)
2017年9月(6)
2017年8月(3)
2017年7月(5)
2017年6月(8)
2017年5月(9)
2017年4月(8)
2017年3月(8)
2017年2月(1)
2017年1月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(6)
2016年10月(7)
2016年9月(7)
2016年8月(2)
2016年7月(4)
2016年6月(7)
2016年5月(6)
2016年4月(8)
2016年3月(11)
2016年2月(1)
2016年1月(5)
2015年12月(4)
2015年11月(12)
2015年10月(12)
2015年9月(13)
2015年8月(9)
2015年7月(7)
2015年6月(19)
2015年5月(17)
2015年4月(16)
2015年3月(3)
2015年2月(1)
2015年1月(7)
2014年12月(8)
2014年11月(19)
2014年10月(18)
2014年9月(17)
2014年8月(17)
2014年7月(6)
2014年6月(12)
2014年5月(15)
2014年4月(14)
2014年3月(16)
2014年1月(12)
2013年12月(9)
2013年11月(16)
2013年10月(19)
2013年9月(19)
2013年8月(15)
2013年7月(11)
2013年6月(16)
2013年5月(17)
2013年4月(14)
2013年3月(17)
2013年2月(1)
2013年1月(10)
2012年12月(12)
2012年11月(16)
2012年10月(19)
2012年9月(21)
2012年8月(9)
2012年7月(10)
2012年6月(18)
2012年5月(21)
2012年4月(11)
2012年3月(13)
2012年2月(3)
2012年1月(11)
2011年12月(10)
2011年11月(16)
2011年10月(18)
2011年9月(19)
2011年8月(17)
2011年7月(11)
2011年6月(19)
2011年5月(18)
2011年4月(18)
2011年3月(17)
2011年2月(3)
2011年1月(11)
2010年12月(9)
2010年11月(17)
2010年10月(20)
2010年9月(20)
2010年8月(13)
2010年7月(11)
2010年6月(19)
2010年5月(17)
2010年4月(17)
2010年3月(15)
2010年2月(5)
2010年1月(13)
2009年12月(8)
2009年11月(14)
2009年10月(17)
2009年9月(17)
2009年8月(10)
2009年7月(13)
2009年6月(17)
2009年5月(16)
2009年4月(13)
2009年3月(18)
2009年2月(4)
2009年1月(13)
2008年12月(8)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年9月(21)
2008年8月(11)
2008年7月(12)
2008年6月(21)
2008年5月(23)
2008年4月(24)
2008年3月(16)
2008年1月(1)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: