大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

『Share Happiness』

投稿日時:2019/09/21(土) 16:39

 確実に1番一緒に時間を過ごした同期、倉光からバトンを受け取りました大谷です。倉光とは何度も違うユニフォームを着てメットライフに野球を観に行き、寂しくなると家にお邪魔させてもらいました。ほんと彼がいなかったら一人暮らしやっていけなかったと思います。
 僕の部日記は読みにくいことで有名ですが、最後の部日記読んでいただけると幸いです。


 
 この4年間を振り返ると印象としては、なんもよくわからず終わった1年目。いろいろ上手くいかなかった2年目。ラグビーが楽しかった3年目。先輩の偉大さを強く感じた4年目。といった感じです。

 
 ラグビーのこともよくわからず、対抗戦も知らず、なんなら明治学院という大学があることすら知らずに入部した僕は、1年目はほんとよくわからないままついて行くだけでした。あっという間でした。勉強も頑張ってました笑。

 
 2年目は怪我して、練習もウエイトも上手くいかない、試合もあまりでれない年でした。勉強もサボりました。すごい後輩たちがたくさん入ってきました。ほんとモチベーションが無くなりかけてました。ミスしないようにラグビーやっていて、楽しめていませんでした。そんななかでも続けてこれたのは仲間のおかげでした。ナイス!という言葉に救われました。その言葉のおかげで、自分がやってやる!と前向きに楽しめるようになりました。ほんと感謝しています。


 3年目はラグビーが楽しかった思い出しかありません。B戦だけで、勝ててもいなかったけど、B戦のキャプテンをやって、うまくいかないたことも多かったけどいろいろ考えたり、何より試合に長く出られたりして楽しかったです。


 4年目の今年は楽しくも正直しんどかったです。いろいろ考えさせられました。個人的な話をすれば、プレーヤーとしての自分の立場でした。一橋は4年が引っ張ると言うなかで、下手くそな自分が本当にやっていけるのか不安でしかたありませんでした。でももうやるしかない、そう思ってここまできました。自分が見てきた偉大な先輩たちに少しでも近づけているか、まだまだ全然です。あと3ヶ月楽しんで、やるしかないと思っています。




 前にも少し書きましたが、ここまでこれたのは自分1人の力ではありませんでした。すごい先輩たち、頼りになる後輩たち、そして4年間一緒に乗り切ってきた同期、それだけではなく家族、コーチ、松岡さん、阿久津さんなどたくさんの人のおかげです。今年は本当にコーチ、OBの方がたに協力していただいており、とても感謝しています。本当にありがとうございます。




 最後に題名を回収して終わりにしようと思います。先日9/15に僕の応援する西武ライオンズがサヨナラ勝ちを収めました。サヨナラ打を打ったのは木村選手で、あたりは平凡なセンターフライ、それを相手選手が落球して一気にホームまで帰ってくるという形でした。そんな木村選手が登場曲にしているのが『Share Happiness』なのです。この曲の歌詞で「離れてわかったよ 母よ 強き母よ あなたを避けてたのは ぼくにそそぐ愛に 向かいあえる素直さを 錆びつかせてたから 今ならば言えるよ 父よ 弱き父よ 頼りなく見えたけど 弱さを隠さずに 生きていくことの強さが わかりはじめてきた」というところがあります。本当に両親には迷惑をかけていて、親からの連絡が面倒くさくて返信せずに放置して心配させたり、困ったときだけ連絡して頼ったり、帰ってこいっていうのに帰らなかったりとごめんなさい。朝ご飯作りながら「なんでラグビーやらせたんだろ」みたいな独り言言ってて、ほんといろいろ思うことがあるにもかかわらず、自分のわがままを聞いてくれてありがとう。ほんとありがとう。


 西武ライオンズは9/14もサヨナラ勝ちをしています。これもほぼセンターフライでした。この連日のサヨナラ勝ちで首位に立ち、マジックを点灯させました。中身はかっこよくないけれど最高の形になっています。僕たちもここまでつらいことやってきました。同期とはこの1年たくさん会議をしてきました。上手くいかないことも多かったです。それでもやっぱ最後はみんなで勝って笑って泣きたい。今みんなとラグビーができていてとても楽しい。残り3ヶ月最後マジで頑張ろう。ほんと最高の1年にしよう。「心からありがとう こんなぼくのことを 信じてくれるひとよ ここにある幸せ もっと大きくしたいなら 誰かと分かちあおう」




 最後まで読んでいただきありがとうございました。次は堺に回したいと思います。実は堺とは浪人時代の予備校が一緒でした、東大クラスで笑。社会人でも同期となる予定です笑。これからもよろしくということで、とりあえず部日記よろしく!

 

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年10月(2)
2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: