大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

2つの得たもの

投稿日時:2019/10/29(火) 10:57

 

我が部ピカイチのスタイルを誇りますはるからバトンを受け取った寺本真依です。

おぎとはる、KODA委員と響きが懐かしくて。はる、改めて入ってくれてありがとう、ここまで一緒にやってこれて、今でははるがいなかった想定なんてできません。

 

「私がこれからもおにぎり握ってあげる」。私の場合、そう同クラの倉光くんに告げたのが入部時の言葉だったと思います。言った当時は自分の言葉にわくわくしてしまうくらい、「誰かのために尽くす」経験が新しくて、未知でした。

そんなりんちゃんといっしょに悩みぬいたラグビー部。あの時の決断に悔いは全くなく、むしろその決断の正しさへの確信が強まっていった4年間です。

私の最後の部日記は、ラグビー部が与えてくれたふたつのもの、人との出会いと、ラグビー部によって自分について考えさせられたことについて書いてみます。

 

一橋ラグビー部に入って、ラグビーに携わる人は恐ろしくいい人ばかりでした。恐らくラグビーのスポーツとしての特性もあるのでしょうが、人のよさと、ラグビー部の情報伝達の速さにはとにかく驚かされました。

練習も試合も、コンパさえも、あの人がいない、となるとそれだけでチームの雰囲気が違って何か足りなくて、どれだけ一人一人の個性が全体にとって大事なのか、感じました。

ラグビー部の人たちと出会えたことが私の財産だ、と1年生の時に気づきました。

ラグビー部を続けてこれたのは、ラグビー部の人たちといたいと思ったから。

このメンバーと時間を共にしたい、このメンバーで勝てたら、そのうれしさはひとしおだと思ったから。

 

というのも、マネージャーの業務自体だけだったら、おそらく続けられたかわかりません。

わたしはかなりの不器用なんです。部でも時に自分でもびっくりすることをしでかすので、もはや才能だと感じます。

器用さがマネージャーの仕事に響くことはたくさんあって。

でも補えることはあると信じ、やれることを試しました。本2030冊を借りて骨、栄養、運動について雑学入手、動画を見たりトレーナーさんやプレーヤーにアドバイスを聞く、公園を走りながら運動するプレーヤーの気持ちを想像してみる

それでも先天的に器用な人にはかなわない部分は多くて

じゃあ自分は何ができるか?悩んで悩んで、わかりませんでした。

特に23年生の時スキルがないなりに何度も考え、その結果が、自分でなくてもいいのでは、という思いでした。そのころ部活とほかのことと、一人で抱え込んで、誰にも本当のつらさを言えなかった時が一番きつかったです。アルバイト中に涙が止まらなくなったりしたときに、あ~わたし今限界なんだ、とやっと気づきました。

 

あって当たり前、でもなかったり、足りないと、言われてしまう、インフラみたいなマネージャーのお仕事。単純で、誰がやっても同じに見えて、機械が代替でき層とも思って。

 

でも、不完全なりに、どう改善するか工夫する過程に意味があると思います。マネージャーの姿勢が言葉では言えないものとしてプレーヤーに伝わって、そういう細かい雰囲気とか、上を目指すかの姿勢のようなものによってチームの雰囲気が形成されていきます。

だから、私はそこの曖昧で無限大の可能性を広げることに貢献したいと思っています。

相手の立場に立った行動をしてみて、わたしがいることで少しでも練習が充実してた、と思ってくれる人がいたらうれしい、自分が出せる細かい雰囲気、練習のスムーズさが、いずれ結果に結びついていっていたらいいなと、信じています。

これが、ずっと悩んできた自分だからできること、の現時点での答えにしています。

 

マネージャーというポジションは、今まで気づかなかった視点を与えてくれました。

一つの試合でも、プレーヤーの個人練や合宿の山盛りごはんを乗り越えて、試合で活躍する姿。プレーヤー同士のやりとり。

そんなプレーヤーを試合に応援に来てくださったり、近くで、あるいは遠くから、活躍とけがのないことを祈って支えてきてくだった保護者の方々。

貴重な休日、駆けつけて、後輩指導に付き合ってくださるOBの皆さん。

ビジネスと部への思いを両立してくださる一流のコーチ陣。

手厚いケアをしてくださってきたトレーナー方々。

一つの結果がこんなにいろんな方々の思いと、努力に、支えられていると知ることができました。その分直接結果に携われないもどかしさ、負けた時さらに何ができたのか、不明確な分悔しさもより大きい。

あと二戦。今までの悔しさを忘れるような感動を、堀内組のみんなと味わいたいです。

 

最後になりますがやりたいことだらけの私を育ててくれたラグビー部には感謝でいっぱいです。悩みぬいても、ラグビー部をやめる選択肢は不思議なほどなかったのはみなさんのおかげです。

相談したら忙しくてもいつでも寄り添ってくれ、元気がなさそうと連絡をくれたり、気晴らしに遊びに誘ってくださったプレーヤー、マネージャーの先輩方。私はあまりに幸せな後輩です。

どこまでもまっすぐで、私を的確なアドバイスで支えてくれて、外面内面ともにかわいい後輩マネージャー。私が不在の間にあまりに頼もしく成長していたみんなは、ほめるところしかありません。感謝と感激でいっぱいです。

爽やかで礼儀正しく、それでいてプレー、日常生活ともに頼もしい後輩プレーヤ来年からみんなはさらに人気者になるね。将来が楽しみです。

筋トレから留学まで、やりたいことを好きにやらせ、見守ってくれる同期プレーヤー。みんなの成長に、一番びっくりして、感動しました。同期会、あと一回くらいあってもいいよね。

何も言わずにそばにいてくれて、程よい緩さとしっかりさを兼ね備えた同期マネ。三人のバランスが絶妙に心地よくて、二人と同じ大だったことをすごく幸運に、誇らしく思っています。

 

次はマネ長かなちゃんに渡します。わが代のボスと言われる彼女ですが、わたしとはるを寛大に送り出してくれた強さと、実は誰よりも繊細なをもっていると思ってます。程よい葛飾節でよろしくね。

 


  

ブログ最新記事

アーカイブ

2019年11月(2)
2019年10月(4)
2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: