大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

指折り数える

投稿日時:2019/11/12(火) 00:38

かなちゃんから回されました、三賢帝(主将主務マネ長)の一翼を担う菅原です。











さて、いよいよ最後の部日記が回ってきてしまいました。この4年間は自分の人生の中でも間違いなく最も充実した時間だったので、ここで4年間の振り返りをすると間延びして読みづらい文章が出来上がりそうです。なので、自分の書きたいことを2つだけ書きたいと思います。











①4年生になって



いろいろなことに挑戦させてもらった1年間でした。3年の時、対抗戦でウイングなのにも関わらず1トライもできなかったことを恥じて、ウイングのスキルを1年かけて磨いてやる!と意気込んでいましたが、突如春シーズンに告げられた菅原スタンド説。夏合宿ではスタンドに加え、センターでの出場が増え、いつのまにか14番を着ることは少なくなっていました。







ただいろんなポジションを経験したからこそ、タックルスキルが上達したり、パスが上手になったりと、結果、ラグビー全体のスキルが向上したと思います。そこはBKのエースで、たった一人のブラザーに認めてもらっているので確かなはずです。







そのおかげかはわかりませんが、今年やっとウイングとして対抗戦でトライを取ることが出来ました。







あと指を折ってもラグビーはできると実感し、ラグビーってすごいなって思いました。











②主務として



就任した時の想像以上に大変な役職でした。1つのミスがチームの致命傷になります。合同練習が2日前にドタキャンされたり、合宿のレフリー申請を1日ずらして申請したりした時は血の気がひいて夜も眠れませんでした。そんな時は同期やコーチ陣の力を借りてなんとか乗り越えることができました。







主務はよく割りに合わない役職だと言われます。ミスできない仕事を漏らさずやって当たり前。唯一目立つのは何かミスをしでかした時だけ。



でも、そういった目立たない仕事というのは組織に属している以上誰しもがやっていることで、それをこの4年間当たり前のように享受し続けてきたことに、チームの裏方に回ってみて気づかされました。







4年生の中でも、堀内をはじめとする松尾、葛、宮田、伊東たち幹部陣はいつもチームのことを1番に考えて毎日のように夜遅くまで会議していたし、大谷は副務としてチームのいろいろな雑務を引き受けてくれました。グラウンドがいつも滞りなく使えるのは荻のおかげで、堺は部のイベントを面白くしようと一生懸命考えてくれたし、倉光はウエイトリーダーを頑張っていました。かなちゃん、まいちゃん、すえはるも試合のセッティングや日々の業務でプレーヤーを支えてくれました。







そういったチームを支えているみんなの努力に気づくことができるようになって、それに改めて感謝できるようになったことが主務をやってきて良かったことかもしれません。







何を当たり前のことを言っているんだと言われそうですが、この経験ができて、社会に出られることは本当に素晴らしい財産だと感じています。











主務の仕事も残すところ最終戦の業務だけと、もうすぐ指で数えられるほどの期間になってしまいましたが、最後までミスなく、"目立つことなく"、全うしたいと思います。















最後に感謝を伝えて終わります。



家族 細かい怪我が多かった自分を心配してくれて、また、栃木からわざわざ毎試合応援に駆けつけてくれました。ラグビーを4年間無事続けられたのも家族のサポートあってのことでした。ありがとう、







OB・OGの皆様 主務になって改めてラグビー部はOB・OGの皆様のおかげで成り立っていると実感しました。多岐にわたるご支援・ご声援をありがとうございました。







監督・コーチ陣・若手OBの方々 主務として至らない点も多かったと思いますが、沢山のアドバイスや熱心なご指導をありがとうございました。







トレーナーの方々、特に松岡さん ハムの肉離れや度重なる骨折でのリハビリを真摯に考えてくださいました。松岡さんのトレーニングのおかげで足が速くなった自信がつきました。







後輩のみんな 急な予定変更にも嫌な顔せず対応してくれてありがとう。プレー面でもみんなに頼ってばかりでした。数名の同期をよろしく頼みます。







マネージャーのみんな 先ほど目立たない努力の話をしましたが、マネージャーのみんながプレーヤーを支えてくれるのでラグビーが楽しくできています。ありがとうございます。







同期 プレーヤーとしても、主務としても同期の助けなしではやり遂げられませんでした。ありがとう。東大に勝って有終の美を飾ろう。











以上で部日記を終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。











次は、ここに来てジャッカルの腕が急成長、いまだに手巻き寿司パーティーを開催してくれない国立のイトウジェこと伊東くんに回します。

アーカイブ

2019年11月(7)
2019年10月(4)
2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: