大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

ラグビーを始めてよかった

投稿日時:2019/11/20(水) 03:29

 

伊東から部日記を回されました宮田です。


 伊東の最初の印象はのっぽで細くて不器用なやつって感じでした。今でも不器用なところは変わらないですが、本当に逞しくなって、fwを支えている姿は素直にカッコいいなって思います。あと、先日バイスリーダーの立ち位置の難しさについて理解し合えたこと、少し嬉しかったです。これは多分伊東と僕にしかわかりません。

 

さて、最後の部日記を書くわけですがまず1つ文句を。初めての部日記を1ヶ月回さなかった僕が言うのもなんですが、最後の部日記を駆け込みで回すこの伝統はなんとかならないものでしょうか。



書きたいことが色々あるので4年間の振り返りは簡単に。





1年生。サークルでのんびり過ごしたい。高校卒業時にそんなことを思っていたのに、気づくとラグビーを始めてました。2年間の浪人生活でおかしくなっていたんでしょう。コンタクトスポーツが新鮮で、心からラグビーを楽しんでいたと思います。



2年生。冬の基礎練でタックルがかなり上手くなりました。A戦にも後半から出られるようになりましたが、なかなかトライが取れずに悩みました。結局対抗戦でもノートライに終わり、wingとして力が足りていないことを実感した一年でした。



3年生。A戦にスタメンで出るようになり、トライも取れるようになりました。周りからも期待されるようになり、少し調子に乗ってました。伊東には40分及びませんが、この年の対抗戦は80分×6+40分の計520分出場し、そこそこ勝負できるwingになれた気がします。


4年生。会議。以上。

こんな書き方をできるくらいには会議をした気がします。チームを引っ張るために、そして勝つために何ができるか。そんなことばかり話していたので、自分のプレーはあまり覚えていません。この一年でどのくらい上手くなれたでしょうか。あまり実感はないです。費やした時間に対して、結果が伴っていない現状に悔しさが込み上げてきますが、幸い東大戦が残っているので、死ぬ気で勝ちに行きたいと思います。

 

淡々と4年間を振り返りましたが、最後の部日記なので正直に色々書きます。



ラグビーは本当にしんどいスポーツでした。練習やウェイトに行きたくないと思った回数は数え切れません。それでも、部活を辞めたいと思ったことはありませんでした。続けてこられたのが同期のおかげかと言われると少し違うかもしれません。単純にラグビーが楽しかった。そして周りに認められるのが嬉しかったんだと思います。




 

 

4年生として部を引っ張る中で最も大事なことは何だ思いますか?


就活で何度も聞かれたこの問いに対する自分の答えは、「皆を認めること」でした。「出来て当たり前」は1つもない。全員に得意があって不得意がある。自分が出来て当たり前のことを出来ない人もいます。例えば声を出すとか。意識1つでできると思われがちな小さいことでも、苦手な人には想像以上に大変なことなんだと。出来ないことよりも得意なことに目を向け、その人を「認める」ことがどれだけその人のモチベーションに繋がるのか。そんなことを話した気がします。



 何を言いたいのかよく分からなくなってきたので、部員全員とはいかないですが、ブラザー始め後輩の何人かに個人的に書きます。



1.2年生BK

日高、トミー。焦らず頑張って。初心者として周りに遅れを取る不安は大きいと思うけれど、基礎の積み重ねが自分をラガーマンとして成長させてくれるはず。

澤井。学習戦ありがとう。今年のBKをギリギリで支えてくれたのは澤井です。来年、同期を引っ張ってあげてください。

かんた。かんたのハーフは間違いなく一橋の大きな武器です。怪我に苦しむシーズンだったけどこれから新井を支えてあげてください。

増古。我がブラザーのしたっぱ。ウザいしバカですがそのストイックさには驚かされます。もの凄い選手になるのを期待してます。

新井、松原。上手いけどふざけすぎるところがあるので注意してください。来年は後輩引っ張りつつ上を助けてあげてください。

弓場。着実に上手くなってるよ。あまり悩みすぎず、でも考えることは忘れずに。3年生は1番上手くなれる1年間だから頑張って。



3年生

平手、潰れた鼻は治らなかったけどめげないで頑張れ。勇気、本物のゴリラになる日まで、応援してます。てら、最近髪型が変だけどどうした?単位取得のための2ヶ条忘れずに、あと写真ください。上杉、物知りバチェラーおじさん、僕をいじれる数少ない後輩の1人です。KC、生意気だけど1番関わった後輩です。24日楽しみにしてます。





長くなりました。最後に感謝を。



家族にはシーズンが終わったら直接言おうと思います。感謝してもしきれません。

監督、コーチ陣、東芝の皆さん、OBの方々、学生主体で部が運営できるのは皆さんの支えがあってこそです。本当にありがとうございました。

松岡さん。松岡さんがいなければ今年のチームはもたなかったと思います。個人的にもお世話になりました。ありがとうございました。

竹内さん。ウェイトよりも野球の話をしに行っていた気がします。4年間本当にお世話になりました。

マネージャー。チームのサポートに徹してくれてありがとう。おにぎり文句言ってすいませんでした。

同期。最後まで1人も欠けることなくこられたこと、誇りに思います。少し恥ずかしいですが面と向かって言えそうもないので、今までありがとう。これからもよろしく。



これで最後の部日記を終えたいと思います。次はBKリーダーの松尾で。三商戦で同じグラウンドに立てることを願ってます。

アーカイブ

2019年11月(7)
2019年10月(4)
2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: