大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記

<<前へ次へ>>

暇ンゴねぇ

投稿日時:2019/02/16(土) 12:19

 石川の昼である。 



 今日も近代文明の生んだ走る鉄の馬を乗りこなすための授業を受けなければ。鉄の馬に乗り込むと、隣にはいつもの翁が座っている。    



 翁と共に走っているとすぐに三色の色を表す箱に出会う。今はどうやら赤を指しているようだ。ええい、赤だの青だの黄だのどうだっていい。私はいつだってただ前に進みたいのだ。ただ決まりは決まりだ、どうやらこの国では赤は’進むな’という意らしい。      



 私はこの’赤’の時間が嫌いだ。待っている間、思考だけ別世界に飛んで行ってしまうのだ、、。



 



 どうも、ケイシーです。今同期の勇気と平手と僕で石川に免許合宿で来てるのですが、1日の内で授業があるのはわずか4時間ほどしかなく、残りの時間はフリーです。in other words,暇なのです。空いてる時間で何をやっているかと言えばわずか八畳の部屋に3人で閉じこもり、某予備校の添削のアルバイトに使う時間が5割、食事が2割、筋トレに1割、あとの2割は何もしてません。部屋では、平手はいもしない彼女の話をし続け、勇気は腹筋をし続けています。みなさんが想像した通りの合宿生活ですね。



 



 前置きはこんな所にしておいて、前回の部日記で私は2018年にやりたいことリストを作ったのですが、それらを達成できたのか振り返ってみましょう!!!



 



①富士山を登る



▶︎登ってません。



1ミリも登ろうとは思いませんでした。目標を立てた時は登りたい!と思ったのですが、1ヶ月後ぐらいには登る気は失せていました。



 



②ゲイバーに行く



▶︎行きました。



これは去年の三商の時に高田さんに連れて行ってもらいました。オネエさん方のパワフルさに圧倒された愉快な夜でした。



 



③投資に挑戦する



▶︎挑戦中です。



何の銘柄を買おうかリサーチしてた所で2018年が終わりました。



 



ギター▶︎引いてません。



坊主▶︎してません。



 



 なんか見返すとほとんど達成してないですね。そんな僕の2018年はどんな年だったのでしょうか。



春:ニュージーランドで人の優しさに触れ



夏:スクラムの奥深さに触れ



秋:対抗戦で勝つことの難しさに触れ



冬:ゲイバーでオネエの体に触れ



 



 色んなモノに触れた一年であったなーって感じです。一年って早い。痛い思いもいっぱいしたけどその分いろいろと成長できたと思います。



 



  とりあえず思ったのが先輩は偉大っていうことですね。本当に生意気な後輩ですみませんでした。宮川さん、カモってごめんなさい。



 



 来年は三年生になりますが、後輩とは適切な距離感を持てるようにがんばります!



 



 僕の2019年はどんな年になるのかなぁ、、楽しみです。



 



 



 



 



 



プップー‼︎



 



 おっと、後ろの車から警笛を鳴らされた。前の箱は青を指している。’早く行け’と言いたいのだろう。去年の思い出を振り返ってたら変わる瞬間を見逃してしまったよ。

怒りの代わりに対話を、報酬の代わりに感謝を

投稿日時:2019/02/16(土) 12:19



石川の朝である。



昨日から降り続いた雪も幾ばくか積もっただろうか。外は音を忘れたような静けさだ。



そんなまどろみにけたたましい音楽が響く。

枕元におかれた四角い鉄が、このときばかりは憎らしい。

手を伸ばせば音は止まる。しかし、それは単調な今日の始まりをも意味するのである。



食堂の母たちは今日も早起きだ。

おはようと言えば卵焼きと水分を失ったキャベツの千切りが出てくる。

ご飯とお味噌汁を今日は少なめ目によそおう。どうせすぐに二杯目をよそうのだ。許せ。

納豆をかき混ぜる。この全く無になれる時間が好きだ。

石川に来てこの時間を何度迎えたことだろうか。そして、残り何度この時間を迎えることだろうか。深い思考の波が襲ってくる。

 



こんにちは。平手です。



カフェの店員がコーヒーをこぼし、それが自分のお気に入りの白いシャツにかかってしまう。青年はかっとなり店員に怒鳴りかかる。

「俺のお気に入りのシャツに何してくれてるんだ!」と。

まるで至って自然な反応である。

だがそれは、原因論の立場に立った故なのである。

では、青年はなぜ怒ったのだろうか。目的論の立場に立てば、それはシャツにコーヒーをかけられたからではない。青年は、怒ることによって相手を屈服させ、あわよくばクリーニング代を出させようという目的が第一にあり、そのために怒鳴るという手段を選んだのである。



そう、つまり怒りというものはあくまでも手段であり、そして、手段である以上それには代替するものがある。



それが対話である。言葉の力を信じることである。

青年も落ち着いて店員の不注意を諭し、双方の納得の上でクリーニング代を受けとることもできたのだろう。

あくまでも落ち着いて相手と対話をする。その姿勢を大切にしたい。



最近なにかとイライラすることが減った。どうやら僕にも怒りが、実は、手段にすぎないということ染み付いてきたようだ。

アドラー心理学と出会えてよかった。



実によく用いられる例えを引用してしまったので、さぞかしミーハーのようになっているかとも思われるが、これから深く学んでいく所存なのでご容赦を。



おっと、納豆が容器の縁からこぼれているではないか。。思考の波に浸かりすぎたようだ。

対面で朝食を食べる二人の巨人は納豆を派手にこぼす僕を見て罵りながら笑っている。

そんなにバカにするならもっと早く教えてくれればよかったじゃないか。なんと性格の悪い奴らだ。

私は激怒した。

覚悟

投稿日時:2019/01/24(木) 16:40

こんにちは。新主将を務めます堀内です。



部日記を更新するよう言われ続けていましたが、テストであったり、様々なことを言い訳にし続け今までため込んでいました。

更新が遅くなり申し訳ございません。





新チームが始動して1ヶ月半ほどたちましたが、いかにチームを作っていくことが困難であるか、を身をもって実感しています。今までは当たり前だと感じていたことも、「なぜ?」を考えていくと、なかなか答えにたどり着きません。答えのない問題に自分たちなりの答えを作っていく作業は、想像以上に難しいものでした。これまで何気なく行っていた練習も、内容を決めるのに多くの時間と思考を要していることが分かり、これまでの4年生の偉大さを感じました。僕たちも、これまでの4年生の文化を受け継いでいきたいと思います。





今年のチームが目標を達成するには、例年と同じことをやっていても勝てないと思います。例年にはない多くの問題を解消するためには、つらいことも苦しいことも多くあるでしょう。しかし、昨年味わった悔しさを晴らすためにも、強い一橋を取り戻すためにも、全員が強い気持ちを持って一年間を過ごして欲しいと思っています。目標達成にはみんなの力が必要です。



頑張ろう





受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。

一橋ラグビー部には最高の環境があります。充実した設備、人工芝のグラウンド、ともに高め合える個性豊かな部員達。合格を勝ち取り、グラウンドで会える日を心待ちにしています。あと少し頑張ってください!



まとまりのない文になりましたが、今年度も一橋大学ラグビー部をよろしくお願いします。



次は今年の新歓隊長の平手に回します!頼んだよ!


 

三つ星のチームでは終わりたくない

投稿日時:2018/11/24(土) 07:26

一年間頼りにし続けた高田から回されました、今季主将を務めます秋山です。



不器用な自分は器用な高田の「柔」なプレーに毎日刺激を受けていました、楽しかったね。



宮瀬や高田には見えないところでもたくさんフォローしてもらってたと思う。鈍感だから全然気づいてないけど。ありがとう。







遂に最後の部日記を書くことになりますが、あまり形には拘らず、思いのままの気持ちを書いていこうと思います。つらつらと駄文が続きますので、物好きの方のみお読みください。かなり平易な言葉を使いました、敢えてね、敢えて。







この1年を振り返ってみると「あっという間だった」という言葉は出てこない。むしろ「長く、長く、チームのことばかり考える1年だった。ようやく終わるのか」と思う。



こう書くと、嫌々やっていたかのように感じるかもしれないが、決してそうではない。大変なことの方が多いシーズンではあったが、本当に幸せな日々だった。







主将になった時、最高学年となった時、課せられた責務はただ一つ



「目標を達成出来る強いチームを作ること」



である。そのために必要なことは何か、真っ白な設計図にそれを描く作業はまさに思考の連続であった。



そんな作業をしたこともない僕たちを多くの人たちが様々な形で導き、サポートしてくれた。







まずはそうした方々へ簡単ですが感謝を述べさせていただきます。







首脳陣の方々、「学生主体」と一言で言ってもその程度はピンキリだと思います。僕たちはどれくらいやれたのか分かりません。何度怒られたか分かりません。情けなさを何度も痛感しました。それでも、これでもかってほど面倒見ていただいてありがとうございました。



特に近藤監督、すごい熱量でチームのことを考えて、本気で僕たちの目標達成に尽力してくださいました。「伝統のDF」という言葉が当たり前のように使われますが、毎年強みを強みたらしめる根幹には近藤さんのご指導あってこそなんだと思います。







コーチングしてくださった方々



上田さん、永井さん、近所のすごい方々、竹内さん、手塚さん。心体技いずれも未熟な僕たちを時に厳しく、でも愛情を持って指導していただき強くなれました。ありがとうございます。







トレーナーの松岡さん、巻淵さん、ゾエさん、町田先生、加藤さん



部員のケアなしには思うように出来ませんでした。特に松岡さんには1年間ずっとお世話になりました。個人としても本当に感謝しています。







支援してくれたOB・OGの方々、保護者の方々、例年の倍くらい来ていただいた若手OBの方々、阿久津さんなど挙げたらキリないです。



本当にありがとうございました。







運営に携わることで関わる人の数が圧倒的に増えて、支えられているありがたさを糧に、また頑張ろうと思えました。











そして部員のみんな







ある先輩はチーム作りは石を積むものだと言い、別の先輩はチームは生き物だと言った。



今ならその話題で一晩呑み明かせそうです。







練習というピースを積むだけでもダメだし、いい練習にはみんなの集中力と熱量がないとダメ。



みんなで作るのがチームだけど、舵を取り、道を示す人は必ず必要で、その役割はとてつもなく重要で。



そんな素質に恵まれた訳でもない自分が、どれくらい全う出来たのかは分からないし、結果で見れば圧倒的に足りていないのかもしれないけれど、



この1年間「ついてきてくれて本当にありがとう」







幸いにも怪我も少なく、伸び伸びやってきた自分は、毎日ただ楽しくラグビーに没頭していた。本当にそれだけだった。



実はそんな自分はこれまでの4年生が言っていた「ついてきてくれてありがとう」という言葉の気持ちが理解出来なかった。







「当たり前じゃね?先輩かっこいいし、チームの為に必死にやってるし、ラグビー楽しいし」と思っていた。むしろそんな言葉、言われても気持ち悪いとすら思っていた。







だが、同じ立場に立ってそうした気持ちを理解することになった。



怪我人が増え、戦績が振るわず、思うように結果が出ない。のに練習はキツイ。



やってることは正しいのか、強くなれてるのか、そんな不安を抱かせてしまっているのではないか。







声のかけ方一つさえ、気をつけなければいけないと思った。







それでも毎日、当たり前のようにグラウンドに来て、ワンチームでいられたのがありがたかった。







1年生は人数が少ない中でも必死についてきてくれた。筋トレと部活やるので一杯一杯だったかもしれないけど、来シーズンからはもっと部に関わって、もっと大学ラグビーの真髄に触れられると思う。俺たちも先輩たちの足を引っ張りながら、苦悩しながら成長してきたから、同期で仲良く、力合わせて頑張ってね。







2年生はとにかく成長してくれた。アグレッシブに、伸び伸びと、やりたいようにやっている姿は本当に見てて気持ちがいい。



タフな練習にもしっかりついてきてくれて、心身ともに強くなった。これからも暴れ倒してくれ。







3年生は俺たちを最も近くで支えてくれた。上級生として、選手として、悩むこともあったかもしれないし、多くを要求したかもしれない。それでも踏ん張ってやり切れたことを自信に変えて、これからも頑張ってほしい。







4年生は特にないや。お疲れ。感謝の言葉はいつでも受け付けるで。



あ、一つだけ。一瞬も後悔せずに主将をやりきれそうです。







5年生の宮川さん、本田さん。もう足向けて寝られないですね。最初から最後まで体を張り続けてくれて、4年生以上に下級生の見本になっていただきました。かっこいいっす。







マネージャーのみんな



向上心を持って、日々成長していたのはマネージャーも一緒だったね。頼りない4年生プレーヤーと頼れる4年マネを支えてくれてありがとう。誇れる組織でした。











設計図を基に日々築き上げ、時に足踏みしたこのチームをたくさんの勝利で彩りたかった。しかしまだ3つの星しか飾れていない。







目標の数の星を飾ることは叶わなかったけど、それで終わりなんて言えるわけがない。







今日、なんとしても4つ目の星を手にすることで、1年間の集大成を魅せるのだ。



それこそが全ての支えてくれた人への、チームメイトへの、そして大学人生を捧げてきた自分たちへの、今出来る最大の褒賞となるだろう。







「強い一橋の継承」をまだ諦めたわけじゃない。







終わり良ければ全て良しとは言えないが、



終わり良ければまあまあ強しとは言えそうだ。







97代主将  秋山 光

人生で大事なことは大体ラグビーとキングダムで学べる。

投稿日時:2018/11/22(木) 22:59

宮瀬からまわされました副将の高田です。こちらこそありがとう。あと一戦頼りにしています。頑張ろう。




最後の部日記も中央線で書いています。生粋の中央線haterの僕も結局四年間中央線を利用し続けてしまいました。明日こそは中央線を使わずに練習に行こうと思ってます。






ということで一回目の部日記と同じような出だしで始まった最後の部日記ですが、どうせなら明日の試合に向けてエモーショナルでパッションにあふれたモチベーションバチクソ上がる部日記にしようと思います。ヤンジャン最新号の王賁のあのセリフばりに上がる言葉を散りばめます。













では四年間の振り返りをしましょう。













2年生



















四年間の振り返りをするのに2年生から始めた大池みたいなことはしません







1年生




この前早船に1年の時の高田まじで下手だったよなと言われました。仲西にも。そんなことはないしAチームをばかばかに抜いていました(気のせいですね)。

印象深いのは東大戦に勝利した後の写真撮影ですね。勝っていた試合で僕だけ交代を告げられずに試合が終わりました。情けなくてわざわざ赤黒の上にアップティー着て後ろの方に隠れるようにして写真を撮った気がします。どういう経緯で出れなかったのかは知らないし、別にそんなことはどうでもいいんですが、出したいと思わせる選手じゃなかったという事実だけがあまりにもはっきりと僕の胸に突き刺さりました。







2年生




ポッドを導入しました。僕のような選手が12にいないと絶対にうまくいかない、目標達成できないと実力不相応に思っていました。まあそのくらい思った方がいいかもしれない。結局怪我に苦しめられ、復帰2戦目で散々なプレーをした上怪我をしてシーズンが終わりました。藤井さんも田口さんも期待して使ってくれていたにもかかわらず、力になれなかったことにまたも情けなく思ったシーズンでした。







3年生




よっしゃ今年こそ(センターを)やってやると意気込んだ春の最初から冬の最後までウイングでした。やっぱりウイングでした。いや、めっちゃ楽しかったです。何が楽しかったかって何でしょうね。多分勝ったからだと思います。いい思いをさせてもらいました。勝つことこそが後輩に、関わる人に充実を感じさせるんだと、遅いかもしれないけど今になって痛感しています。

あとシンプルに日比谷会が充実を極めました。







そして4年生




あんまりネガティヴなことを書いてもモチベーションアップにつながらないと思ってるので書きません。ただ一つ今の気持ちを正直に伝えるのなら、このチームをもう少し早く、もう少し強く成長させたかったという後悔です。ただ一つと言ったそばから付け加えますが、もう少し強くなる道中にいるこのチームで、あと1ヶ月でも2ヶ月でも練習したかったという思いでいっぱいです。




僕は本当にこのチームが大好きです。

下手な選手が身体を張ることが何よりも尊敬され、分析にアホみたいに時間を費やす四年生が毎年いて、温かく応援してくれるOBや当たり前のように土日の練習に来てくれるOBがいるこのチームが。このチームだからこそ自分は弱さに向き合うことができたし、努力する気持ちになったし、期待に応えようと思って成長することができました。




そして引退が近づく今になって後輩の姿が頭に浮かびます。

怪我をしても、帰り道でラグビーやめてえと愚痴ってても、チームが強くなるために助言をくれる後輩がいる。もっと一緒にやりたかったな。ユニットでだらけがちな雰囲気を締めてくれる頼れる上級生がいる。9:30練習にどうしても遅刻するアホがいる。きっと明日も遅刻する。1年生はまだあまり上手くないけど、必死に武器を探し個人練に励んでいる。デブは沢山いるし、下手くそも沢山いる。マネージャーはみんな可愛いし何を頼んでも嫌な顔せずにやってくれる(甘えすぎてはいけませんが)。ただのデブから少しうまいデブに昇格したやつを北陸に連れてったらいくらかかるのか。いつも自分に厳しく何事も筋肉のせいにしがちな奴は1年間俺に色々言われて嫌だっただろうけど、それを成長のチャンスにしていた。今プレーでうまくいかなかったり成長してないと思ってる人もいるかもしれない。でも、一年前、半年前のビデオ見てみてください。多分絶望的に下手くそだから。君たちは、もう少し上手くなる道中にいるだけです。




みんなともう少し上手くなりたかった。強いチームになりたかった。
















長くなったので唐突に部日記を終わりにしたいと思います。
















武蔵戦の前、「目標達成ができなくなった今、何のためにラグビーをするか考えて欲しい」と練習前にみんなに言ったと思う。













このチームがもう少し強くなるため。













僕の答えです。

単純で、かつ気持ち悪いですが明学に勝ってもう少し強くなろう。













次は秋山です。1年から今日までプレーヤーとして競い合えたことに感謝しています。ありがとう。
«前へ次へ»

ブログ最新記事

<< 2019年4月 >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)