大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2008/3

<<前へ

新歓期に入って思うこと

投稿日時:2008/03/31(月) 03:07

いよいよ新歓が始まりました♪

私にとっては初体験で結構大変ですが、新入部員がたくさん入ってほしいので、頑張っています!

新入生の皆さん、是非一度ラグビー部へ!!

で、新入生を歓迎する立場になって、もう自分もラグビー部に入って一年経つのかぁ、と

たまに思ったりします。

一年前はラグビーなんて全然知らなかったのに、新入生にすごいラグビーやラグビー部の良さを

力説してる自分がいて、今日のサークル紹介はちょっと恥ずかしくなりました(^_^;)

来年の新歓は、もっともっと自信ありげに力説できるように、今年一年間も頑張ろうと思います。

こないだの久しぶりの試合で、走ってあたって走っているプレーヤーを見て、

ベストな状態で試合に臨めるように、できる限りのサポートをしようと思いました。

ということで、朝ごはん食べてね、スタミナ切れちゃうから。きのした、お願いします。

書いた日記をどうやってアップするのかわかんなくて何度も水の泡

投稿日時:2008/03/24(月) 09:43

パソコンて奥が深いですね。もうついていけません。

古賀です。

 

こないだは大学の卒業式で、夜は卒業していく4年生と一緒に大盛り上がりの飲み会でした。4年生には色んな面でお世話になり、とても多くのことを教わりました。4年生は皆、大きくて、かっこよくて、笑って卒業していきました。誰もが4年間の重みを感じさせてくれました。

 

で、4年生は実際に体も大きくて4年生が抜けたことでチーム全体としてかなり小型化してしまいます。

ということでビッグなボディをメイクすることが求められるわけでございやす。そのために筋トレはもちろんで、「栄養」ということがかなり重視されるようになりました。マネージャーさんの中で栄養班という人達がいて、プレーヤーの体を大きく丈夫にするために必要なことを研究してくれるのです。

実際に昨日、栄養講義を受けたのですが、すごいです。40ページ以上の手書きのレジュメに加えて、各プレーヤー毎に1番必要なことまでを調べてくれていてホントに勉強になりました。

 

こんな風にマネージャーさんの支えがあるからこそ、プレーヤーはラグビーができているんですね。プレーヤーはそれを認識して気持ちに応えるようにがんばりましょう。朝ごはん食べないなんてありえないよね、A山さん。

 

次は栄養班の中で、特に僕の担当をしてくれているとねようこ。いつもご苦労さま。たまには日記も書いてください。

投稿日時:2008/03/20(木) 21:10

どうも"デブザイル"作井です。最近暖かくなり、

 

過ごしやすい日々が続いております。

 

というか練習中暑いぐらいです。

 

僕もそろそろ布団から出ようかな。

 

さて先日卒業生発表がありました。

 

文武両道のラグビー部は当然全員卒業でした。

 

そして明日は卒業式です。あいにくの天気のようですが

 

長い間お世話になった4年生を

 

気持ちよく送り出したいと思います。

 

それでは次は古賀にでも書いてもらいましょう。

 

 

 

 

 

☆☆☆EXILE☆☆☆

投稿日時:2008/03/18(火) 15:06

大学の成績を昨日見ました☆

 

頑張ったかいがありました!

 

安心したので、ゼミを早く決めたいです☆

 

 

突然ですが、うちの部にはEXILEのメンバーがいます。

 

彼はとても大人っぽいので、

 

わたしは入部するまで、先輩だと思っていました。

 

最近は、どんどんかっこよくなってきたので、

 

マネージャーはみんな彼に夢中です。

 

こんなに素敵なEXILEを新入生にも是非みてほしいです。

 

たぶん彼を一目見て、一言でも言葉をかわせば、

 

恋に落ちて」しまうでしょう☆

 

では次はみんなのアイドル作井さんです。

 

 

 

 

 

 

後期試験

投稿日時:2008/03/11(火) 21:34

明日は後期試験です。

前期で合格した方はほんとにおめでとうございます。

まだ結果の出てない人もいるかもしれませんが、僕も後期で受かったのであきらめずに頑張ってください。

明日、あさって頑張れば大変な受験勉強は終わりです。

見事合格すれば楽しいキャンパスライフが待っています。

ラグビー部も新入生のみんなを楽しませる色々なイベントを企画して待っています。

明日の試験でベストを尽くせるよう赤いウィンブレを着た部員が合格あめを配ってます。

あめはなめても試験はなめずに頑張ってください。

 

次は大徳さんで。

«前へ

<< 2008年3月 >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)