大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2009/12

!

投稿日時:2009/12/28(月) 04:44

最近いろいろやる気がなくなってしまった矢羽田です。

この間、同期に誕生日を祝ってもらいました。

年を重ねたところでまだまだ19のガキなんでこれからもいろんな人に支えてもらって生活していくのは変わらないんじゃないかなと強く思います。

今年も終わりなので一年を振り返ろうとも一瞬思ったんですが、劇的にめんどくさいのでやめました。

 

来年は単位をしっかり取って2010年ぽいことを何個かできればいいかなと思います。

ラグビー的には新チームになったばかりで自分の立ち位置とかポジションとかがわかんないので何とも言えませんが、今年よりもチームに貢献できるプレーヤーになれればいいなと思います。

 

 

次は渡辺で。

 

来年こそは

投稿日時:2009/12/27(日) 13:36

更新遅れてすみません。板谷です。

ラグビー部でルームシェアをしているのですが、住人以外の部員も来るので、ゲームをしたりラグビーを観たりと毎日賑やかで楽しいです。

今も部員と一緒に花園観てます。

花園とは縁のない高校に通っていたので、今まで強豪校といわれる高校と試合をしたことがありませんでした。

ずっと花園に行くような高校と試合をしたいと思っていたのですが高校時代にその夢は叶いませんでした。

でも一橋大学のラグビー部に入って、花園常連校の出身者がいる大学と試合をする機会に恵まれて、高校の時の夢が叶いました。

大学でラグビーをするつもりはなかったのですが、ラグビー部に入ってよかったと思っています。

短くてすみません、次は矢羽田で

 

 

 

 

あの紙ヒコーキ曇り空わって

投稿日時:2009/12/17(木) 14:58

というわけで、19です。明日で。

お久しぶりです。黒川です。
12月も中旬で、受験生にとっては追い込みの時期に入ってしまったようですね。
僕も去年の今頃はこんなに勉強してたんだなあと思うと、尊敬してますます自分を好きになってしまいます。
今では中一の数学も不安です。でも家庭教師やってます。生徒さんごめんなさい。

さて、僕が去年の今頃どんなことを考えていたかという話をしましょう。
僕は直前までこの大学を受けるべきか迷っていました。というのも、秋まで模試の判定では「E」しか出たことがなく、センタープレでも「D」だったので、正直合格は厳しいといわれていたからです。
しかしまあ、「厳しい」と言われるくらいまでは近づいているわけで、それって五分五分ってことじゃない?と思いまして、ここで僕は自分に賭けをしました。だったら神サマに任せてしまおう、と。

結果、神サマは僕に「一橋に入ればいいじゃない」とおっしゃったようですね。ちなみに私大は全滅しました。
そんな人生送ってます。黒川です。

もしこれを見て何か心に思うところのある受験生の方がいたら、それも何かの縁かもしれません。ラグビー部に興味を持っていただけたら幸いです。

次は新歓隊長の板谷さんお願いします。





犬塚です。

投稿日時:2009/12/13(日) 23:02

こんばんわ。新主将の犬塚です。

優秀な後輩のおかげでルームシェア生活は順調です。
特に1年の黒川にはそろそろ何かおごってやりたいくらい世話になっています。

昨日は入れ替え戦をみんなで見に行きました。
来年自分たちが立っていなければならないグラウンドの雰囲気を味わってきました。
改めて入れ替え戦出場という目標の難しさと同時に、身のしまる思いを感じました。
部員もそれぞれ思うところがあったと思います。寝ていた勝田以外は。

ところでオフ期間中は体重増加を課題に掲げ、それぞれの目標体重を設定して各部員に喚起を促しています。
4年生が抜けた穴を一刻も早く埋めて、昨シーズンを超えるいいチームを作って、いい結果を残すために全員で同じ方向を向いて頑張っていきましょう。

新2年マネージャーは今度ご飯に連れて行ってあげるので行きたいとこ教えて~

次は、ここまで書いてくれた黒ちゃんで。

投稿日時:2009/12/09(水) 01:23

こんにちは。

とうとう今日から2010年度のラグビー部が始動しました!!

泣いて笑った対抗戦最終戦からもう1週間も経ってしまったんですね・・・

つかの間のオフを部員さんはどーやって過ごしたんでしょう??

私的には戸根さんじょーじさんと1年まねでやったお鍋が楽しかったかなぁ(*^_^*)

すでに今年度も楽しくなる予感です♪

 

でわでわ、次は新しい主将さんの犬塚さん、

オフ中にあったおもしろいお話、お願いします

 (あ、あと今度1年マネをご飯に連れてってあげてくださいw)

<< 2009年12月 >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)