大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2010/8

合宿やってます

投稿日時:2010/08/11(水) 12:43

オフ中だらだらとした生活を送っていたので今日起きるのがとても辛かった中村です。それにしても今日は暑いですね。

 

僕は基本的にオフ中はラグビーの事とかほとんど考えないで麻雀したり、飲んだり、花火行ったりしていたんですが、合宿に入ってしまったので今は頭のほとんどがラグビーです。さて今日から5日間国立合宿があります。菅平に上るまでに戦術の確認とかランとかコンタクトとかしなきゃいけないことがたくさんあるのでこの合宿でどうにか成長したいです。

 

みんなで暑さに負けず頑張って行こう!!つぎは同期の若林で

ダンディズム越えるファンキズム

投稿日時:2010/08/07(土) 00:09

とか、

雨でも傘ささずに風邪ひく美学

とか、

ねぇ一緒に歯磨こうよ

とか、

私が高校の時から大好きなRIP SLYMEの、

その中でも特に好きな歌詞ベスト3です。

 

覚えたくても覚えたくても、ぜんっぜん頭に張り付いてくれない言葉もいっぱいあるのに、

(受験期はそんなのばっかりでした)

こういうのは、

他の人はなんともなく通り過ぎていても、自分には、強烈に響いたり、

スーッと入ってきたりして、ずっと覚えているから不思議です。

 

ラグビー部にいても、

例えば、

私が2年生のころ、社会人になって試合を見に来てくれたF越先輩に、

その当時の愚痴とかを、わーーーーーっと言っていたら、

ビールをぐぁっと飲んだF越先輩が一言、

「まぁ、That's 世の中 This is 社会よっ!」

と言って話を終わらせた事とか、

 

去年大氷河期の中、唯一5年生として就活をしていたM園さんに、

テーピングを巻きながら、「先輩就活どうですか?」

と聞いたら、

「もうねぇ~、火の車!!!」

って言ってた事とか、

 

「私、ネックレスっていう単語、恥ずかしいの。」

という理解不能な告白をしてくれた同期MGの一言とか。

 

別に他人にも印象的な言葉かどうかは分からないから、部日記にかいて面白いかは不安だけど、

私はどれも、その時の、

例えばF越先輩の持ってたグラスがサントリーだったとか、

持ってたテーピングはハンディ75だったとか、すごく鮮明に覚えていて、

たまに思い出します。

 

こういう、すごくさりげない瞬間とか、

もちろん試合に勝って泣いて喜んだ時の事とか、

むかついて悔しくて辞めたくなった時のこととか、

めっっっっっっちゃたくさんの印象的な瞬間が蓄積されていて、

それに気づいたのは、「引退」を意識するようになった最近になってのことですが、

 

後輩MGが2人とも、本心か知らないですが(笑)、

ラグビー部が好きとか選んで良かったとか書いてくれていて、

正直私は本当に嬉しかったです。

 

あとちょっとだけど、今のこの部のメンバーと、こういう、

ずっと覚えてる瞬間をたくさんつくって、引退したいな、と思いました。

 

もうすぐ合宿です。

マジで入替戦行きたいので、マジで一瞬一瞬無駄にしないように、

楽しんで、頑張ります。

 

次は、そんな印象的な一瞬を残してくれそうランキング1位の中村りょう君で!!

 

更新遅くなってすみませんでした。  

4年MG 戸根曜子

野球は甲子園しか見ません。

投稿日時:2010/08/02(月) 22:39

めいちゃんのEU入門と線形の助けになれなくて残念な1年マネの石島朋実です。

私は今日で期末から解放されまして、地元の群馬に帰省中です。

なんだか縁があって、1年マネは二人とも社会学部で群馬出身です。

めいちゃんは高崎女子、私は前橋女子。

めいちゃんは、前橋女子の人とは仲良くなれないと思ってたと4月くらいに言ってました。

今はもうその発言が撤回されていることを祈ります。

私は160cmあるので、大体ぺたんこの靴のめいちゃんとヒールの私は身長差が激しいですね。遠くからでもすぐ見分けがついて便利です。

入部してからの3ヶ月を振り返ると、ラグビー部を選んでよかったと思います。部の雰囲気がとても好きです。

ラグビー部に入って一番変化したのは、肌の色でしょうか。合宿後にコーラ色、いや、かりんとうにならないように日焼け対策しようと決心した今日この頃です。

 

さて一年生の初日記は私でおわりです。

プレーヤー7人、マネ2人の9人みんなで頑張っていくので、これからもよろしくお願いします!

 

では次は、頼れるわれらがマネ長とねさんお願いします♪

 

<< 2010年8月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)