大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2012/10

4年間で一番活躍した試合は菅平でのOB戦

投稿日時:2012/10/25(木) 23:25

部日記を書くのはすごく久しぶりです。太田です。
水野さんからもありましたが、部日記を書くのは苦手です。
それを察してか、滅多にまわって来ませんでした。


さて、対抗戦も残すところあと3戦となりました。
私が入部してからは4連敗というのは初めてで、公式戦で勝つということの難しさを本当に強く感じています。
次節の武蔵戦は、せっかくもう1試合ホームで戦う機会をもらったので絶対に勝ちたいと思います。


気が付けばもうすぐ11月で、これが恐らく最後の部日記となるわけですが、思い返してみるとこの4年間はつらい思い出ばかりだったような気がします。
初心者ながら入部しラグビーというスポーツが全く理解できなかった1年目、同期が次々と試合で活躍する中ほとんど出場機会のなかった2年目は、いつやめようかとばかり考えていました。
しかしそれでもやめなかったのは、
いつも声をかけてくれて優しくしてくれた先輩方、
陰では文句を言いながらも(多分)言うことを聞いてくれる後輩たち、
多忙ながらも毎週末練習を見てくださるコーチの方々やOBの方々、
そして最高の同期の支えがあったから。


本当に多くの方々に感謝しています。
残り3試合、この感謝の気持ちを勝利という形で表せたらと思います。


では、次はどう見ても部日記を書くのが得意な宮澤君で。

せかいいちのやはたぐみ

投稿日時:2012/10/20(土) 11:33

こんにちは。えりかです。
ついについに最後の部日記を書くことになってしまいました。
名残惜しくて1週間も引き延ばしてしまいました・・・ってのは言い訳です、更新するの遅くなってすみません。

私のラグビー部に対する思いはただ一つ、感謝です。

今年度の対抗戦が始まってからの4試合、すべて泣きそうになってます。
自分はこんなに誰かのための無事と勝利に一生懸命になれるんだと、自分のことながら不思議な気分です。
そんな自分にしてくれたのはひとえにこの部活のおかげです。

思えば当初はこんなはずではなかったのです。
一橋に憧れを抱いたのは受験生の秋、友達と来た一橋祭で頭真っ金金のおにーさん、おねーさんが、東1号館の中庭でGO!GO!7188を爆音演奏しているのを見たときです。
割とおとなしそうな人が多い一橋大学生の中でその人たちは異色に見えました。
「私もこの大学で狂ったみたいにバンドしたい!!」
そんな憧れを抱いて入学した1年生の春、私は気付けばラグビー部員でした。
 
たしかに、ラグビー部の怒涛の新歓スケジュールに飲み込まれ、話の面白い戸根さん達の「マネージャーに向いてると思う♪」なんて言うおだてにまんまと乗っかり、単純に入部の手続きを聞いただけなのに早とちりした先輩が「今入部したいって!」っと部員を集めてしまい入部宣言せざるを得ない状況に追い込まれ、と自分でも気付けば入部していた感じではありましたが、折角縁があって入ったのですから精一杯やろうと意気込んでいました。ですが、これまで自分が経験してきた音楽というフィールドとは余りにもかけ離れた、自分のことよりもプレーヤーのことを、という考え方がまったく馴染まず、さらに不幸にも同期マネージャーのえみちゃん、はるちゃんがもともとすごく頭が良く気が利くために「私要らなくね?」と思うことがほとんどでした。と言うか今もです。

そんな自分には不向きなマネージャーをなぜ続けてこれたのでしょう。まぁ表向きは元気がいたからってことにしておきますが、最後なのでね、正直になってみます。
正直に言うと、部員全員、プレーヤーもマネージャーも、羨ましくて憧れてたんです。私はスポーツというものを一切やったことがありません。だからすごく不思議なんです。なんであんなにひたむきにボールに向かっていけるんだろうって。痛くても疲れても暑くても寒くても毎日毎日練習して、それでも勝てるかなんてわからなくて、でも勝っても負けてもまた前を向いてがんばって。私のこれまでの人生からしたら謎の極みです。また、マネージャーだってそうです。なんであんなに自分のこと以外に必死になれるのだろう、と。そんな風になにかに一生懸命にひたむきに頑張る仲間の姿が私を4年間惹きつけ続けてくれました。そして今、私はこの対抗戦に必死です。
 
対抗戦ももう残すところあと3試合になってしまいました。きっと私が誰かのためにこんなに必死になれることはもうないでしょう。体育会の部員としての意識が全く欠如していた私をここまで育ててくれたマネージャーの先輩や後輩、私に一生懸命に打ち込むことのかっこよさを見せてくれたプレーヤー、そしてなにより、こんな自分を仲間として受け入れてくれた同期には感謝の言葉以外ありません。残りの3試合、もちろん勝つと信じていますが、勝っても負けても私は矢羽田組の一員でいられたことを誇りに思います。
そして引退後同期でゆっくりのみましょーよ
 
ここまで書くのにもう4時間くらいかかりました。こーゆーのかくのほんと苦手です。
マネージャーが続いても面白くないので、次は同じく部日記書くの苦手そうな太田で!
 
 
 
 

足のあざが知らぬうちに増えていって困っています。

投稿日時:2012/10/10(水) 15:43

こんにちは、3年マネの石島です。
浅田の歯については、もちろん心配しています。
せっかくのイケメンが台無しという浅田のコメントにももちろん同意します。
タイトルは最近の悩みです。はずかしいです。

浅田といえば、私のことを「ともさん」と呼ぶのですが、
私は中学のころ「ともさん」と呼ばれていたので懐かしい気持ちになります。
いままであだ名で呼ばれることが多かったので、
部活で「ともみちゃん」と呼ばれるのは最初とても違和感がありましたが、
すっかりなれました。でも2年生マネから「まるこさん」と呼ばれるのは結構すきです。


対抗戦も3戦を終え、残り4試合。シーズンもあと2か月をきりました。
部内で後輩でいられるのも、あと2か月というわけです。

入部したときは自分が先輩になることも考えられなかったのに、
いまは5人の後輩マネージャーがいて、月日が経つのは本当に早いですね。
最近は同期のめいちゃんと部活の話をすることも増えて、
自分たちが来年1番上になるということをよく考えるようになりました。

でも今は目前の学習院戦!勝って去年の悔しさをはらしてほしいです。




さて、次からは4年生に回していきたいと思います。
プレーヤー9人、マネージャー3人、12人の先輩たちの思いの詰まった部日記期待してます。
トップバッターは、広報でも大変お世話になっているえりかさん、お願いします☆






人生いろいろありますね。

投稿日時:2012/10/06(土) 00:42

こんばんは。最近歯が一本なくなった浅田です。

稲野がどうしてもラブプラスがクリアできないということで、僕が代わりにクリアしてあげようと思ったのですが、自分がフラれた女の子をとられるのは嫌だと言って貸してくれませんでした。

ところで、最近どうもついていません。夏合宿で捻挫して以来、チームにあまり貢献出来ておらず、怪我人が増えてきて出番が回ってきた先日の東大との合同練で、開始早々に頭突きを思いっきりくらって歯を折り顎を切ってしまいました。
おかげで食べ物は限定されるわ、麻酔をばんばん打たれてめちゃくちゃ痛い思いするわ、らりった田舎のヤンキー呼ばわりされるわで、いいことありません。

また、買ったばかりの教科書をどこかで無くしてしまいました。3000円もしたのに…

こんないいことないづくめの僕を、女の子に癒してもらいたいのですが、そんな女の子は現実世界にはいないので、ラブプラスの女の子に癒してほしいです。

てことで、稲野には早くラブプラスで飽きるほど女の子とデートして、早く僕に回してほしいです。


では、こんなとこで。
次は僕が歯を折ったときに心配してくれているようで実はあまり心配していなかった石島さんよろしく。

<< 2012年10月 >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)