大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2012/3

<<前へ

後輩を入れなきゃ・・・

投稿日時:2012/03/30(金) 01:20

こんばんは。
・・・こんな深い時間に部日記を書いていると明日の練習で先輩に怒られそうで不安な小池です。

僕は先日やっと誕生日を迎えることになり、19歳という年齢になったわけでありますが、
部内最年少であることには変わらず、
早く後輩ができないかと、新歓行事に勤しんでいるこの頃です。

何人かの新入生の皆さんが見ていることを願って書きます。
先日のサークル紹介で多くのひとが、ラグビー部という言葉を聞いただけで
、自分は体が大きくないし、そんな激しいスポーツなんかできないと、一歩引いてしまったと思います。
その気持ちはすごくわかります。。。
しかし、自分自身も含め多くの部員が決して体が大きかったわけではないですし、
そのような人たちを温かく迎えてくれるのが
ラグビー部であったと
一年生の時の自分を思い浮かべると、そう思えます。

だから是非これからも多くのイベントを一橋ラグビー部は行っているので、
一度は来てみませんかーー
また女の子も優しいマネージャーがいらっしゃるので、
積極的に来てください。


またラグビー部はTwitterやFacebookもやっているので、
そちらでもイベント情報など確認できます。


なんかすごくまじめな部日記になってしまいましたが
すごく眠いので、この辺で・・・・・・・・


では次はサークル紹介で目覚しい仕事振りを発揮してくれた寺島君で。

人間ってすごいですね…

投稿日時:2012/03/21(水) 23:59

こんばんは。
書き出しに10分位悩んだ挙句、何も思いつかなかったので何も書かないことにした仲野です。


先日のOB総会では一橋ラグビー部がOBの方々あっての団体だということに改めて気づかされました。OBの方々の激励に応えられるよう日々邁進していきますので、今後も暖かい声援をよろしくお願いします。




先週末は今シーズンの初戦である東大戦が行われました。
久しぶりに試合をして自分に足りないものがまだまだたくさんあることがわかったのですが、それに加え人体の凄さを認識した1日でもありました。指の脱臼で指があらぬ方向に曲がったのですが、曲がったということは結局「あらぬ」方向ではなかったということですね。なんかリミッターをはずして強くなれたような気がしています。いや、強くなっているはずです。自分の肉体に新たな可能性を見いだせたので今週末の試合では前回よりいいプレーを披露できる、かもしれません。



さて、新入生の皆さんはこれからいろいろな新歓イベントがあるとおもいますがぜひラグビー部のイベントにも来てみてください。もちろん痛いおもいをするなんてことは決してありません。個性の強い先輩方や同期がうまく共生できている、そんなラグビー部の魅力に気づけていただければ幸いです。



次は体調を崩して少し心配な小池さんで。






初戦!

投稿日時:2012/03/18(日) 00:59

こんばんは。 体年齢が実年齢の2倍を越え、割りと真剣に悩んでいる伊原、もといシーサーです。 シーサーとは"獅子"の沖縄方言らしいのですが、それとは遠くかけ離れたこのぽっこりお腹はどうしたものでしょうか。 それはさておき、先日は前期合格者の合格手続きがあり、もちろんラグビー部も新歓してきました。 嬉しいことにラグビー部に興味を持ってくれた新入生もいるようで、明日の東大戦も観に来てくれるそうです。 ラグビー経験者も、未経験者も、「らぐびー?何それ?」という人も、是非とも一度と言わず何度でもラグビー場に足を運んでもらって、肌でラグビーの面白さや、ラグビー部の空気を感じて欲しいものです。 さらっと書いてしまいましたが、明日、というか今日は東京大学との試合があります。 この冬は基礎練や体づくりに励んできましたが、その成果が表れる最初の場になるかと思います。 新チームの初戦を勝利で飾って、秋に向けて幸先のいいスタートを切りましょう。 では次は、東大戦で活躍間違いなしのはず、仲野で。

日高屋って関東ローカルなんだってね…

投稿日時:2012/03/14(水) 00:05

こんにちは!
業界デビューを狙う稲野です!
中畑と雅月コンパで何かやるかもしれないしやらないかもしれない稲野です!


もう3月なのに相変わらず寒いですね。
大学通りの桜も咲くのか咲かないのか、中途半端なままです。
一度満開になれば、それはそれは筆舌に尽くしがたいのですが…
早く咲き乱れて欲しいものです。
新入生の皆さんもぜひ楽しみにしていて下さい!

ちなみに、国立駅立川方面のホームから見る桜並木がお気に入りです。
一人で「フヒヒwww」とにやけながらホームの外を眺める赤いエナメルを背負った体の大きなモミアゲのおっさんがいたら、それは僕でほぼ間違いありません。
声をかけてくれた人にはもれなく日高屋のモリモリ券をあげちゃうゾ!
国立駅で僕と握手!!


ここで本題、先人にならってラグビー部のちょっとイイトコ紹介しちゃうヨ!
なんといっても人がいいのがラグビー部!
というかいろんな種類の人が共存できるのがラグビー部のすごいところ。
ポッチャリもガチムチもノッポもチビも草食系も肉食系もイケメンも森ガールも内気も勝気もシーサーも小池も皆仲良くラグビーしてます。
30人程度の部活ではありますが、マジで濃いキャラクターたちが君を待ってます。
先輩たちは君のマジで濃いキャラクターを喉から手が出るほど欲しています。
ラグビーについて何も知らなくても別に構いません。
まずはコンパに来てみよう!
きっと先輩たちが手とり足とり笑いをとりながら懇切丁寧に教えてくれるはず!

ということで、今日明日と合格手続きの間ラグビー部はブースをどっしり構えて新入生を待っています。
赤いウインドブレーカーないしはパーカーの人たちに話しかけられたら、「ちょっと急いでるんで…」とか言わずに話だけでも聞いてください。
言ってくれればご飯だっておごってあげちゃう!


では次はラグビー部のマスコット、シーサーで。
もとい伊原で。

熱いぜ!一橋大学ラグビー部

投稿日時:2012/03/12(月) 17:00


こんにちは。
新しく始動したチームが連日勝利を収めている、絶好調中畑です。
次はラグビーでも初戦の東大戦を勝利で飾ります。
 
 
さて、先日我らが一橋大学でも合格発表が行われ、早くも多くの新入生その他とお話しすることができました。
皆幸せそうな笑顔を見せてくれます。
彼らとこれから楽しい時間をラグビー部で過ごせるよう、私も伊原も笑顔で頑張りたいです!
就活には負けません。

と、同時にこの時期には、卒業式を控えるほか、新四年生方がせわしく就職活動に追われている様子が見受けられます。
私は、そんな出逢いと別れの裏側に、日々是成長、皆が着実に未来へ一歩一歩踏み出していることの力強さを感じます。
 思えば私も、入学してからのこの一年間には、沢山の出逢いと別れ…もとい別れと出逢いがありました。
 

振り返ってみると、入学したての頃の私は、まさか今自分がこうしてラグビー部に入っていることや、単位が来るかドキドキしていることなどまるで想像もできずに、ただただ東京はこったにあったけぇんだなぁーポカポカなどと感心しているばかりでした。
 夏には、まさか東京がここまで熱くなるものだとは思ってもおらず青森が恋しくなりましたし、青森が恋しいと言えば、おはしガストへ出向くこともなくただでさえ暑い東京の夏に目頭まで熱くさせていました。ついでに、タマショーに本当に入れるとは思ってもいませんでした。
 
 
 
この一年間本当にたくさんのことがありました。
ラグビー、勉強、私生活、そのどれもが充実したもので、私を突き動かす原動力となり、小さいながら成長の一歩を踏み出させてくれました。
そして、どれも偏にこの一橋大学ラグビー部に入部したことのお蔭であると確信しています。
 

来る入学を控える新一年生の皆さんには、是非一度一橋大学ラグビー部へ顔を出していただき、ラグビー部の魅力を存分に感じてもらいたいと思います。
そして、大学生活四年間をかけて、皆で肩を寄せ合い着実に輝かしい未来へと歩んでいこうではありませんか!
 
 
それでは次は、僕にメールの返事をくれない三浦
・・・ではなく、何かと頑張ってくれる頼れる男優しい男代表、稲野で! 
«前へ

<< 2012年3月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)