大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2013/8

漁師の嫁ってどのくらい魚介類食べられるのかな

投稿日時:2013/08/31(土) 13:48


って最近よく考えます。
それ次第ではなってもいいです。

はじめまして!

社会学部1年の池田真由です。

神奈川県にある、私立桐蔭学園高校出身です。
この桐蔭学園、高校2年生までは男女が完全に分けられていて、そんでもって3年目で合流する!という珍しいシステムの高校です。

同期の片野田くんの存在には、3年の秋ごろ
友人に「え、片野田くん知らないの?頭いいのにめっちゃ面白い人だよ!真由と英語同じクラスじゃん!」
と言われて気付きました。
そこで国語も数学も同じクラスだったことに気付きました。
それから注目してみたら、彼の面白さはカリスマ級でしたね(*^^*)
個人的には校内でのメイド服姿が印象に残っています。



私は園芸部と書道部を兼部していて、
園芸部のほうは収穫のころ合いを見計らってじょじょに顔を出し始め、
ちゃっかり人の育てた新鮮野菜を頂き
書道部では数々の賞をとる実力派の友人の隣で顧問とひたすらだべるというぐーたら部員でした。


そんな私がラグビーと出会ったのは、高2の頃。キャンプへと向かうバスの中で見たテレビ中継です。
桐蔭学園ラグビー部が、鮮やかなプレーを展開するのを見て、直感的にかっこいい(゜o゜)!とびびびときました。
スポーツを見てあんなにわくわくしたのは初めてでした。

高3になり、男子のグラウンドがある校舎へと移ると
登下校時には泥まみれになりながら真剣に練習するラガーマンたちを横目にみて
「すてきだなー!練習ファイト!」と心の中でひそかに応援していました。

それから時は過ぎて・・・

無事第一志望の一橋大学に合格。様々な部・サークルを回りましたが
上クラかつ同クラののりさんが熱心に新歓して下さったこともあり、
今ここに至ります。


ちなみにラフティング部にも興味がありましたが、
母に「あんたがやったら確実に死ぬからやめな!」と反対されて断念しました。
今度プライベートで川でも下ってこようかな、と思います。


合宿中、同期の田口くんをはじめとするプレーヤーの皆にルールを教えてもらって
今ではただ「かっこいい!」だけじゃなく、
「今のナイスキックだったな~」とか思えるようになりました。楽しいです(^o^)丿

不謹慎かもしれませんが、お気に入りの反則は“ノット・ロールアウェイ”です(^◇^)
なんか響きがね。
もちろん試合中は見ることのないように願ってます。



これからはラグビー部の一員として、プレーヤーを外から応援するのではなく、
一緒に目標を目指していけたらいいなと思います。
倫子さんのお話を聞いて感銘をうけました。倫子さん尊敬しております。


ラグビーほんとにかっこいいです。


同期が試合でも活躍しはじめていて嬉しいです(●^o^●)


おわり(^O^)


次はぱっつん前髪がキュートな能天気お姉さん、はるかで!



昨日までテストで今日から合宿

投稿日時:2013/08/01(木) 15:34

はじめまして、こんにちは。商学部一年の熊谷康介です。



まず始めに、今までブログ更新を怠ってしまい申し訳ありませんでした。書こう書こうとは思っていたのですが、どうもタイピングしようとキーボードをたたいていると、知らず知らずのうちにピアノの鍵盤を叩いていて、なかなかブログの更新までたどり着くことができませんでした。
ブログやウェブサイトなどは、内容ももちろん大事ですけど、やはり更新頻度というものがとても大切だと思います。本当に申し訳ありませんでした。そこで反省の意をこめつつ、ちょっと今年の一年生の部日記の更新頻度を調べてみました。

ずばり、平均更新時間は672492秒(
7日と18時間48分)です。
個別に見ていくと、最短記録保持者は約40時間で更新した花見です。
最長記録保持者は約420時間で更新した藤井です。


ちなみに、偏差値でいうと、花見が38.3、藤井が68.4でした。
あの一橋大学の学生を母集団としての偏差値68.4というのは正直すごいと思います。尊敬に値します。それと引き換え花見は・・・ ┐(-。ー;)┌ 


今回の30分にもわたる計算を通して僕が学んだことは、偏差値は高ければいいもんではない、ということです<m(__)m>


さて、気を取り直して自己紹介をしたいと思います。
出身高校は都立国立高校です。そうです、あの一橋大学のある国立市にある国立高校です。ちなみに「くにたち」と読みます。たまに、一橋に入学してから「こくりつ」ではなくて「くにたち」と読むことを知った、という人がいるので、今のうちにこっそり教えておいてあげたいと思います。

ということで、国立は3年間通い詰めた場所であり、もううんざりしる、というのが正直なところです

ではなぜ一橋大学に通っているかって?

答えは簡単です。駅が近いからです。
高校時代に何度

「一橋大学の位置に国立高校があったらなぁ」
と思ったことか。この長く面倒な大学通りを歩かずにすむのに。国立高校は国立駅を出て一橋大学を過ぎて、さらに10分以上歩いたところにあります。めちゃくちゃ遠いのです。
高校時代の僕にとって徒歩5分で着く一橋大学は魅力でしかありませんでした。

気付いたら志望校は一橋大学。志望理由は大学通りをあまり歩かなくてすむから。
そんな志望理由だったためか、僕はこの大学に入学するまでに「浪人」という長く険しい道を歩くことになってしまいましたが。



自己紹介はまだまだ続きます。


僕の苗字は熊谷です。「くまがい」と読みます。

しかし、某先輩が僕のことをひたすら「くまがや」と呼ぶのです。熊谷の
名を持つ者から言わせてもらいますと、「くまがや」とよばれるのは日常茶飯事過ぎて訂正するのも面倒なわけですが、最近ふと思いついて調べてみると衝撃の事実に気づいてしまいました。
 


石川県珠洲市熊谷
徳島県阿南市熊谷

山口県萩市熊谷
岡山県阿哲郡熊谷村
熊谷さん 
熊谷さん
熊谷さん

これ全部熊谷の呼び方が違います。上から、「くまたに」「くまんたに」「くまだに」「くまがや」「くまがい」「くまたに」「くまがえ」
あまりのバラエティーの豊かさに悪いのはその先輩ではなく熊谷という苗字をもってしまった僕なんだな、ということに気づきました。




自己紹介は終わる気配を見せません。



 

趣味は冒頭でも述べました通りピアノです。家にいる間はピアノをしているか寝ているかです。このブログを書いている間にも何度弾きたい衝動に駆られたことか。そして何度も弾いてきました。好きな作曲家は僕と出身地が同じC.M.v.Weberです。正式には、 Carl Maria Friedrich Ernst von Weberです。なぜ彼が好きかって、やはり彼の音楽は僕の故郷を連想させるからだと思います。



あとは体を鍛えることです。浪人時代もコンスタントに筋トレしていたおかげで、危うく一橋大学に落ちるとこでした。+20点でした。
そして最近の悩みは、ピアノの上達と筋肉の発達は反比例の関係にあるのではないか、ということです。



さて、そろそろ後輩の菅平合宿にいくので失礼したいと思います。
長々とお読みいただきありがとうございました。

私をもちまして新一年プレーヤーの自己紹介は終了したので、次はマネージャーにバトンタッチしたいと思います!
それでは、次のブログはラグビー大好き!不思議の国のまゆちゃんで!!

 

<< 2013年8月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)