大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2014/12

感謝を込めて

投稿日時:2014/12/14(日) 01:32

こんばんは。 素直なさあやちゃん&まゆちゃん、素敵な部日記ありがとう。改めまして、本年度主将を務めます、稲野です。もう後一日で、務めました、に変わります。 前回はお見苦しい部日記大変失礼しました。今回は後編ということで、本当に最後ということで、後輩マネージャーに倣って素直な気持ちを記したいと思います。 この一年間、辛かったかと聞かれれば、その通りです。でも、楽しかったかと聞かれれば、それもまたその通りです。辛いことは沢山ありました。自分の思い通りにいかないことの方が多くありました。自分の至らない点はその100倍はありました。日々の練習で、声が届かないこともありました。ジョグセット~とか言いながら後ろを振り向くと、皆歩いてたりしました。 でも、そんなときでも、必ずサネチカが真っ先に声をあげて、練習の密度をあげてくれました。雰囲気が緩みそうな時、仲野がしめてくれました。サボり気味の鋤柄のケツを峰吉が叩いてくれました。でも、鋤柄も慣れないスローイングを懸命に練習してくれました。ノリも君武も練習中に必要だと思ったことを口に出してくれました。練習の質が上がりました。飯島さんは練習に厳しさを、お風呂にセーターを持ち込んでくれました。藤井からは指示の声がよく聞こえました。でも、練習で一番声を出してくれたのは、立石だと思います。 しんちゃんはサインこそ間違えど、いつも一生懸命でした。ガッキーも和田も、対戦相手のトレースに徹してくれました。三治も夏目も、ユニットを盛りあげてくれました。でも、一番楽しませてくれたのは、八木沼でした。トイメンで一番嫌だったのは敬太さんでした。でも、同じ3番として高橋には勝てる気がしません。祥真は4年のいないバックローをよくまとめてくれました。 今年は本当に多くの1年生が入ってくれて、チームにグッと厚みが増しました。そんな中で、遠藤がBチームを鼓舞してくれました。堀切、小林には何度も抜かれてしまいました。花見がウエイト数値が上がってると嬉しそうに言った時、俺も嬉しかったです。広大は自分で考える力を持っていて、しっかり意見をくれました。野村は、そんな後輩たちに刺激されてか、去年より頼もしくなりました。山本はボヤァっとしながらも、素直にアドバイスを受け入れます。木村は人一倍考えてラグビーをしていました。本田は怪我が本当に勿体なかったなぁ。絶対これから上手くなるよ。 ガクトシいじってごめんね。ハードワーカーであることはちゃんと認めてます。片野田いじってごめんね。いや、お前はそれぐらいが丁度いいか。 玉代勢が入ってきたとき、スマートだと思いました。ゆうきちは入ってきたとき無口だと思いました。でも、二人ともプレーは泥臭くて激しくて、頼もしい限りです。また、バックローの人選は常に悩みの種でした。特に宮川には悩まされました。声出して、体張って、よく走る、鏡のようなFLを頭から使わないのは、今年のチームの一番の贅沢です。 ここまで、とりとめのない文章ですみません。本当は最も簡潔にまとめるつもりでした。要は、皆ありがとうってことです。でも、なんだか収まりがつかなくて、全然眠れなくて、色んな感情が沸いてきて、手汗がすごいことになっています。せっかくなのでもう少しだけ、駄文にお付き合いください。 マネージャー。無頓着な主将の下で、細かいことまで気がついてよく動いてくれました。そのくせ偉そうに説教垂れたりしてごめんなさい。最後まで優しくしてくれてありがとう。 細かいことと言えば、小池には世話になりました。時たま適当だったりしますが、自分で動いてくれて助かりました。伊原は逆に動かなかったけど、黙々とリハビリをこなす姿は勇気付けられました。  藤原。我慢させてごめん。今年のチームのために頑張りたいって言ってくれて嬉しかった。 田口。強くなって帰ってきてくれてありがとう。チームのために体を張ってくれてありがとう。どうかもうひとつだけ、お願いします。 今隣でイビキかいてる熊谷。続けてくれてありがとう。これで少しは有言実行したかな? 岩渕。怪我して、授業があって、ろくに試合も練習も出来ないのに、皆が撤収したグラウンドでいつもランニングしてました。お前みたいなのがいるから、今年はここまで来られたんだと思う。ありがとう。 岡崎。間違いなく今年一番の成長を見せてくれました。分析する度に、なんでこんなに走るんだろうと思うほど、走りまくってくれました。ありがとう。 山本さん。コーチというより、学生の兄貴分として立ち振る舞ってもらい、このチームに余裕をもたらして頂きました。ありがとうございました。 倫子さん。去年の言葉からの今日の言葉は流石に効きました。裏方に徹しながらも、怪我人をパワーアップさせて戻してくださりありがとうございました。 竹内さん。筋力以上に、勇気を頂きました。初戦を前に怖じ気付く自分を、奮い起たせてくださり、ありがとうございました。 竹内さんの筋トレとセットで部員を強くしたのは、阿久津さんの飯でした。本当に多大なるご支援ありがとうございました。 近藤さん、善太さん。拙い主将で、言いたいことも一杯あったことと思います。それでも最後まで信じて頂きありがとうございました。ここまで積み上げてきたものがあったからこそ、この舞台に立てました。その重みを背負って、明日闘います。 本当は、もっと感謝しなければならない方々がいらっしゃいます。本当に、多くの方々に支えられ、ここまでやって来られました。90年の歴史の中で、様々な方々の様々な思いが、努力が、あったからこそ、ここまで強くなれました。ろくに運動も出来ない、デブなガキんちょが、ラグビーに出会い、こんなに多くのものを頂いて、成長することが出来ました。 1年間ありがとうございました。 心からラグビーやっててよかったなぁ。 最後に、寺島。最後までこの頭の悪い主将を支えてくれてありがとう。そして、中畑。なけなしの金で買ったウイダー、確かに受けとりました。お前の分まで闘います。

平日のブルース

投稿日時:2014/12/10(水) 00:23



高校2年生のときの担任への寄せ書きに、「先生のような図太い女になりたいです」と記し複雑な表情をされたのを覚えています。


こんな気持ちだったんですね。
こんばんは。図太い2年マネージャー池田です。



ええ、今年の三商を過ぎたあたり、ミーティングルーム、グラウンド、至るところで放たれる中畑さんの下ネタに
「...あれ、これ...大したことないんですけど。むしろ笑えちゃうんですけど?」という感想が芽生えたことに戸惑いつつも、
「下ネタとか絶対無理ですほんとやめてください怒」的立ち位置を守るためにわざとらしく怪訝な表情を浮かべる自分に気付いたときから、そろそろ限界を感じてはいました。

己の変化に葛藤する過渡期を経た現在、巨匠・黒川さんに怯えていたかつての私はもういません。


と、カミングアウトをしたところで

そうそう、稲野組の好きなところ5つでしたね。

正直さあやちゃんからの部日記パスに、そんないい感じの文書いた後にやめてくれと思ったことはここでは言わないでおくとして、
私なりに一生懸命考えてみました。


1.年生が可愛い
2.年生が優しい
3.年生が陽気
4.年生が頼もしい
5.年生がいる(笑)



こんなところでしょうか。
すぐさま小池さんから適当だとの指摘を受けそうなのですが、実はこれ、本当に適当です。


好きな人の好きなところをいくつ並べたところで、その人の顔を浮かべたり、一緒に過ごした日々をふと思い返したり、いなくなっちゃうって考えただけできゅゅううんとなる胸の感じとかは到底表せません。
稲野組に対して、今、まさにそんな想いです。


さあやちゃんも言っていたように本当に恐縮なのですが、私も言いたいことを少し、ここで言うべきことだけ!

ひとりひとりが魅力的で、偉大な、愛すべき先輩たちでした。
何よりもラグビーへの愛を感じていました。

こんな素敵なチームを、私たちへの導きを、ありがとうございます。


...なんだか過去形で書いちゃいましたが、もちろん稲野組はまだ終わっていません!
この週末には、その手で摑み取った前代未聞の入れ替え戦が待っています!

繋ぎはそろそろおしまいにして、
お次は我らが、稲野翔平主将!
稲野さん、私は、稲野さんの輪郭が好きです!

好きなところは全部、既出だったもので・・・。

約1時間考えた末に、1周回ってでた答えです、許して下さい!


ではDeepでHotな部日記後篇、お願いします!!

 

ぺっちゃんこになりそう

投稿日時:2014/12/07(日) 19:35

こんばんは。
たいへん名誉なことに稲野主将から部日記を回していただいた、1年マネージャーの今仁咲彩です。
4年生から回ってきたという重圧に加え、ささやかな課題をいただき、大いに戸惑っています。
何はともあれせっかくの部日記ですので、なまいきな憎まれ口は慎みたいと思います。

それではさっそくですが、書き忘れないうちに!稲野さんの好きなところTOP10!いきたいと思います 'ω'

1.熱い
2.頼もしい
3.ユーモアセンス
4.マッチョ
5.おちゃめ
6.奥ゆかしい
7.寛大
8.厳しい時とふざけてる時のギャップ
9.ちょっと繊細
10.キュート

こんな感じでいかがでしょう!なかなかに共感をいただけるのではないでしょうか。
ちなみに10番目の「キュート」は、レンジでおにぎりを温めすぎてしまった稲野さんが頑張っておにぎりを冷ましている光景に心を奪われ、急遽参戦させました。2日前のことです。


さて、稲野主将からのミッションは無事コンプリートされました!
これだけで終わるのもなんだか寂しいのでいろいろ書いてはみたのですが、どうも感傷が過ぎてしまいます。
ここでしんみり長々と語るのは繋ぎ役の仕事ではないでしょう…が、言いたいことを少し、ここで言うべきことだけ!
4年生、大好きな稲野組を作り、引っ張ってくださって、ありがとうございます。
1週間後の入替戦が最高の試合になるように、精いっぱい微力を尽くします。

こんな大事なお礼を言う機会をもらったのがこんな1年坊で申し訳ありません!
言い残したことは自分の口から言うので、これ以上は遠慮いたします'ω'

というわけでさらっと次にいきたいと思います!
次の繋ぎ役、すなわち主将への真の繋ぎ役は、やっぱりマネージャーがサポート力を発揮するべきでしょう!
稲野さんの部日記でフェイントをかけられていたまゆさん!
稲野組の好きなところ5つといっしょに、お願いします!!

<< 2014年12月 >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)