大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2014/2

The Great Hanamy

投稿日時:2014/02/27(木) 21:29

どうも。フィッツジェラルドのThe Great Gatsbyを愛してやまない、天然パーマが悪化が深刻な花見です。

先日久しぶりにお会いした新見さんに「お前お洒落天パからフツーの天パになったな笑」と言われたことを地味に気にしています。

天然パーマというのはホルモンバランスの変化によって悪化するらしいです。もっと言うと男性ホルモンが増えるとよりくるくるするらしいです。困ったことに筋トレをすると男性ホルモンが増えるんですよね。筋肉はつけたいけど、これ以上くるくるしないでほしいというディレンマに陥っております。
ユニークな対処の仕方をご存知の方は教えてください。

今回の部日記は夏目から回ってきましたが、過去に僕のことを同じ穴の狢と評したり、夏目は僕のことが好きみたいですね。
僕からすると夏目からのアプローチはいりません。美女からのアプローチは随時募集中です。

夏目が僕に勝手にシンパシーを抱いているせいで最近困った問題が起きています。




そう、それは「呼び間違い」です。

僕と夏目のどこが似ているのかさっぱりわかりませんが、なぜかよく間違えられます。同期は間違え無かったのに最近田口に間違えられました。
あまりに夏目と呼び間違えられるので夏目が呼ばれてても偶に反応してしまいます。
おそらくこんな事態を招いたのはとある先輩がわざと僕のことを夏目と呼び間違えるからでしょう。

新シーズンではちゃんと「花見」とよばれたいものです。切に願っております。

次は、去年の新歓で僕に甘い誘惑のメールを送った、我らが頼れるエース、仲野さんお願いします。


 

シーズンイン直前に思うこと

投稿日時:2014/02/25(火) 17:02

 冬オフ中失礼します。2014年度シーズンより新たにプレーヤーとしてチームに合流させて頂いております夏目です。2013年度5月よりチームにトレーナーとして関わらさせて頂いておりましたが、思うところがあって今に至ります。

 私がラグビーを初めて観たのはいつだったでしょうか、東京外大との新歓試合だったような気がします。隣にいた非常に大きく頼もしい先輩がルール解説をしてくれたのですが、ぼそぼそ言っていて全く理解できませんでした。どうしてこの先輩は新入生のように私服を着て我々と同じベンチに座っているのだろうか、と当時新入生とは思えないオーラを漂わせ一橋ラグビー部の部員としてすでに確固たる地位を築き始めていた田口さんを不思議に思っていました。もう二度とここには来ないと思っていましたが、パスタ屋に連れて行ってくれた寺島さんの笑顔や、「温野菜」の帰り道わざわざ駅まで送ってくれたサネさんと井原さんの哀愁感、クラス別オリエンテーションが終わってボッチ飯を覚悟していた私を救ってくれた上クラの祥真さんの頼もしさ、などを思い出すと新歓の誘いをどうしても断れませんでした。しかし受験生時代に一橋でお茶を淹れることを夢見て勉強を頑張ってきた文化系サークル肌の私には、週5のガチガチの体育会系は荷が重すぎました。そのようなわけでいきなりプレーヤーとして始めるのではなく、最初は裏方を通してラグビーを知ることから始めようと思ったのが直接的な入部動機です。

 ですが、覚悟が足りませんでした。入部2日目に土砂降りの中グラウンドに立ち続けた時は死ぬかと思いました。その日はたしか東芝の望月さんがいらっしゃった時で、今思えば感無量なのですが、当時の私にはそのすごさが全く分かりませんでした。翌日の武蔵戦では、中学野球部時代に培われた無給水文化をそのまま体現し、またまた死にそうになったのを覚えています。本当は今すぐここから立ち去りたい気持ちでしたが、辛い練習をしているのにわけもなく面白い人たちがたくさんいて、泣きたい気持ちなのに泣けませんでした。特に初めて会ったときに武蔵野線あるあるを惜しげもなく語ってくれた稲野主将には衝撃を受けました。大学にはこんなに面白い人たちがいるんだ、と思いました。

 上智戦が終わった瞬間に何か吹っ切れたような気がしました。涙が拭いても拭いても出てきました。悔しくて悔しくて仕方がなかったです。自分が本当にやりたいことは何だったのだろうか。3勝することがこんなに大変なことだったとは。そのために貴重な学生生活をラグビーに注ぎ込んで命をかけて戦っている人、それを献身的に支える人がいることに初めて気づきました。それを分からずしてこのスポーツの面白さなんて分からない。80分間にどれだけの人の思いがそこにあるか。とても偉そうなことを言ってしまい申し訳ありません。覚悟をもって3年間頑張ります。夏を知らない男が3月から1月までひたむきにラグビーに取り組む姿をお届けしなければなりません。

 俺のココに注目してほしい! ・・・ 声
 トップリーグ憧れの選手 ・・・ 和田拓選手(キャノン)
 辛いウエイトメニュー ・・・ スクワットのおもりをつけているとき
 ラグビーの魅力 ・・・ 例えば菅平のセブンに行けば知り合いに必ず出くわすような
 今年の目標 ・・・ B戦出場&体重77kg
 最後に一言 ・・・ ラグビー場の雪かきをしてくれたラクロス部、その他関係者の方々に厚くお礼申し上げます。

 次は夏とレシピを知っている男、花見さんで。
 

なんでんかんでんがんばらんば

投稿日時:2014/02/22(土) 21:09

 
 更新遅れてすいません。出田です。期末テストを終えてからは数理情報科目をこの半期で14単位取りきった(であろう)安堵感に満ち溢れています。よく背水の陣や火事場の馬鹿力といった言葉を聞きますが、こういったことをいうのであろうと思います。おかげ様で日常的な挨拶ができるぐらいまでアラビア語を覚えることもできました。
 
 
 いつの間にか冬オフも半分以上過ぎていましてオフはもっぱら家業の手伝いのために帰省で過ごしました。テスト明けすぐに帰省したので東京の大雪のこともニュースで知りました。長崎は温暖な日々が続いています。実家には10歳年上の兄がいるのでもう1才の姪っ子がいるのですが、なかなか自分になついてくれないので困っています。誰か子供のあやし方を教えてほしいです。

 実家の手伝いには岡崎と三治と野村もきてくれていまして、長崎観光にも行きました。そこで地元の島原城にも行き、武士の鎧を着て写真を撮ってくれるところがあったのですが実は岡崎は真田幸村で有名な真田家の末裔とのことで、よく似合っていたので載せておこうと思います。普段はアイドルに夢中の大学生には見えない勇ましさですね。

 次の部日記は新プレイヤーの夏目で!!

<< 2014年2月 >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)