大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2014/5

There is no 'I' in "TEAM"

投稿日時:2014/05/25(日) 02:31

こんばんは!今年度新歓隊長を務めさせていただきました3年の福山です。

 

まずはじめに部日記の更新が大幅に遅れてしまい、本当に申し訳ありませんでした。この2ヶ月ちょっと、本当に、冗談抜きで忙しかったです。真剣に新歓活動に取り組んでいたということにしといてください。後、立石さんが僕に部日記を回したことを言わなかったのも…

 

そんなことより、新歓おつかれさまでした!!

OBの方々の手厚いご支援、心よりお礼申し上げます。就活で自分のことでもいっぱいいっぱいで、精神的にも体力的にもきつく、忙しい中新歓活動に参加して頂いた4年生の皆さん、本当にありがとうございました。僕の言うことやることに文句一つ言わず、全力で新歓活動に励んでくれた2年生の皆、本当にありがとう。新歓合宿などでは普段以上に積極的に新入生とコミュニケーションをとってくれたんだなと本当に感激しています。中にはコミュニケーションをとりすぎた人もいるようですが。笑 そして何より、切羽詰まっていた僕を、たまには文句をいいつつも、なんだかんだしっかり支えてくれた同期の皆。本当にありがとう。言い争いもしたけど、皆がいたから新歓活動がスムーズにいったし、心配性な僕も精神やられないですみました。今となっては良い経験なので、この経験をしっかり2年生に伝えて、来年の新歓成功につながるようにしましょう。皆大好きです。あ、後サンジ立て看板ありがとう!実は、同期のサンジさんがどの団体よりもかっこいい立て看板を作って東生協の入り口に設置してくれたおかげでラグビー部の大学内においての認知度が高まりました。

サンジさんくぅーー!あとお誕生日おめでとう!!!

 

そして…皆さんのおかげで、昨日また一人マネージャーが入部宣言してくれて、プレーヤー14人、マネージャー4人の計18人もの新入部員を迎え入れることができました!今年度は幸いなことに、多くのラグビー経験者が入学し、我がラグビー部への入部を決めてくれました。ラグビー部の新歓活動に来てくれた新入生の皆さん、ありがとう!
そして何よりラグビー部に入部することを決めてくれたの新入部員の皆さん、入部ありがとう&おめでとう!!


これから大学生活でも部活でも、楽しいこと笑えることがたくさんあるでしょう。そんな時は存分に、おもいっきり楽しんでください!たった一度の大学生活を楽しまなきゃ損ですよ!

 

...と同時につらいことや心が折れそうになることもたくさんあるでしょう。そんな時はつらいことを一緒に乗り越えてくれる同期の皆がいることを忘れないでください。そして何より、多くの挫折にも屈せずラグビー部を支えてきた先輩方がいることも。何についてでも、いつでも気軽に相談してください。ラグビー部の一員になった瞬間から家族です。何かがあったら僕を含め、多くの先輩方が真剣に話を聞いてくれます。

自分がボールを持ったらチームメイトが何が何でもサポートしてくれると信じて走る。チームメイトがボールを持ったら何が何でもサポートにいく。ラグビーってそういうスポーツだと思います。One for all, all for one、この精神をピッチの中でも、ピッチの外でも持っている、それがラグビー部の良いところだと思います。一人の悩みは全員の悩み。一人の喜びは全員の喜び。これから皆でより強い絆を築いていきましょう。

4年間続けたら必ず、つらいことがあっても楽しいはずです。

4年間続けたら必ず、今よりもっと成長した人間になっているはずです。


いつの日か必ず、今味わう痛みや苦しみが意味をなす日がくるはずです。

だからこそ、皆でがんばろう!

cheers




 

また長くなってしまったのでここらへんにしておきます。では次は、今年度一番最初に入部を決めてくれたかわいくて、純粋な目をしている宮川君で!

<< 2014年5月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)