大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2014/6

<<前へ

どうもすみませんでした。

投稿日時:2014/06/25(水) 23:05

 はじめまして、木村から部日記を預かりました玉代勢光熙(たまよせこうき)です。

 突然ですが、一つこの場を借りてお詫びを申し上げたいと思います。先日、この一橋大学ラグビー部のホームページのメンバー紹介において少々誤解を招くような内容を書いてしまいました。本当に申し訳ございませんでした。あの記事を載せて以来、「本当にそっち系なの?」と真面目に心配されることがありますが、決してそのような事実はございません。私はそっち系ではありません。男が好きではありません。女が好きです。

 というわけで、自己紹介をしたいと思います。僕は都立青山高校出身で、現在のメンバーでいえば代はかぶっていませんが飯島先輩と同じ高校です。ラグビーは高校から始めました。それまではラグビーとはまったく無縁で、剣道やバスケをやってました。高校でもそのどちらかをやる予定でしたが、ラグビー部の体験会に行ったときに、「ちょっとボール投げてみな、君センスあるねー」「足早いねー、50メートル何秒?」と、いわゆるラグビー詐欺にあってしまいました。当時の僕はその上手い言葉に踊らされ、結局ラグビー部に入部してしまいました。今思えば完全にだまされていましたが、まったく後悔はしていません。むしろラグビーに出会えてよかったと思います。

 そんなことでラグビーを始めた僕ですが、高校時代には都立高校大会で一橋大学のグラウンドには三回ほど訪れて試合をしたことがあります。また高校のときのA戦デビューもあのグラウンドでした。その時の印象としては、普段土のグラウンドで練習していたのですごくいいなと思った記憶があります。一橋大学を志望してからもあの人工芝のグラウンドでラグビーをしたいという思いが強くありました。むしろそれだけを考えて勉強していました。だから、今こうして憧れていたグラウンドでラグビーができることに幸せを感じています。これからもこのようなすばらしい環境を整えていつも支援してくださるOB、保護者の方々に感謝しながら、少しでも多く勝てるよう日々精進していきたいと思います。

 最後にこれからの目標ですが、高校のときのポジションがウイング→スタンドだったので、しばらくはウイング時々スタンドのような形でA戦出場を目指して頑張っていきたいと思います。
 次はフォワードの流れなので、名門県千葉出身で、家での掃除、料理は完ぺき、ラグビー部のガッキーこと高垣に回します。





 

念願の一橋ラグビー部

投稿日時:2014/06/22(日) 20:14

 
  はじめまして、静岡高校出身の木村理(さとる)です。あだ名として『きむらり』と呼ばれることが多いです。実は前回の日記を書いた小林佑弥とは高校の先輩後輩関係にあたり、共にグラウンドを駆け抜けていました。僕は頭が良くないもので、受験に度々失敗し佑弥と同期になったわけです。とはいえ、高校時代からあまり敬語の得意ではなかった彼はずっとタメ口だったため、同期として活動することにそこまで違和感も感じず、知り合いがこの大学にはあまりいなかったため、むしろ彼の存在はありがたいものとなっています。笑

  彼と重複する内容となりますが、静岡高校からは宮下先輩以来の入部者ということになりました。宮下先輩とは代は被っていないものの、僕は中高大およびそれらの部活が全て同じであり、特に高校のラグビー部のOB戦や練習によく来てくださったためよく知っています。高1のときに宮下先輩が一橋ラグビー部のエナメルバッグを肩にさげて練習に来たときに純粋にかっこいいなと感じ、きっと自分の中ではそのときから『もし一橋大学に入ることができたらラグビー部に入る』というのを少しずつ意識し始め、一つの夢、目標となっていったのではないかと思います。

  高校時代はBKとしてもFWとしてもプレイする機会があったのですが、だからといって3年生の君武さんや祥真さんのように器用に何でもこなせるわけではなく、僕は広く浅く中途半端なスキルしかなくこれといって得意なスキルがありません。ですから、日々の練習や筋トレをこなし、この4年間で自分がこれだけは誰にも負けない!というような部分を絶対作りたいと考えています。

  ラグビー部は人工芝のグラウンドにお風呂、ウエイトルーム完備の部室などなど素晴らしすぎる環境が整っており、チームの先輩方はラグビーの面でも普段の生活面でもみなさん尊敬できる方が多く、このような恵まれた場に身を置き、ラグビーをプレイすることがいかに幸せなことなのかを噛み締め、感謝し、一生懸命4年間頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

それでは次は、試合中のでんぐり返りはアイデンティティ、A戦でも活躍の場を広げているBKの玉代勢に回します。


昨日まわされたことを知りました。

投稿日時:2014/06/17(火) 00:08

がくとしから 回されました。法学部1年小林佑弥です。
小林は世界にありふれてるのでゆうやでよんでくれるとうれしいです。髪の毛のばしてたんですが、ラグビー部に入るのを機にばっさりときりましたところ、多くの人が認識してくれなくなりました。また伸ばそうと思います。

僕は静岡高校出身です。そうです。あの偉大な宮下先輩以来の2代目らしいです。何度かしかあったことありませんが、静高史上No1ハーフという噂は今も引き継がれていることでしょう。

入部動機は僕も同じく一橋に入ったらラグビーときめていました。というのはラグビーが好きだからです。受験期間中にはラグビーしたい欲がとても高まってて、新歓期にはほぼほぼ毎日グランドにきてました。さらに、一橋ラグビー部には最高の環境が整っており、やらないという選択肢はなくなりました。


ちなみに、もう一つ動機がありまして、それは体のことです。現役時には体を大きくしようと食べるのをがんばっていました。それが仇となり、運動をしない受験期間中も同じ量を食べないと満足できなくなっていました。おかげで、合格するころには体重は10kg近く増えており、お腹が...となっていました。今ではなんとかもとにもどりつつあるので継続して動ける身体をつくっていきたいです。

最後に、確かに僕は走るのが苦手ですが、真面目できっちりしているということを訂正しておきたいと思います。

つぎは1番仲が良く、頼れる同期であるとともに、尊敬できるきむらせんp...きむらりにまわしたいとおもいます!

しゃべるのが面倒になることがよくあります。

投稿日時:2014/06/11(水) 00:02

岩淵君から回されました法学部一年、横田岳俊といいます。名前は、“がくとし“と読みます。なかなかない名前なので、いろんな人に覚えていただきたいです。顔は「岩っぽい」とか「サメっぽい」とか言われます。自分ではよくわかりません。どうでもいいですが、高校時代にあるラーメン屋に行ったら、いきなり店主に「なにお前、ボクシングとかでそんな顔になったの?(笑)」と言われました。失礼極まりないです。
 
自己紹介ということで、まずは出身高校の話をしたいと思います。高校は埼玉県立浦和高校に通い、ラグビー部に所属していました。浦高ラグビー部といえば、昨年は54年ぶりに全国高校ラグビー大会、通称花園に出場したということで注目を集めました。(私は残念ながら花園世代ではないです…)名門、名門と呼ばれていますが、個々が突出して能力が高いわけではありません。さらにいえば、高校の先輩である稲野さん、立石さん、藤原さんは浦高でも中心選手だったのに比べて、私はもっぱらベンチ。高校の同期からはネタキャラ扱いでした。浦高出身だからといって、私がラグビーを人よりできるかというと、決してそうではありません。ということで、日々努力して、自分なりに部の勝利に貢献できるよう頑張ります。
 
さて、自分についてもう少し言わせてもらうと、自分は人とコミュニケーションをとるのが苦手です。春休み、稲野さん、立石さん、藤原さんに「浦和会」なるものを開いていただいたのですが、そこであまりにも自分が話さなかったために、入学後しばらくの間、「友達はできたか?」等々、お三方にまるで親のように心配をさせることになってしまいました。すいません。大学に入り少し克服できるのかな、と思いましたが、結局ラグビー部が大学内でのほぼ唯一の居場所に落ち着き、法学部の授業では大抵一人ぼっちというのが現状です。よく考えてみれば、家でも時々、「もっとしゃべりなさい」と言われることがあります。チャンスなんてありません、いりません。BOOKOFFに行ってきます。
 
自分は大学で新たにフッカーとしてプレーすることにしました。しばらくはフッカーとしての基礎技術を学び、セットプレーの安定を目標にします。
次はBKの流れなので、同じ学部で何かと縁のある、同期一ハンドリングが上手い、こばやしゆうやくんに回します。

新入部員 岩淵!

投稿日時:2014/06/06(金) 22:33

どうも、宮川君からリレーを回されました岩淵です。初回の部日記なので、今回は真面目に書きたいと思います。

僕の出身校は六甲高校という兵庫県にある中高一貫の男子校です。六甲はとにかく時代錯誤の学校で、上半身裸で外を走ったり、パンツ一丁で便所掃除をしたりと、他校には理解し得ないような伝統がたくさんありました。なかでも、体育祭の総行進はとても有名でテレビで取り上げられることも度々あります。六甲高校で僕はラグビーと出会ったわけですが、週3と部活はあまり活発な学校ではありませんでした。でもラグビーは本当に面白く、続けることできました。

次に入部動機ですが、元々、一橋に入れたらラグビー部と決めていました。何故なら、やはり中高を通してラグビーで学んだことや得たものがたくさんあったし、何よりラグビーが楽しいからでした。だから、3月の下旬に引っ越してきて、その日に練習に行って入部宣言しちゃいました。今、思えば少し早すぎたかなあっとも思います。新歓をもっと満喫したかったと少し後悔も…

しかし、入部して良かったと心から思っています。環境は文句なしで、何よりも素晴らしい先輩と同輩に恵まれて良かったです。先輩方は皆、上手くて、日々、自分の実力の無さやラグビーの知識量の少なさを実感するばかりです。ですが、先輩方から盗めるものはどんどん盗んで上手くなりたいです。この1年では怪我をしにくい体作りと少しでもチームに貢献できるプレーヤーになることが目標して頑張っていきたいです。そして、神戸にいる親と東京で働く兄にも感謝しながら日々、頑張ります。普段はこのような真面目なことは言わない僕ですが、初回なんで真面目ぶりました。


PS 僕の今の家はラグビー場から自転車で30秒ととても近いため、たまり場確定なのですが、僕は家で一人あんまり好きじゃないので、同期ならいつでもウエルカムです(笑)でも差し入れがあると嬉しいかも

では、次の部日記は、今、フォワード→バックスと来ているので、次はフォワードにします。
名門の浦和出身でいじると面白い、横田がくとし君に回します!!
«前へ

<< 2014年6月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)