大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2014/9

まあ、なんだかんだラグビーも好きになってきました。

投稿日時:2014/09/28(日) 00:05

こんばんは、5年目もなんだかんだラグビーをしています、福井です。

 

昨年、人生最後の部日記を書いたつもりだったんですが、もう一回書くことになりました。

まだ9月ですが、引退直前みたいな部日記を書こうと思います。

たぶん自分語りになります。すいません。

 

 

なんでまたラグビーやってるの?ってよく聞かれます。

引退した時は、ラグビーから解放されて嬉しそうにしてたじゃないってよく言われます。

んー、なんででしょうか。

 

4年間、僕はあんまりいい部員じゃなかったと思います。

1年目、2年目なんか、初心者として始めたものの、ラグビーってしんどいし、痛いし、よく分からないし。

周りには自分が練習してる時間、テニスして彼女作って飲み会して、楽しそうに過ごしている友達がたくさんいて。

高校の友達の中には、もう起業して色んなことにチャレンジしてるやつもいたりして。

 

大学生活の限られた時間を費やして、自分は何をしてるんだろうって何回も思いました。

 

もっと色んなことをしたい、色んなことを知りたいと思って、気付いたらイタリアに居ました。

 

でも留学中にも、やっぱり自分はラグビー部のことを考えていました。

気付いたらぼーっとこのホームページを見て、みんながどうしているのかをチェックしていて。

そのうちジムに通って筋トレしていたり、地元のチームに入ってラグビーしていたり。

だからか、帰国してチーム運営に苦労している同期を見た時、

なんだかすごく申し訳なさと憤りを感じて、このチームに復帰しました。

 

その時の自分は、あんまりその時の感情を整理できていなかったけど、

このチームを良くしてやるっていう強い意識だけは持っていて、

毎日自分なりに必死でやっていました。

だから3か月経って引退した時、もう燃え尽きたなって思いました。

 

 

でも就活が終わって、自分がやりたかった海外インターンを探してる時、

なんか違うなって思っちゃったんですよね。

 

5年目、自分の好きなことだけして過ごす、そんなんでほんとにいいのかなって。

で、たまにラグビー部に顔出すようになって、

当たり前のように練習してる飯島さんを見て、すげえなって思いました。

 

4年間毎日ラグビーをして、当たり前のように5年目もやろうと思うってすごいことだと思います。

それに引き替え自分は、色んな脇道にそれてきて、いつも自分のやりたいようにやってきて、

結局この部で何かを成したのか、何かみんなに恩返しができたのか。

 

リンデンが言ってたけど、

一橋ラグビー部の良さは、ハードでタフで密な練習を積み重ねてきた、だからこそ出来る、絆らしい。

僕も、そう思う。

 

5年目くらい、お世話になってきた後輩に恩返ししなけりゃ、自分は胸を張ってそれを自慢できない気がしました。

 

僕は歴代の5年生みたいにラグビーが上手いわけじゃないけど、

僕にとっての黒川さんみたいに、いつもひたむきに頑張っていて、

熱くて、でっかくて、頼りになる、そんな存在になりたいと思いました。

 

 

明日、学習院戦です。

自分が組んだスクラムを押されて、そのせいで2度負けた、僕にとっても因縁の相手です。

僕は、いつものように必死でやります。

 

ラグビーに対する想い、チームに対する想い、今年に賭ける想い。

全てぶつけて、勝ちましょう。

 

 

次は、なんか峰吉に回すだろうと思われていそうなので、立石で。

そういえば立石は、昨年引退してからも、一緒にラグビーがしたいんです!っと言ってくれた、意外といいやつだったってことを今ラインの履歴を見て思い出し、ちょっとだけ感動しました。

 

5年目の今年が一番いじられてる気がする。

投稿日時:2014/09/23(火) 15:35

こんにちは。
パズドラを始めて93日、気が付けば自分より早くパズドラを始めた小池やノリのランクを超えてしまい恥ずかしいのでパズドラで遊ぶのを少し控えようかと考え始めている飯島です。とかいいつつたぶん今まで通り遊びそうです。

三治も言っていましたが、先週の東大戦では見事勝つことができました。
東大戦には本当に沢山のOBの方々にグラウンドまで足を運んでいただき、改めてこの部は沢山の人に支えられ、そして愛されているのだなと実感しました。
そしてそういった中で自分が入学してから一度も勝ったことのなかった相手に勝てたということ、そして稲野組の大事な初戦を勝利で飾れて試合後に後輩と握手した時なんかの嬉しさは本当に形容しがたいものがありました。
東大には勝利したものの、対抗戦はまだ6試合残しています。この喜びを一つ一つ積み上げていくことこそが関わってくれたすべての人への恩返しになると信じて残りの2ヶ月ちょっとですがしっかりラグビー上手くなってチームの勝利に貢献しようと思います。
 
このままだとサラっと終わっちゃいそうなので最後に5年間やって気がついたことを書きます。
それはラグビー上手い人は身体能力もさることながら、しっかりと自分に足りないものや伸ばすべきものを自ら考え、普段の練習や自主練やらで目的意識を持って取り組んでいるんだなということです。
一橋ラグビー部は高校などとは違いフルタイムのコーチがいるわけではなく、学生の自主性の裁量が大きいからこそ、いかに自ら考え行動に移すかが個人の4年間の伸び幅につながるし、それが結局はチームの勝利に直結する。考えてみれば当たり前のことだけれども、下級生の頃の自分にはその意識が少なかったしそれによってチームに迷惑もかけてきたので、せめて残りのラグビー人生は個人のため、チームのために出来ることを考え、行動しようと思います。
 
では次は同じ5年目、最初は「ラグビーやらへん」とか言いつつも何だかんだ同じグラウンドでラグビーしているラグビー大好き芸人、敬太さんで。

廃課金にはくれぐれも*注意*

投稿日時:2014/09/15(月) 22:09

どうもーご無沙汰しております。

藤井ちゃんのライバルこと、三治でございます。

まず、はじめは何と言ってもこの話題!! 宿敵、東大に五年ぶりの勝利!!
稲野組、初戦としてはとても気持ちの良い入り方であったと思います。
きのうは、さぞみな勝利の美酒に酔いしれたことでしょう。
ですが、喜びもつかの間、明日からは次なる学習院に向けて自分自身も気を引き締めて
いきたいと思います。

僕のライバルこと藤井が「キングダム」についてかたっておりましたが、去年の自分も
その漫画にはまっておりました。立川の自動車学校に通っていたとき、待ち時間の
暇つぶしにそこにおいてある漫画を読もうとしました。そこで出会ったのが
その漫画、キングダムでした。一度読み始めたら、止まらず気が付けば、キングダムを
読むために教習所にいって、授業を先伸ばしにしていました。ほんとそれくらいおもしろい
ので、読む気があったらどうぞ!きっと男気あるラガーマンならこの漫画にはまるはず!!


ここからは、最近の話についてです。
最近、ラグビー部に大きな勢力圏ができました。それこそ、パズドラ勢力です。
三年生の一部しかやっていなかったものが、気が付けば五年生ふたりまで傘下にいれ、
無理やりはじめさせられた、今、話題の男、出田君までも意外とはまっているけん!!

お金の使い方は人それぞれです。
たとえば、先輩から5千円をいただきました。みなさんはどう使うでしょうか。

S・S君なら 「パチンコっしょ、昨日まけたし」

S・K君なら 「そりゃ~気分上々でしょ」

とかいうかもしれませんが

わたしは 「課金するでぃ~ トゥデイ イズ ゴッドフェス!!」


自称パズドラ伝道大使 わたくし三治は今後とも、もう一つの勢力クラクラにも対抗できるよう
勢力拡大に努力していくことをここで誓います。

次の部日記は、のこりわずかな4、5年生に回したいと思います

やっぱりここは、僕の大好きなあの方

い、い、飯島さん!!でお願いします。







 

かっこ悪くならないでください!!

投稿日時:2014/09/14(日) 10:28

昨日から部日記の更新に失敗し続けたので、以下の内容は昨日目線のものです。

二年の藤井です。藤原の番なのに田口が部日記を更新していたり、その田口が四年生に回すと思っていたら部日記の最後に俺の名前が書かれていたりと、予想外のことが重なったため、またしても更新が遅れてしまいました。すみません。

まだ先だと思っていた東大戦も、もう明日になってしまいました。昨シーズンに出してもらった最後の二試合を振り返ると、対抗戦のあの緊張感を思い出し今からもう緊張しています。今回のバックスメンバーを決めるにあたって、一番悩まれたのがバックスリーだったらしく、その上で選んでもらったということに感謝をしつつ、また、対抗戦という本番の場ではありますが東大戦を今後へのアピールの場とも捉え、積極的にプレーしていきたいと思います。ここ数年東大には勝てていませんが、今年こそは試合後祝勝会を開けるように、そして立石さんのジンクスを破れるように、まず一勝めざして頑張りましょう!!!
個人的には、「いらいらしない」、「心を強く」をモットーにプレーしていきたいと思います。

対抗戦への意気込みはこのくらいにして、最近の悩みを書きたいと思います。それはオフが暇すぎることです。最近教習所に行ってませんし、コバと一緒に始めようとしたバイトも、二回目の電話をすっぽかして今に至り、雇ってもらえるかすら怪しいです。理由がはっきりしているのに改善しようとしないところが自分の一番の問題点だなあと今部日記を書きながら気づきました。ただ!暇をつぶすために山本から借りたマンガが予想以上におもしろくて、一時的にその悩みを忘れさせてくれます。「キングダム」というマンガです。有名なマンガらしいのですが、今まで知りませんでした。読んでない人は是非読んでみてください!!
借りっぱなしの山本には申し訳なく感じています。東大戦に勝ったら返します。

そろそろ四年生に回す時期ではありますが、もうワンクッションいれたいと思います。
次は、風呂場で一緒になると毎回のようにあの話題を出してくる、三治さんで。

笑えば いいと思うよ

投稿日時:2014/09/05(金) 23:11

みなさんこんばんは。2年の田口です。本来は藤原の番のはずなのですが、彼は幾度も日記を書き更新しようとしたもののそのたびに失敗し、遂には心が折れてしまったので、彼に代わって、今晩藤原の家に泊まる僕が日記を書きたいと思います。
 
日中はまだうだるような暑さに苦しめられますが、陽が沈むとむしろ肌寒さを覚え、確実な秋の訪れを感じるいま、今年もいよいよ対抗戦のシーズンがやってきたのだとしみじみ感じています。
 
思えば今シーズンは、3月に怪我でチームを離れてから、ろくにチームのために貢献できていません。怪我人なりにできることをしようと色々と考えてきたつもりではありますが、三商大戦や国公立大戦などの大一番を外から見守る悔しさ、非力さは辛いものがありました。改めて今、自らがプレーに参加できる喜び、ラグビーをする喜びに浸っている毎日です。
自分が教えたことで味方の選手がうまくプレーできたり、自分の声がチャンスに結び付いたり、ピッチの外で味わえる喜びはいくらでもありますが、やはりプレーをできる喜びには勝てないと思います。
タックルを突き飛ばしたとき。キャリアーを仰向きに倒したとき。ピンチでターンオーバーしたとき。ラインブレイクしたとき。トライを取ったとき。 駆け寄ってくる味方の選手。湧き上がる歓声。
 
僕の大好きな漫画であるジャイアントキリングでも、達海監督はこう言っています。「監督業はやり甲斐んもある仕事だよ。(中略)でもやっぱ楽しいよ プレーすんのは。これに勝る喜びを 俺はいまだに知らない。」
 
今このラグビー部は、プレーを楽しむ空気がいっぱいです。今一度グラウンドを走れる喜びをかみしめながら、対抗戦のほうも楽しんで勝ってやろうと思います。
 
かなり真面目になってしまいました。
これからはいよいよ4年生に回していくらしいです。切ないですね。
入部前から兄の友達でもあり、同じ埼玉人でもあり僕のアニキ的な存在である(と勝手に思っている)立石さん、お願いします。
 
と思ったら結局まだ早いそうなので、対抗戦で大暴れしてくれるであろう Sho Fujii こと藤井翔 お願いします。

<< 2014年9月 >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)