大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2015/10

私の学生生活

投稿日時:2015/10/21(水) 12:40

更新が遅くなり申し訳ございません。
4年生の岡崎です。
ご存知の方も多いと思われますが、私、就職活動に失敗いたしまして、留年することになりました。なぜ、就職活動に失敗したのか自分なりに分析してみましたところ、就職活動で定番の質問、「学生時代に頑張ったこと」、に対して浅はかな内容の回答しかできなかったことが最大の要因かと思われます。
そこで、来年こそはこの手の質問に対して中身の濃い回答をするために、この場をおかりして、就職活動の際に必須の多少の誇張・創作を交えて、現在までの学生時代を振り返らせてもらいます。
 
さて、学生時代を振り返るといっても、悲しいことにラグビー部関連以外での思い出がほとんどないので、結局、自分がどういうことを感じながらラグビー部で過ごしてきたかを記すことになります。
悔しさを感じさせられることが一番多かったです。
その多くは現3年生フォワード軍団によって感じさせられました。というより、勝手に自分で感じていました。軍団は、入部したての頃から身体が大きく、最初にウェイトの数値を見た時に驚愕したのを覚えています。また、コンタクトが強いだけでなく、高いスキルも持っていました。当然、軍団は1年生の時から試合に出場し、私はほとんどベンチで、その活躍を眺めていました。軍団に敵う気はしなかったですし、今もしませんが、ただ自分の方が1学年上であるというちんけなプライドが悔しさと対抗心を生み出しました。軍団と1対1のタックル練習があれば絶対一発で仕留めようと気合いが入り(よく吹っ飛ばされましたが・・・)、フィットネスの時に隣で軍団が走っていれば絶対に勝とうと思い(本気をだされると無理ですね・・・)、LOの競り合いでトイメンが軍団なら絶対盗りたいと思い(最初の方は自分の方が上手いと思っていましたが、今ではもう・・・)、軍団のウェイトの数値に追いつこうとも思いました(これはどうあがいても無理でした・・・)。このような対抗心は本来なら軍団を含めた下級生を引っ張らなければいけない立場である4年生になっても色あせることはありませんでした。(今、現時点では完全に色あせ、ギラついた感情は一切ございませんので、そこのところ宜しくお願いします)
結局、私がラグビーに対して真剣になり、頑張ろうとする一番の原動力は軍団になっていました。軍団には到底敵いませんでしたが、それなりに成長することができたと思っています。軍団には本当に感謝したいです。(ちなみに軍団に夏目君は入っていないので悪しからず)
 
一方、楽しいこともたくさんありました。
部活にいって笑わなかった日は無いと思います。先輩にいじられたり、後輩がふざけているのを見ているだけで面白いです。
先輩と襲撃に行ったり、後輩とゲーム、麻雀、サバゲーをしたのもとても楽しかったです。
そして、何より、何も気を遣わなくていい同期との時間が最高でした。
鼻をほじれるのも、股間を掻けるのも、寝癖をつけていられるのも君たちの前だからです。
また、最近、ラグビー自体が楽しくなってきました。
今までは、試合後の達成感みたいなものが好きだったのですが、怪我でしばらくラグビーができていなかったこともあって、久しぶりにラグビーをやると、とても楽しく感じます。
ワールドカップ効果もあってか、4年目終盤にして、遂にラグビー好きになりつつあります。
 
 
これだけ、振り返ることができていれば現時点では万全です。
ただ、来年就活をする時には、「最後にチーム目標の入れ替え戦出場を達成しました」で私の学生生活を締めくくりたいです。
これから厳しい戦いが続きますが、まずは次の成蹊戦に絶対勝ちましょう。
 
次の部日記は5年目ながらチームのために奮闘していただいている伊原さんでお願いします。「伊原の目」で鋭い指摘を期待しています。

大学生活を振り返って

投稿日時:2015/10/10(土) 22:01

とうとうこの時期に、部日記が回ってきてしまいました。
 
えーと、わたくし、しょうこちゃんに紹介されました
なんとなくすぐ結婚ができそうで(高校の時50歳独身の担任にお前は俺と見たものを感じるといわれました!)、我慢強く(ねん挫で実家に帰ろうとしていました!)、気遣い上手な(稲野さんと後輩にマジ切れされたことあります!)
サンジです。
 
月日がたつのは早いものですね。一年生の時、えんどーに「あれっ俺ラグビーやって何日目だっけ?」といったことをふと思い出します。おかげさまで3年と1か月(1125日ほど)たちました。
 
さてさて最後の部日記に何を書いたら良いのやら。とりあえずこれまでの一年生の部日記を眺めていますと自己紹介、入部理由、これからの大学生活への期待や部活への抱負、などなど今から大学生始まるよって感じがこっちにも伝わってきてうらやましい限りです。大事な同期、仲良くしてください。
 
今振り返ってみると僕の大学ライフは時間的にも思い出的にも部活9割だったと感じます。時間的にも部活9割はさすがに言いすぎだろと思うかもしれませんが、しょーま君の実質練習時間で換算すると部活のことを考えたら練習時間に換算されるのです。これに加えて僕の基準では部活の人と一緒にいた時間も換算しています。本当に部活の時間外でも部活の同期と会っている日常を送ってきました。そもそもラグビー部に途中で入部したのも高校までとは違って大学生になってからは人間関係が希薄だなぁと何か強いつながりを求めていたからでしたので、求めていたのは手に入れたのかなと今では感じております。けっして狙っていた子が先輩にとられたからサークルをやめたとかではありませんので誤解しないでください。
 
同期との思い出は数えきれないほどあります。
一年生の時、さびしいクリスマスを元祖ニコイチのえんどー君と二人で鍋会したことをふと思いだしました。部旅行でみほちゃんに嫌われ、野村に説教されたのもよくおぼえております。僕が企画した同期旅行もなつかしいです。温泉入って夜はこれから4年間一緒に過ごす同期なんだから一人一人のいいところ、悪いところを真剣に話す機会がありました。あの頃の君武君は優しかったのですが、なぜか距離感があるような感じがしていました。ちなみに僕の悪いところは一向に改善しませんでした。申し訳ありません。そういえばこの同期旅行にのりさんがいませんでしたね。のり君は僕がラグビー部に入ってすぐ骨折で入院してしまって、正直二年生になるまであまり会話したことがなかった気がします。今では新ニコイチ認定を同期に頂いておりますが。野村君と一緒に自宅にもどったらベッドにのりさんが寝ていたのは衝撃ものでした。
 
二年生になってからは、フォワードに移りました。そこからは岡崎と出田とサンコイチみたいなもんでしたね。オフには麻雀をしたくてたまらなかった時期を覚えております。このサンコイチも三年生になって出田君が某彼女のもとへといき自然消滅をしてしまいました。僕は出田君をみてそのビックウェーブに乗ろうとして失敗して、結局岡崎君とのニコイチにとどまりました。ちなみにまどかちゃんはそのビックウェーブにのって急に女に磨きをいれておりました。

4年生になってからは、どうでしょうか?
相変わらずノリはよく家くるし、出田は暇人となりサンコイチに戻りえんどーはフォワードサンコイチに加わり、岡崎とはあい変わらずやし、君武はよく家泊まるし、野村もたまに泊まるし、さきちゃんとは地元トークしたりしてなんかよくしゃべるし、みほちゃんは彼氏にぞっこんやし。まどかちゃんはもうええわ笑。
 
こんな同期に囲まれ、今日まで当り前のようにラグビーできていたことに感謝しないといけないですね。誰か一人でもかけたら僕の楽しい大学生活は成り立ちませんでした。本当にみんなありがとう。

同期だけでなく先輩方や後輩との思い出もいっぱいありました。家を荒らされたときに被害にあった某コップは今でも健在です。お客さん用に使っております。部室で一緒に大乱闘ができるのもフォワードの禿トークができるのも残り2か月ですね。
 
サンジを苦手とする後輩も多いと思いますが、残りの間どうぞよろしくお願いします。
 
さあ切り替えて、明日の成城戦はりきっていくぞー!!
 
次は僕より早く結婚できそうで、我慢強く、寝癖がチャーミングな
岡崎君に回したいとおもいます。
 

むいてないかもしれないけど

投稿日時:2015/10/04(日) 00:28


こんにちは。いよいよ、新入生最後ですが締めにふさわしいとは到底思えない法学部1年の小坂翔子です。
まずは、部日記の更新が遅くなってしまいすみません。

はるかが書いていたようにニュージーランドに一か月ほどいってましたが、英語力はあまり身につかずかわりに脂肪がたっぷりついて帰ってまいりました。

そんなことよりも、まず自己紹介をしたいと思います。
出身は晃華学園という都内の中高一女子貫校です。
よく東京に存在するかどうかの確認をされ知名度のなさをひしひしと感じますが、それぞれが自分の意のままにアグレッシブに行動するような学校でした。

中高はソフトテニス部に所属し、癒しをもとめて陶芸同好会にちょくちょく顔を出していました。
特にソフトテニス部からは上下関係、お叱りと長時間の正座にたえる忍耐力、表面的じゃない本音をいえる数少ない友達を得ることができました。特にペアのこは家族以外のわたしの唯一の理解者だなと感じてます。

でも、同時にわたしは団体戦のメンバー争い、出場者のプレシャー、部内戦によって可視化されるうまさのランキングなどなどに気づかれしてました。

だから大学に入ったらソフトテニス部はもちろんのこと運動部に入るのはやめよう、どこかのバドミントンサークルとお菓子を作るサークルに入ろうと決めてました。
でも、予想以上にぴんとくるサークルがなくて友達とぼーっと歩いていたら
美夏さんに声をかけて頂いて
某テニサーに長いこと新歓をしてもらってた間も待ってくださっていて、そのあとにラグビー部のブースみたいなところに連れてきてもらいパンフレットをもらいました。
その時、ウェイでもなく静かすぎでもなくなんとなくいい雰囲気だなと感じました。

最初はマネージャーをやるという選択肢になかったのですが、
新歓イベントに何度かうかがい、ますます部員の方たちの人柄がいいと思いました。
あとは、はるかさんとKTさんに3回くらいご飯をごちそうになり面白い人たちが多い部活なのかなと感じ
さらに、りこが書いていた様にりこと意気投合して入部を決意しました。


「わたし、今ラグビー部のマネージャーやってるの」と中高時代の友達にいうと、みんな決まって「えーあのしょうちゃんが」みたいな反応をします。
家でも家庭科の授業の課題も、旅行先の荷造りなど、ほぼすべてのことを母、祖母、友達に頼っていた私は自分のこともままならないのに
気が利く人の象徴である「マネージャー」をやるという暴挙におよんでいます。

ふつうに考えてみてマネージャーはむいてないのですが、中高時代では考えられないくらい親切でフレンドリーな先輩、気が利くし優しくしてくれる同期をみならいつつ
4月の自分が選んだ道を全うできるように努力していきたいとおもっております。


最後までお読み頂きありがとうございました。

次はなんとなくすぐ結婚できそうで、我慢強く、気遣い上手な三治さんに回したいと思います。


 

<< 2015年10月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)