大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2015/2

<<前へ

BMI30

投稿日時:2015/02/25(水) 02:37

こんばんは。笑顔が素敵だなんてとても私にはもったいないお言葉でご紹介に預かりました熊谷です。常に皆がハッピーでいて欲しいという願いから「笑顔」を絶やさず日々ポジティブに物事に取り組んでいるので、それが「素敵」であるとして後輩マネージャーに認知されているのは大変喜ばしいことであります。
といいたいのですが、実際のところは小学生の頃から人との会話によるコミュニケーションをとることが苦手だった私がどうにかして円滑に人生を送るために見つけた手段が「にっこり笑う」であっただけで、素敵だなんて恐縮です。でもうれしいです。
 
今日はいよいよ二次試験本番ですね!一橋を最初に受けたときからもう三年がたつなんて時の流れの速さに驚くばかりです。思い返せば三年前、私は二次試験を受けることすらできていませんでした。センター試験の英語のマークをずらすという失態を犯し、見事に一次試験で落とされてしまいました。家でめそめそしていたのも昨日のように思い出せます。
 
だからこそ、受験票を貰うことができた人たちには、本当に頑張ってもらいたいと心から願っています。いかなるハプニングが起ころうと、まずはその試験を受けることができているという時点で少なからず可能性があるのです。そしてその可能性はあなたの心のゆとりに比例して大きくなるはずです。試験会場では誰もが頭良く見えるものです。隣の人の筆記音は常にあなたの不安心を煽ります。そして休み時間には自信に満ちた会話があちらこちらから聞こえてきます。でも、それはそういうものなんです。仕方ないんです。どんなに周りを見下そうとしても、頭良く見えちゃうものだし、隣の人の筆記音は物理的な距離の問題で聞こえてきちゃうものだし、自信に満ちた会話は一種の受験の風物詩です。仕方ないです。だからこそ今日は余裕を持ってください。周りが頭良く見えちゃうのは仕方ないし、実際は自分のほうが頭いい。隣の人は焦っているだけ、落ち着いて要点を絞って書くことのほうが重要。そして自信に満ちた会話は不安の裏返し、自分は音楽でも聞いてリラックスする。緊張しすぎず、心のゆとりをもって試験を乗り越えられればきっと大丈夫です。
 
健闘をお祈りしています‼
 
 
受験のことを思い出していたらついつい熱が入ってしまいました。何の変哲もないつまらない部日記になってしまいましたが、受験当日ですからお許しください<m(__)m>
それでは次は心にゆとりしかなさそうな玉代勢君にお願いしたいと思います!!

サクラ咲け!

投稿日時:2015/02/21(土) 09:42

「ひどい部日記だな…」という同期LINEへの書き込みを目にし、やはり「ひどい部日記だな…」とくすくす笑いながら片野田さんの記事を読んでいたら突如カウンターをくらいました。こんにちは、新二年生マネージャーの六本木です。
去年の8月に片野田さんに部日記を回したのをまだ根に持たれていたとは、想像だにしていませんでした。この分だと、実は片野田さんのおうちから3kmくらいのところに住んでいるので、いつか突撃したいななんて思っていることも言わないほうがよさそうですね。

冗談です。すみません。


さて、
新歓隊長さんのお言葉どおり、今回は、春を待つ受験生の皆さんに向けて部日記を書きます。


…個人的な話になりますが

オフ中の出来事と言えば、
先日、兼部している別の方の団体で、初対面の方に自己紹介をしたのですが、Facebookのアカウントを交換するまで本名だと信じてもらえませんでした。切ないです。
思い返せば高3のときも、
模試を受けた際、解答用紙の氏名欄マスに【ろつほ゜んき゛ あ】しか書けませんでした。まったく切ないです。

このブログを読んでくださっている受験生の中にも、同じような思いを抱えていらっしゃる方がいることでしょう。
「名前長すぎなんじゃああああああ」みたいな。その気持ちよくわかります。


しかし、二次試験まであと少し。
今さら20年くらい連れ添った名字に八つ当たりするくらいなら、英単語のひとつでも覚えましょう。私のように。
英単語はいくら覚えても損にはなりませんよ。


緊張で眠れない受験生へ。
安眠にはラベンダーの香りが役に立ってくれます。たまにはラベンダーの入浴剤を買って、お風呂でゆっくり目を閉じてみましょう。ちょっと休んだほうが調子が上がるときだってあります。
焦りと不安でいっぱいの受験生へ。
だいじょうぶ。努力は君を裏切りません。鏡の前で、とりあえず笑顔を作ってみましょう。チャレンジする元気は明るい心持ちから湧いてきます。合格した自分、一橋でラグビーをしている自分、そして喜んでくれる家族や友だちの顔を想像してください。試験場に向かうとき、君は独りではないんです。
武者震いの止まらない受験生へ。
気合十分ですね。受験番号を書き忘れて問題につっこまないようにしましょう。問題を解く前は、背筋を伸ばして深呼吸。脳に酸素を送っておきましょうね。


ここまでつらい受験勉強を乗り切ってきた皆さんなら、ぜったいに大丈夫です。
つらさも苦しさも合格まで。そのあとは超楽しいキャンパスライフ!!!
心から応援しています。

そして、
この記事を読んでくださっているのも何かのご縁だと思うので、合格した暁にはぜひラグビー場に遊びにきてください。個性的でかっちょいい素敵な先輩方が、皆さんを温かく迎えてくれます。


ところで、私自身は高校時代、新歓に際して、「新入生狩りに行くぞおおおおお!!!」と地面を踏み鳴らした経験があるわけですが、もう大学生ですから、そのあたりはきちっと自覚をもって大学生らしく新歓に臨みたいと思います。「先輩」となる意識をもって、部活にも臨みます。
個人的には、はじめて男子の後輩が出来るのをすごく楽しみにしています!笑 そしてマネージャーの後輩が出来るのもすごくすごく楽しみにしています!

名字ネタに走ってすみません。ここまで読んでくださってありがとうございました。
ちなみに一橋の二次試験では氏名欄はマスではないはずなので、名字が長くてもきっと大丈夫です。


さてさて次は、熊谷さんで!
新2年マネ4人で話していたのですが、とても笑顔が素敵な先輩ですから!
 

受験生の皆さんへ

投稿日時:2015/02/18(水) 18:52

ビンゴ大会………ケーキ……オシャレなお店でイタリアン…………高級中華…



あ、すいません。独り言でうっかりラグビー部の新歓コンパの情報流しちゃいました。合格したら皆さん来てくださいね。


こんにちは、新歓隊長の片野田です。2次試験まで残り1週間ですね。早いもので、自分が受験してからもう2年が経とうとしています。


八木沼と同様に、受験期には自分もたくさんのハプニングがありました。

一橋を受ける2日前に、絶対に受かると豪語していた国際教養大学に落ち、

2次試験の1日目の帰りに恐いお兄さんたちに囲まれ「調子に乗るなよ?」と脅され、

2日目の英語の試験の英作文の問題で、賛成意見を書かなければいけないという問題設定をちゃんと読まず、反対意見をぶつけてしまいました。


受験期に起きたハプニングを挙げればキリがないですが、一つ言えることは、そんな自分でも一橋に合格して、今この大学に通っているということです。


一橋大学には、他大にはない魅力で溢れています。趣のある校舎、個性的な生徒、アクの強い教授、美味な食べ物が並ぶ食堂、大規模な学園祭、そしてかけがえのない経験をさせてくれるラグビー部。


我々ラグビー部は、体格や経験で勝る他大に対して、いかにして勝つのか、ということを常に考え、プレイヤーもマネージャーも一丸となり、OBの方々、地域の方々の手厚いバックアップを受けながら、ひたむきに『勝利』を目指しています。秋に行われる対抗戦に対する我々の思いは他大のそれより遥かに強く、その一戦一戦で魂が揺さぶられるような思いをします。その強い思いが身を結び昨年は90年以上の歴史で史上最多となる6勝を挙げ、初めて入れ替え戦にも出場することができました。


こんな経験は大学生活の4年間という限られた時間の中で、一橋大学ラグビー部という団体でしか味わうことのできない、本当に貴重な経験だと思います。是非とも合格して、一橋ラグビー部をもっと知ってほしいと思います。


ガラにもなくすごく真面目な文章になってしまったので、とりあえずダジャレ言います。



行きます!!














スキーが好き





























はっはっは、安心してください。
受験生の皆さんの分も僕がスベっておきましたよ。


皆さんはリラックスして2次試験に臨んでください!!応援してます!!!


次の部日記は、ぽんちゃんで!
受験生に対する的確なアドバイスと、応援メッセージをよろしく!

胸筋が欲しい

投稿日時:2015/02/15(日) 23:08

こんばんは。雄吉から、「甘いものばかり食べてるせいで虫歯が凄いFW(=デブ)」と紹介された新3年の八木沼です。自分で新3年と書いてみて、もう3年生になるのかと改めて時の流れの早さを実感しております。

雄吉からも紹介された通り、僕の親不知の歯にはドデカイ虫歯が2か所あります。虫歯が見つかったのは4年ほど前でしたが、抜歯が怖くて今日まで逃げてたら大きな病院でしか治せないほどに悪化していました。虫歯の治療なんかにビビッててラグビーなんかできるのかよって声が聞こえてきそうですね。
でもやっと3月に抜歯することを決意しました。4年以上も避けてきた抜歯と戦うことを決意したのは僕の今年の目標と関係があります。僕は去年までメンタルが弱く、すぐに緊張してしまったり、弱気になったり、失敗を恐れて色々なことから逃げてきました。今年はそんな自分から卒業したいと思い、手始めに抜歯の恐怖に打ち勝とうと思ったのです。

...ちょっと自分でも何を言っているのか分からなくなってしまいました(笑)

それはさておき、いよいよ2次試験まで10日をきりました。僕の経験から受験生のみんなに言えるアドバイスとしては、自分に自信を持って平常心を保つという事です。僕は受験当日に受験票をどこにしまったか忘れていまい、大学通りでたくさんの受験生が歩いている中、カバンの中身を全部出して受験票を探すという恥ずかしい思いをしたり、机が不安定でガタガタと動くせいで集中できないなど多くのハプニングがあり、動揺しっぱなしでした。でも自分はこれだけ勉強したんだという自信が僕を落ち着かせてくれて、平常心で持っている力を出し切ることができました。
受験生の皆さんが自分の力を出し切り、一橋大学に合格することを心より願っています。


そして、合格した暁には是非ラグビー部に遊びに来てください。ラクビー部には私の拙い文章では表現できないほどのたくさんの魅力があり、個性豊かな魅力ある部員たちが皆さんを温かく迎えてくれるでしょう。
「八木沼の部日記を見た」と言ってくれればおいしいご飯もご馳走しますよ!!



次の部日記はラグビー部の魅力を人一倍知っている我らが新歓隊長の片野田で!

今日は肉の日

投稿日時:2015/02/09(月) 14:00

しんちゃんから紹介された佐藤雄吉です。

FWをデブといったことは一度もありません。

ラグビーはどんな体格の人もできるスポーツであり、

体格の特徴を馬鹿にすることはナンセンスです。

 

先日、同期でディズニーシーに行ってきました。

朝7時舞浜集合で、夜6時まで遊びました。楽しかったことばかりで何を書けばよいかわからないほどです。

しいて書くとすれば、PRの高橋君がレイジング・スピリッツに乗った時に、

セーフティバーが降りきんなかったことや、しんちゃんが部活の時以上にキビキビ動いていたことが楽しかったです。

ぼくもディズニー大好き人間に少し近づけた気がします。

 

さて、そろそろ二年生になるわけですが、現在の自分は他力本願で

初動がとても遅く、迷惑ばかりかけているように思えます。自分自身を変えて

いき、今シーズンはチームに貢献できるように日々の練習に励んでいきたいです。

 

さてさて、受験生の皆さん、そろそろ本番が近付いてきていると思いますが、

息抜きをしつつ、あとちょっとと考えて頑張ってください!

そして一橋大学ラグビー部に入りましょう!

そして一緒に入れ替え戦に行きましょう!

 

では、次の部日記は虫歯の凄かった2年生の八木沼さん、お願いします!!

 

«前へ

<< 2015年2月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)