大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2015/5

お誕生日おめでとう!

投稿日時:2015/05/31(日) 19:59

はじめまして!


愛媛県立松山東高校出身の門屋安俊です!



ポジションは高校の時はCTBを主にやっていましたが、浪人時代の急激な体重増加により、最近FWに入門しました。FWの皆さん、よろしくお願いします!



さて昨日、初めて同期でお誕生日会を開きました。
主役は倉嶋だったのですが、それ以前に誕生日だった菅野、村上、功刀、秋山の誕生会も含めて、部活が終わった後にウェイトルームで開きました!



倉嶋はマネージャーさんから手渡しでプレゼントのちくわとはんぺんを受け取り、とっても上機嫌でいつものギャグを披露しました。倉嶋君、僕の家にはナイスな椅子がないのでまたお願いします。


今回の誕生日会を始めとして、これからも同期内でいろんなイベントを企画して、仲良くやっていきたいとおもいます!
皆さん、悪口は控えましょうね(笑)

さて、次回は倉嶋君にお願いしたいとおもいます。
どんな面白いギャグが飛び出すかごうご期待です!

楕円球は触ってるだけでなぜか楽しい

投稿日時:2015/05/23(土) 16:31

こんにちは!初めまして!廣大さんから紹介受けました、経済学部1年の秋山光です。
 
1年生トップバッターとして緊張していますが、自己紹介とラグビー部入部の経緯を述べていきたいと思います!!
 
出身は県立千葉高校で、藤井先輩(3年)、高垣先輩(2年)の後輩です!自分の知る限りでは県千葉ラグビー部→一橋ラグビー部へは自分で5人目で、一橋合格者は全員ラグビー部に入部しています!
廣大さんに指摘されたように自分は即決で入部したわけではありません。合格直後から上のお二人に勧誘していただいてはいましたが、実は「入部する気はありません!」宣言メールを送ったほど最初は続ける気はありませんでした(笑)
 
理由はいくつかあったのですが、大半が自分の杞憂に過ぎませんでした。全面人工芝のグランド、ウエイトルーム、クラブハウス等の充実した環境、短時間で効率の良い練習、メリハリがあり雰囲気もとても良い先輩方。ここでなら4年間ラグビーを続けられると確信しました!
 
最終的に入部を決めた理由としては、「ラグビーが最も面白いスポーツである」という自分の中で動かしようのない事実が存在したことです。色々な団体から勧誘して頂きましたが、話の流れからラグビーの話になると、自分が先輩方を圧倒するほどラグビーの魅力を語っているという場面が多々ありました(笑)
友達たちにも「ラグビー好きだねww」と言われてしまいました。どうやらラグビートーク中は目が輝いているようです(^^)
 
また、新歓期に出会った同期の浦和・日比谷の選手、2年の玉代勢さん(都立青山)とは高校時代に試合をしたことがあったので会った時には縁を感じました!
 
大学では、高校時代はほとんどなかったポジション争いが始まるので、ユーティリティーBKとしてチームに貢献できるよう日々鍛錬していきたいと思います。
 
まずは怪我をしないように体作りと基礎プレーの向上を徹底したいです!
 
そしていつか、藤井先輩、高垣先輩と県千葉3代一緒にフィールドに立てるよう頑張ります!
(その前に自分に冷たい藤井先輩ともっと仲良くなりたいです)


 
次は同期で最初に自分を誘ってくれた門屋で!
 
 
 
 

好奇心は生の原点

投稿日時:2015/05/21(木) 23:08

 皆さんこんばんは、2年の山口です。(今日は長くなりそうです。)

 さて、今日は僕が今季一目を置いている同期、本田君について書こうと思います。

 本田君といえば、「ほんだ、だーほん、せいせい、ほんでぃー」など「ベイ○ックス、しんちゃん、○んちゃん、○んのすけ、はましん、ゲゲゲイのワイフ、はまなか」の異名を持つ国高同期の濱中進之介に次いで多くのニックネームを持つ男であると同時に、いろいろな側面を持つ男でもあります。真面目な本田、プライドの高い負けず嫌いな本田、シャイな本田、世界の本田、マイリトル本田(etc.)。真面目といえば、最近は練習が終わればすぐに家に帰り勉強をしているこばが元祖真面目のガッキーを脅かしています。しかし、部内で「本田」といえば、誰もが想像するのは「幅広い交友関係を持つ本田」という側面でしょう。本田君にはいろいろなお友達がおり、その中でも有名な人物の一人は自転車を修理してくれるお友達です。自転車といえば皆さんお気づきでしょうか。ぽんちゃんが、今では自転車を豪快に乗り回していることを。話を戻します。僕が、彼の自転車の後輪のパンクに気づいたのが去年の夏の始まりのこと。前輪までもがイッちゃってるのに気付いたのが夏休みの真ん中らへんだったでしょうか。両輪からゆうきちのチャリより変な音を出しながら、超低速で(なぜかサドルも異常に低い)一緒に帰ったのを覚えています。ちなみに、スピードに関して言えば急いでいる時のさやちゃんは立ちこぎでも追いつけないほどこぐのが早く、後ろから見ていて面白いです。また、一緒に帰ったといえば、りょうこちゃんと初めてチャリで並走したプレーヤーは僕なのではと思うと彼(   を参照)に申し訳なく思います。それとウエイトに行くとき山本の後ろを走ると危険です。ふらふら走るからです。さて、夏ごろから僕らに、特に宮川に幾度となくチャリの修理を催促されました(中等問題を参照。)しかし彼の返答はいつも一様で「ぃや、チャリなぉしてくれる友達ぃるから」。そうして8月が終わり、年の瀬を迎えチャリは順調に廃棄へと近づいていきました。チャリが壊れているといえば、きむらりのかっこいいやつも後ろの水跳ね防止のカバーがくるくる回っちゃっていておちゃめです。あと、こぐと変な音がします。でも、0.105t(ちょっと増えたよ!) の体重を支えるごりのチャリは一向に壊れません。不思議です。

 年が明けると、もうゴムタイヤがホイールから外れかかっているではありませんか。彼もさすがにやばいと思ったのか、頼りの友達がさじを投げたのか、修理に前向きになりました。余談ですが、人を待たせると右に出るものはない玉代勢君も先日チャリに空気を入れ直し、人を待たせておきながら颯爽と追い抜いてくれましたね。さてさて、そうして先日GW合宿をおえました。あれは2日目の晩のことだったでしょうか。同期で駅近くにて夕食を済ませると、おや!?本田君の様子が…!どうやら鍵をなくしたようです。結局鍵は見当たらず、本田君は泣く泣くぼろぼろになったホンダ号廃棄の道を選びました。話の流れを切るようですが、僕は安全運転に努めていますが、みかちゃんは雨の日に車道から歩道に上がる斜めのあそこに乗り上げようとしたら激しく転倒したそうです。危ないですね。

 気になる本田君の今ですが、なんとついに新しい自転車を購入しました。修理より高くついちゃったね!!あ、そういえば。もし本田が4年間修理せずにホンダ号に乗り続けたら代わりに車一台買ってあげるという約束をしたぶっちーこと岩渕智史は助かりましたね。

 さて、自転車という話題ひとつでここまで引っ張ったわけですが、登場人物は本田君一人だったでしょうか。ラグビーのプレーをつぶさに観察するのも大事ですが、4年間付き合っていく仲間の日常を観察するのも大事です。こうして言葉にせずとも好奇心を常に持ち続けるのは人として大事です。好奇心が尽きたら終わりです。向上心も探求心も枯れるでしょう。少しでも気になったら頭に新しい引き出しを作っておくといいです。近くにいる仲間だからこそよりいっそう注目すると楽しいです。

 ちなみに本田君へのいじりが増えているということになっていますが、それは好奇心を原点とする僕の愛情表現です。グラウンドに雪が積もった時にがくとしの自転車をみんなで雪でがっちがちに固めたのも愛情表現です。だから問題ないです。それに何より本人がおいしいと思っているので大丈夫です。ね?

  ではそろそろ次の方に回しましょう。

次は仲良しのほんd、ではなく、下クラでなかなか入部宣言してくれなくてひやひやしたけどなんだかんだで入ってくれて早速B戦で存在感を示してくれた秋山で!(こんなに長くなくていいからね。)

追記:「スペアキーが家にあったから自転車は買いなおしてません...。あと、修理して1週間でまた後輪がパンクしました。」(本田誠征)

中等問題!!

投稿日時:2015/05/14(木) 21:54

宮川から紹介を受けました本田です。宮川とは中学、高校と同じ学校でした。そして大学も同じになり、今までと同じようにお互い接しているつもりがいつのまにか「中等問題」と部内で呼ばれるような問題に発展していました。いつの日かこの問題が解決する日が来るのでしょうか…

さて、僕は大学からラグビーを始めたのですが、確かに大学でラグビーをやろうとは思ってもみなかったことです。でも今では入部したことに後悔は一切ないくらい入って良かったと思ってます。

この1年間のラグビー生活を振り返ると、辛いことが多かったのかな~と感じてます。といってもほとんどの原因は怪我ですね。何より怪我は一番色んな意味で痛かったです。しかし、手術後目を覚ましたら目の前に同期がお見舞いに来てくれていたり先輩方もたくさん来てくださったりと色んな人に支えられてるんだなと感じた1年でもありました。

先日B戦で復帰することはできました。これも先輩方や同期、トレーナーの方々など周りの人の助けがあってのことだと身にしみて感じてます。本当にありがとうございました!これからは周りの人に感謝しつつ、楽しんでそして全力でラグビーやっていきます!

そろそろ次の人に回したいと思います。次は最近僕に対するイジリがかなり増してきている山口で!

暑くなってきましたね

投稿日時:2015/05/08(金) 00:00


こんばんは。みほさんからフレッシュだという自分にとってはもったいないお言葉で紹介された宮川です。実際、新入生のフレッシュさに比べれば、自分はフレッシュでもなんでもありません。新歓期を通して色んな新入生をみてきましたが、彼等のフレッシュさには常々圧倒されてきました。合格発表で歓喜する新入生。サークル紹介では少し半信半疑になりながらもこちらの話を楽しそうに聞いてくれる新入生。そして、新歓合宿ではいきいきとしていた下クラのみんな。こうした、たくさんの新入生のみんなをみていると、彼等のことをうらやましいと思うと同時に、この大学に入ってからもう1年が経ったのだなと実感しています。本当に時の流れは早いものですね。この分だと、あっという間に大学生活が終わってしましそうで怖いなと思うこの頃です


ところで、自分は2年生部員の岩淵と一緒に2月から3月にかけての約3週間ニュージーランドへ行ってきました。せっかくの機会なので、この短期留学について簡単に書こうかなと思います。


主な目的は、ラグビートレーニングと語学研修です。ラグビーだけじゃなくて、ちゃんと英語も勉強してきましたよ。月曜日から金曜日の平日に午前9時から午後2時くらいまでみっちり英語を勉強しました。もちろん授業は全部英語で行われました。おそらく大学に入って1番勉強したのはこの時期じゃないかと思っています。(笑)


ラグビー面ももちろん充実していました!2人とも現地のクラブに所属し、そこで週に2回練習をこなし、その他にジムで筋トレも行いました。現地のプレーヤーはみんなデカイし、ハンドリングもめちゃくちゃうまいし、という具合でクラブのレベルは非常に高かったです。元を含めると、ニュージーランドU20の選手も何人かいました。コーチの方は元オールブラックスというとんでもない経歴の持ち主です。身体が大きいことは当然のことながら、スキンヘッドに腕には大きなタトゥーが入っているというかなりイカツイ身なりをしていました。正直、その風貌から最初はめっちゃビビってましたが(笑)、個人セッションを開くなどして熱心に指導してくださるとても優しい方で、大変お世話になりました。コーチに教わったことは、今でもいきています。
最初は2人とも緊張しながら練習をやっていましたが、現地の方はみんなフレンドリーだったため、だんだんとクラブに馴染めるようになりました。みんな心からラグビーを楽しんでいたことやスイッチのオンとオフの切り替えのすごさが印象に残っています。最終週の土曜日に試合に出たことも良い思い出になりました。
また2014年のサニックスワールドラグビーユース交流大会で優勝したハミルトンボーイズという高校で、朝練を週に1回共に行いました。ラグビーをするというよりも、ランニングメニューをこなしました。練習開始が朝の6時半であったため、朝起きるのは結構辛かったですが、有意義に朝を過ごすことができたと思います。


ラグビーや勉強だけじゃなく、観光も楽しむことができました。なかでもスーパーラグビーの観戦が1番面白かったです。レベルが高いのはもちろんなのですが、みんながレプリカジャージを着たり、野次を飛ばしあったりと、その場の雰囲気を楽しむことができました。
ホストファミリーの方にもかなり助けられました。こちらに常に気をつかっていただき、おかげで快適に過ごすことができました。ファミリーには小さい子供が2人いるのですが、彼等とじゃれて遊ぶ時間がとっても幸せでした!本当に2人とも可愛かったです!

この留学で起こったことはすべて書ききることはできませんが、ざっくりいうとこんな感じです!なかなかにハードなスケジュールでしたが、
その分すごく充実していたと思います。貴重な体験をさせていただきました。今後もこの体験をいかせていけたらなと思います。


なんだか、とりとめのない文章になってしまいました。そろそろ次の人にまわそうと思います。では、次は中学、高校と学校が同じで、大学に入った当初は絶対ラグビーなんかやらないと言ってたものの、今となってはすっかりラグビーをしている、本田で!

<< 2015年5月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)