大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2015/9

ひしひしと。

投稿日時:2015/09/17(木) 18:02

こんにちは…マネージャーをしております、社会学部1年の柏 春香です。
最初に申しあげておくと、ながい文章を書くのは苦手です…。140字以内で「今、なにしてる?」かつぶやくのは大得意なんですけどね…何でですかね…

りこに「同期一の母性」と紹介されてしまったわたしですが、わたしが母ならりこはかわいい末っ子、りさこはしっかり者お姉ちゃん、しょうこりんは近所にいる不思議な女(年齢不詳)ですね。プレーヤーは自分たちのことは紹介するわりにマネージャーには全く触れてこなかったので(別に嫌味とかいってないです)ちょっと紹介してみました。そんな感じです。

しょうじき興味ないと思いますが、わたしの話をします。

出身は、東洋英和女学院という都内の中高一貫校です。いや、知らねーよって感じですよね。ざっくりいうと、1日の始まりと終わりはお祈り、授業の始まりと終わりはごきげんようみたいな女子校です。そんなところから来たようには見えないね、とよくいわれます。去年『花子とアン』っていう朝ドラの舞台になってた学校なんですよね。って、朝ドラなんてあんまりみないですよね。吉高由里子が学校にきました。はい。

部活はワンダーフォーゲル部でした。いや、なんだよそれって感じですよね。ざっくりいうと、登山部です。得たものといえば、テントがひとりで張れる能力くらいです。でも、山は大好きです。海より山派です。そんな部活してたようにはみえないね、とよくいわれます。

一橋にはいったら、武道をやろうと心に決めていました。ですが、いざ新歓にいってみると「これだ!」みたいな雰囲気のところに出会えず、ずるずる入部をひきずり、気付いたら新歓難民予備軍になっていました。
これ乗り遅れたやつだなーやばいなーとかぶつぶつ言いながら登校していたとき、赤いウィンブレを着たガタイのいいお兄さん(どなただったんでしょうか)にいただいたのが雅月コンパのお知らせでした。
そのときは何のつながりもなかったラグビー部のコンパに、しかもあんな寒い日に、勇気をふりしぼって(ぼっち)参加してほんとうに良かったと今は思います。

丁寧に仕事を教えてくださるマネージャーの先輩方をはじめ、いつも笑顔で話しかけてくれるプレーヤーの先輩方、さいきんニヤニヤいじる話題が増えた同期と、人に恵まれたラグビー部に入れてよかったなあと、夏休みが終わりそうないま、ひしひしと思っています。ラグビー部のマネージャーとして選手や試合をサポートすることへのやりがいを感じはじめ、毎日楽しいです。一応いっておきますが、筋肉も見てますけどラグビーも見てます。

なんだかちょっと長くなってしまいました。日頃のつぶやきのおかげですかね。そんなこんなで、次はもうすぐニュージーランドから帰ってくるしょうこちゃんに回します!そういえばもう一人くらい海外から帰ってくるやつがいる気がしないでもないですけど、きっとわたしの勘違いですね、はい。しょうこちゃんが帰ってくるのが待ち遠しいなあ!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
 

1日オフは最高ですね

投稿日時:2015/09/10(木) 18:06

こんにちは!りさこちゃんから回されました、法学部1年の鈴木莉子です。
私の声なんかより、りさこちゃんの笑顔のほうが1000倍かわいいと思います。

とりあえず自己紹介をしたいと思います。
出身高校は渋谷教育学園渋谷高校、略して渋渋で、中高ずっと吹奏楽部に在籍していました。
渋谷という場所柄に合わず、アットホーム感あふれる居心地のいい高校でした。
部活も、同期のみんなに比べたらほんとにゆるーい部活だったとは思いますが、高校時代は自分なりに部活にすべてを注いでいました。
毎朝朝練に遅刻しないとか、先輩にはきちんとあいさつするとか、とにかくつらくても毎日部活にいくとか、そういう粘り強さや基本的なマナーが身につきましたし、本当に吹部に入っててよかったなと思う毎日です。

なんか固くなってしまいましたが、、それでは入部の経緯について、すこし。
わたしがラグビー部にマネージャーとして入部したことは、周囲にもとても驚かれますし、自分でもまだ信じられないくらいです。

そんな自分が今ラグビー部にいる理由は、大きく分けて2つに分かれると思います。
1つめは、やっぱりラグビー部の雰囲気や先輩方の人柄の良さ。
音楽系で入りたい団体が見当たらず、新歓難民と化していた自分にとってラグビー部はほんとに神様のようでした。

2つめは、入部宣言前日のしょうこちゃんとの運命的な出会い。
たしか一緒にアフターをした翌日くらいに、しょうこちゃんとばったりはちあわせ、意気投合し、大学の噴水の前で明日入部しよう!と二人で決意を固めたことを鮮明に覚えています。通りがかった現在別の体育会マネージャーの女の子にもなぜか一緒に入部しようと持ちかけたこともなつかしい思い出です。

そんなこんなで、今入部してから約半年が過ぎ、秋シーズンに突入しています。
部活でもそれ以外でも、先輩方のように気の使える女子を目指して、頑張ります!

それでは、長くなりましたが、このへんで失礼します。
次は、同期一母性あふれる、かしはること柏春香ちゃんで!

 

パンを愛することを誓います。

投稿日時:2015/09/05(土) 19:40

こんにちは。
仲西くんから紹介を受けました、経済学部1年の望月理紗子です。

今回部日記を書くにあたり、どのように自己紹介をしようかと考えたところ、私は大きく分けて3つの要素で成り立っているようです。

まず初めに、中高6年間は料理部に所属していました。料理部というと、家庭的で女の子らしいイメージを持つ方も多いと思いますが、そんなことはありません。単純に毎回の部活でおいしいものを(作って)食べられるのが幸せだったのであり、決して料理が得意なわけではないです。むしろ作って食べさせてほしいです。

二つ目に、小さい頃からずっとバレエを習ってきました。雨にも負けず風にも負けず、トゥシューズの激痛にも負けず、ひたすらスタジオに通っていました。お稽古はそれはもう厳しく辛かったので、並大抵のことではめげない精神力が鍛えられ、今では続けてこられて本当に良かったと思っています。

三つ目に、タイトルにもあるように、パンを愛しています。スーパーの食パンから人気店の焼き立てクロワッサンまで、守備範囲は広く、特技はどんなパンにもおいしさを見出すことです。焼き立てほかほかのパンに埋もれて死ぬのならそれもまた本望なのです。

さて、私はバレエに限らず体を動かすことが好きなので、大学では自分がプレーする部活もいいな、なんて思っていました。マネージャーにも多少興味はありましたが、正直に言うとラグビー部という選択肢はありませんでした。にもかかわらずラグビー部への入部確率が0から100になったのは、なんといっても新歓の力です。色々な団体の新歓を受ける中で、ラグビー部の新歓隊長をはじめとする先輩方の熱心な勧誘に心を動かされました。
実際に練習を体験した時も、和やかで楽しそうな雰囲気を見てこの部活に入りたいと思いました。入部当初はボールの動きを追うのに精一杯でしたが、少しずつルールも覚え、初の夏合宿も乗り越え、何とか部活にもなじんできた気がします。これからどんどんスキルアップしていきたいです。4年間頑張ります!

次は、弾むような笑い声がとってもかわいい鈴木莉子ちゃんにまわします!

<< 2015年9月 >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)