大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2016/4

もう滑りたくない…

投稿日時:2016/04/29(金) 01:02

更新が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。昨年同様、山本から部日記を回されました4年の和田です。次に書くときは引退直前だと思っていたのですが…笑
 
 
山本に最初は怖いと言われてしまいましたが、実際どうなのでしょうか。先日、ゼミに新たに入ってきた少し強面の3年生にも「先輩ほどいかつくないですよ」と言われてしまいました。もし初対面で怖いと思われていたらショックです。ただ割と不愛想で少しコミュ障なだけなんです。全然怖くないですよ。後輩のみんなの第一印象がとても気になります。
 
 
早いもので入部して4年目になりますが、とても恵まれた環境でラグビーをしてきたなと思います。人工芝のグラウンド、風呂付きのクラブハウス、ウエイトルームも完備、一橋大学の他の部活では味わうことのできない環境です。1年生には恵まれていることを噛みしめながら大学ラグビーを楽しんでもらいたいです。
 
さて、素晴らしい設備がそろっているラグビー部ですが、その中でも僕が一番ありがたいと思っているのは風呂があることです。暑い日はたくさんかいた汗を流して、寒い日は冷えた体を温めてから帰宅できる。疲れた時は湯船に浸かって体を癒せる。高校時代では考えられないことです。ただ、最近恐怖心を持ちながら毎回お風呂に入っています。なぜなら、浴室に入る一歩目でよく滑って転ぶからです。お恥かしい話ですが、ここ1年で少なくとも3回は足を滑らせています。僕が単に歳をとったからなのか、それとも掃除が徹底されていなかったのか原因はわかりませんが、風呂掃除を担当している人には是非とも僕のような被害者が出ないように改善してもらいたいです。風呂で足を滑らせて頭の打ちどころが悪くて死ぬみたいな死に方は嫌です。
 
 
次は倉嶋に回したいと思います。たまに早船って素で呼び間違えちゃってごめんね。
 

ポイントは3点

投稿日時:2016/04/04(月) 11:09

ピュアでラグビー大好き人間、秋山からバトンを頂きました3年の山本です

まずはこの場を借りて、更新が遅れてしまったことをお詫びします
色々とバタバタとしていまして…
(バタバタとしていてという言い訳は、反論しにくくて便利らしいです)

さて、そんな言い訳はさておき、もう3年生となってしまいました
時というのは恐ろしいもので、ついこの前までは二十歳超えるのは当分先の話だと思っていましたが、もう現実となっています
ある研究では、人間の体感時間は反比例のグラフを描き、20歳で人生の半分を過ぎることになるそうです
この話はまさにそうだなとひしひしと感じているところです
一日一日何かしておかないと、本当に思った以上の速さで時は過ぎていきます
自戒の意味も込めて、日々を一生懸命すごさなきゃなーと思っているところです。平日の朝遅くに起きて、パソコンをいじりながら

とりとめのない内容になってしまったので、一つのことについてお話できたらなと思います
バイト先でもよく言う言葉の「もってかえってもらう」話です
次、部日記を書くのは卒業する時だと信じて少し真面目に書きたいと思います

怠けていることは喜びかもしれないが重苦しい状態である
幸せになるためには何かをしていなくてはならない
かの有名なガンディーの言葉です
さっきの話にもつながってくるのですが、大学生活は本当にあっという間です
遠い未来に思えることが今この瞬間だったりなんてざらにあります
振り返る暇もなく日々は過ぎていきます
そんな中で自分は一体何を残せられるか
それを考えるのはすごく難しいです
難しすぎてどうしていいかわからないです
どうしていいかわからないとあるがままを受け入れるしかない

そんな中で何か一生懸命になれるものに打ち込めるのは素敵だと思います
高校生の時ほどのバイタリティーが今はなくても

そこでラグビー部は一つの選択肢としてお勧めです

なんて、なんのとりえもない自分が語ってしまいました

…まあ結局は新歓PRが半分、本音が半分みたいな感じです(笑)


次は、最初は怖いけど知れば知るほどいい人、和田さんで
「次は和田さんに回します」といった時、「また俺かよー」といいながらも、内心では喜んでいたに違いない!
…はずです(笑)

<< 2016年4月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)