大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2017/7

初めまして、ケイシーです

投稿日時:2017/07/24(月) 22:31

中山君から部日記を回されました一年の長澤です。中山君とは前期試験、共に東京大学の理科I類を受験し見事に落とされた(中山は浪人なので2回落とされた)理系仲間であり、同じ後期試験で経済学部に入っただけでなく誕生日も同じであるというように何かと縁を感じています。来年の誕生日は2人でスーツを着て新宿の叙々苑に行く予定です。

部日記の更新が大変遅れてしまい申し訳ありません。実は中山君が書いた次の日にはもう既に書き終わっていたのですが更新の仕方が分からず放置していたら一ヶ月近くたってしまいました。戸田に回すように言われなかったらもっと遅れてしまうところでした。戸田、ナイス。

自分は典型的な理系であり、中学生の頃から国語は全捨てして好きな理系科目しか勉強してこずこういった文章を書くというような事からは徹底的に逃げてきたので、稚拙な文章になってしまいますが勘弁してください。おかげで大学入ってからかなり苦労しています。

何書けばいいのかよく分からないので無難に自己紹介していこうと思います。自分は下の名前はケイシーと言い、一応ハーフ(スクラムハーフではない)をやらせてもらっているのですが、生まれは調布で三鷹で育ち、英語のクラスも標準で英語もそんな話せないというように全く国際色がありません。同期に帰国子女が多く、自分よりも英語をはるかに話せるため僕の立場がなくて困っています。高校の頃のように単語の発音とかをさせられてみんなにすごいねと言われてた頃が恋しいです。

出身校は一橋大学の近所にある都立国立高校です。自分はラグビーを中3の時にスクールで始め、高校で本格的に始めました。ポジションは主にNo8をやっていました。大学でもバックローとして生きていこうと決意してたのですが、なんだかんだフロントをやる未来しか見えてこなくて泣きそうです。嫌いなプレーはヒット、スクラム、ブレイクダウンの仕事、ラインアウトのリフトで、特に嫌いなプレーがモールです。足踏まれすぎて泣きそうになります。上以外のプレーはだいたい好きです。
自分が大学でもラグビーをやろうと思った理由はやはりラグビーが大好きだからです。受験期も毎日1試合はラグビー見てた気がします。サンウルブズの開幕戦も二次試験の1日目が終わったら速攻で見ました。自分は今まで8種目ぐらいのスポーツをやってきてどれもしっくりこなかったのですが、ラグビーは違いました。自分はラグビーをするためにこの世に生まれてきたのだと思いました。あと一橋大学ラグビー部の先輩方は本当に上手い人が多くて早く追いついて追い越したいです。

自分は本当ならば一橋にくるはずの人間ではなかったのですが、色々な縁も重なり巡り巡って入ってしまったので精一杯ラグビーを楽しみたいと思います。とりあえず僕の1年生での目標は対抗戦にスタメンで出ることです。高校時代は部員が少なく、レギュラー争いという概念がなかったのでレギュラー争いを楽しみたいと思います。

次は無難に高校の同期で3年間クラスも一緒、部活も一緒、ウェイトの数値もだいたいおなじで高校生活の9割は一緒にいてもはや空気と化した、合格最低点でギリギリ滑り込んだ社会学部1アホの佐々木君に回したいと思います。高校時代の写真を見返すと大体佐々木が写り込んでいて嫌な気持ちになりました。
まとまりのない文章を書いてしまい申し訳ないです。

 

<< 2017年7月 >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)