大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2017/8

<<前へ

大谷美結です

投稿日時:2017/08/26(土) 05:00

こんにちは!ゆいからバトンを受け取りました、商学部1年の大谷美結です。紹介にもあった通り今夏ベルギーに留学しており、このブログも異国の地から更新しています!自分の語学力の乏しさに泣きたくなりますが、毎日が新鮮で充実した日々を送っています。1年生最後ということですが、トリを務めるのに相応しい文才は持ち合わせていないので拙い文章ですが読んでいただけると嬉しいです。

まずは私の自己紹介からさせていただきます。出身高校は日本一高校名が長い、金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校、略して金大附属です。地元の石川県金沢市は、おいしいお魚と綺麗な駅が有名なとても素敵なところです!!北陸新幹線の開通で東京から2時間半で行けるようになったので、興味のある方はぜひ!(笑)金沢のPRで話が少しそれましたが、部活に関しては中学校はハンドボール、高校は女子部がなかったので男子ハンドボール部のマネージャーをしていました。高校でマネージャーを経験し、横で見ていながらも自分で体を動かせないことがもどかしかったので大学では絶対に自分でスポーツをする!と心に決めていました。

しかし、他の同期マネージャーが言うように新歓期とは不思議なもので、今ではマネージャー歴4年目の生活を送っています。ラグビー部に入部を決めた理由はたくさんありますが、一番大きかったのはマネージャーも含め全てのメンバーが一個人として尊重されていると感じたからです。過去のマネージャー経験から、マネージャーの仕事は自分が主役となるようなものではなく、主役の人を輝かせるようなものだと思っていました。もちろんその側面もありますが、先輩方の話を聞いたり、練習を見学したりする上で、一橋ラグビー部ならマネージャーも選手と同様、責任感や達成感があり自分自身も輝ける!と思い入部しました。

事実上ではマネージャー4年目ですが、高校の時とはまた違う新たな捉え方ができたので、マネージャーという役割を通して多くのことを吸収し、成長していきたいと思っています。素敵な先輩・同期とともに一橋ラグビ−部のさらなる発展に力を添えられるよう、私なりに努力していきますのでこれからもどうぞよろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます。次は、漢字は同じだけど読み方が違う、2年生の大谷(おおや)さんに回したいと思います。

布施唯です

投稿日時:2017/08/24(木) 17:03

あさまいからバトンを受けました、布施唯です。まず一つ訂正させてください。ずっこけることは特技ではありません!ただ、先日同期で海に行った時に、味方チームが敵を陥れるために掘った穴に落ち、サッカーで思いっきり蹴って空振りした勢いで転び、バレーボールでレシーブしようとしてしりもちをつき、その他にも数回こけたのは事実です。認めます。

さて、自己紹介に移ります。
出身校は渋谷教育学園渋谷中学高等学校、略して渋渋です。中高6年間、バトン部に在籍していました。バトントワリングというものをご存知でしょうか。踊りながらバトンを回し、投げ、取る。少し複雑な技になると、投げて、2回ほど回ってから取ったり、2本同時に回したり。校内発表や大会にむけてバトンやチアの作品を自分たちで振り付けし、日々踊っていました。技に失敗して腕や足にあざができたり、頭に絵にかいたような美しいたんこぶができるのはよくあることでした。それでもバトンが好きで、踊ることが好きでした。当然、大学でもダンス系の何かをやるつもりでした。

要するに、入学前の私はラグビーとは無縁であり、マネージャーに対する憧れなど全くなかったわけです。しかし、新歓期というのは不思議なもので、気づけば何度もグラウンドに足を運んでいました。ラグビーのことを何も知らない人がマネージャーなんてやっていいのかと葛藤しつつも、気づけば入部宣言をしていました。そして、気づけば春シーズンを終え、国立合宿、菅平合宿までも乗り越えてしまったようです。

入学前はここにいるなんて考えてもみなかったわけですが、この数か月を振り返っても、今まで部活が嫌になったことはありません。それは、ラグビー部の温かい雰囲気が好きだから。優しい先輩方とにぎやかな同期に囲まれて毎日楽しいから。ラグビー部に入って本当によかったなと思っています。ルールやポジションを覚え、マネージャーの仕事にも少しずつ慣れてきたとはいえ、まだまだ毎日が新鮮です。これからも少しずつ吸収しながら、チームに貢献できるマネージャーに成長していきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次はついに1年生ラスト!この夏ベルギーに留学しているみゆに回します。

あさだまいです

投稿日時:2017/08/24(木) 08:14


こんにちは!マニラ系女子しおりからバトンを受け取りました法学部1年の浅田麻衣です。よろしくお願いします。どうせなら「舞」という漢字が良かったなと自分の名前を言う度に思います。

しおりの紹介で関西弁とある通り私は生まれも育ちも大阪です。自己紹介として特筆することもありませんし、関西には京都大学があるのに何故わざわざ東京に来たの?と聞かれることが多いのでその理由をお話ししたいと思います。私は高校3年生のはじめに文転をしてからずっと京大法学部を目指して勉強していました。社会の1科目は独学ということもあり地理と倫理政経を選択していました。しかし、高3の秋のある日私は自分の科目では京大法を受験できないことを知ります。京大法を受験するには社会に歴史の科目が必要だったのです。今でこそ笑い話ですが当時は数日寝込んで学校に行けないほど衝撃的な事件でした(笑)そして紆余曲折の後現役での京大法合格を諦め、地理と倫政で受験でき、質の高い法学が勉強できそうな一橋法を目指すこととなりました。今では毎日充実しており、むしろ科目を間違えて正解だったのでは、とちゃっかり思っています。

さて、そうして滑り込んだ一橋大学で何故ラグビー部を選んだかと言いますと、雰囲気が主な理由です。まず新歓期に一橋内で勢いのある体育会に惹かれました。ですが私は高校時代に選手として剣道部に属しており、あのしんどさはさすがに大学では味わいたくないな、と悩んでいました。その時にラグビー部の新歓を受け、普段はとても優しくてでも試合や練習では真剣な雰囲気を知り、マネージャーとしてこの部活に入りたいと思うようになりました。

ラグビー部に入部して早数ヶ月、少しずつラグビーの魅力、先輩方、同期達の事を知り、今は心の底からこの団体の活躍に貢献できるようになりたいと思っています。最初に述べさせて頂いたようにかなりのポンコツ人間な私ですが、ポンコツなりに頑張りたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。次は、しっかりしてるけど特技はずっこけることという茶目っ気たっぷりなゆいに回したいと思います。

岩崎詩織です。

投稿日時:2017/08/23(水) 17:30

はじめまして、浦島くんからバトンを受けました社会学部1年の岩崎詩織です。更新が遅くなってしまい申し訳ないです。

私は、生まれは東京ですが、5歳から高校卒業までの13年間をフィリピンのマニラで過ごしました。南国でゆったり気ままに育ちました。滞在歴が長いので、日本語をよく心配されたり、日本の文化を全く知らないのではないか、と誤解されがちですが、小学校は日本人学校だったので、日本語は問題ないと思っています。

スポーツはもともと好きで、小学校からソフトボールと水泳、テニスをしていました。中学からインターナショナルスクールに通っていたのですが、そこではスポーツ(部活)はシーズン制で、学期ごとにできるスポーツが違いました。なので、中高時代は時々ソフトボールをしたり、テニスをしたり、色々なスポーツをしていました。あと、ダンスという授業が高校にはあったので、これを4年間取っていました。

さて、なぜ大学に入ってラグビー部を選んだかというと、体育会への憧れと、部の雰囲気の良さです。先ほど言ったように、中高ではスポーツはシーズン制だったので、長い間一つのものに打ち込む、ということが出来ませんでした。また、部活の繋がりの強さにも憧れていました。なので、大学に入ったら絶対に体育会に入って4年間を過ごしたいと決めていました。新歓期は、色々な部活で迷いましたが、ラグビー部の仲の良さ、にぎやかな雰囲気に魅了され、ここしかないと思い入部宣言をしました。

入部から3ヶ月以上が経ち、先日菅平合宿も終わりましたが、尊敬する先輩方や仲の良い同期たちに囲まれて、心からラグビー部に入って良かったな、幸せだな、と思います。これから対抗戦が始まりますが、チームを支えられるように、頑張っていきたいです。

次は、笑顔と大阪弁がとってもキュートなあさまいに回します。

合宿だぁ!

投稿日時:2017/08/09(水) 01:02

平手くんからバトンを受けました、一年生プレーヤーラストの浦島です。先輩たちにはできるだけはやく更新するように急かされているので、国立合宿の前日夜中にもくもくと文章を書いております。
 

僕がラグビーに出会ったのは高校の時でした。進学校だったので、運動部は人気がなく、ラグビー部はその中でもさらに人気がありませんでした。そんな中、個性的で優しい先輩たちに惹かれ、気づいたら入部していました。しかし、最初は大変なことだらけでした。走れない、ルール分からない、ヘッドキャップは逆に被っちゃう。それでも徐々に慣れていき、3年間楽しむことができました。
 

実を言うと、僕はラグビーを大学でも続けようとは思っていませんでした。高3の受験期にダイエットしつつ勉強して、一橋に合格して、ダラダラした大学生活をおくる予定でした。けれども受験期にポテチの誘惑に負け、ダイエットに失敗した時点で僕の計画は狂ってしまいました。食事制限をして頑張って痩せる生活よりも、好きなものを好きなだけ食べられる生活を選ぼうと思いました。合宿中に毎日5.5合のご飯が食べられるなんて、ラグビー部だけです。
 

ここで、僕の人生モットーを紹介させていただきます。

『 Work Hard, Play Harder 』

真面目にやる時には真面目にやり、遊ぶ時は思いっきり遊ぶ。この言葉を胸に、迫り来る国立合宿というビッグウェーブを乗り切りたいと思います
 

ちなみに、明日の合宿初日は今夏最も暑いらしいです。やばいですね、死なないように頑張ります。それでは、明日の荷物造りをしなければならないので、終わりとさせていただきます。読んでくださりありがとうございました。

次は、「Oh my god!」という最高の口癖を持つマネージャーの岩崎詩織ちゃんに回したいと思います。

«前へ

<< 2017年8月 >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)