大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2018/2

たいたまね、しあを広く。

投稿日時:2018/02/24(土) 09:23

女子高生の下半身を持つ小酒井から回されました仲西です。増量の鬼とのことですがそれは入部したてのころの過去の話です。その証拠にこのオフで体重は4kgしか増えていません。





入部した際の自己紹介を書いた時以来の部日記となるので、どんなことを書けばいいのかよくわかりませんが、とりあえずこのオフのことを書こうかと思います。

とても楽しく後輩たちの意外な一面が垣間見られた部旅行が終わり、3週間以上もオフがあったはずなのですが、その大半を閉鎖空間内のホワイトボードの前で過ごしてきました。小酒井も言っていた通り、会議は想像以上に大変です。しかしこれだけ頭を使ってラグビーにどっぷり浸かっている状況は今までになく、楽しさも感じています。春シーズンからこれらをお披露目して実践するのが今から楽しみです。まずは初日のネオ東芝とショットガン、気合い入れていきたいと思います。





この部日記を読んでいる受験生がどれだけいるかはわかりませんが、一応受験生向けにメッセージを書きたいと思います。僕は3年前の2/24は勉強に身が入らず、スマホを握りしめたまま1日が終わってしまい、絶望と後悔に押しつぶされそうになった記憶があります。そんな人でも意外と受かるのが一橋です。なぜこいつが受かってもっと勉強してた高校のあいつが落ちるんだと思うことがよくあります(誰とは言いませんが)。何が言いたいかというと気負いすぎずに普通にやれば受かっちゃうと思うので、普通を出せるように今日しっかり準備をしてさっさと寝ましょうということです。頑張ってください。そして合格したあかつきには是非ラグビー部に顔を出してくださいね。





とりとめのない文章となってしまいましたが、これで終わります。次は呪いの継承者で新歓隊長を務める葛くんに回したいと思いましたが去年も書いていたのでやっぱ倉光で。

スーパーラグビー開幕

投稿日時:2018/02/21(水) 01:36

堺のブラザーの小酒井です。僕は誰かが堺の事を呼んでいるのを聞いて自分が呼ばれているのと勘違いする事が多々あるのですがその逆は全く無いそうで何となく損した気分です。名前間違えネタで言うと早船⇆倉嶋の呼び間違えが個人的に永遠のミステリーです。確かに学年・高校・一説ではポジションも同じと何かと共通項の多い二人ではありますがそれはかつてのおぎ&大谷も然りですし、なんなら国高ガチムチコンビの方がポジションは違えど脳内イメージのシンクロ率が高いと思うのですが、何でみんな彼らだけ執拗に呼び間違えるのでしょう。有力な仮説を持ってる方は僕にご一報ください。





この時期の部日記は冬オフに関するあれこれと受験生へのメッセージを綴るのが定石みたいな風潮があるので僕もそれにのっとって筆を進めたいと思います。





今までの冬オフを振り返ってみると真っ先に思い浮かぶのはやっぱり会議の事です。会議については色々思う所がありますが、一介の雑務長でしかない自分がチーム作りに関して語るのはアレなので個人的な雑感に留めておきます。歴代の先輩方が言っていた通りで会議って長いし疲れるし大変ではあるけれど、ラグビー理解や発信力を鍛える場としてはかなり良い機会だし、自分より考えが進んでる同期に刺激を受けたりして、それなりに充実感を感じている自分がいます。それに何だかんだ同期といる落ち着くし楽しいですね。会議以外の事だと、オフとは関係無いのですが、最近始めた一人暮らしの素晴らしさに日々感動しています。下宿し始めて同期と一緒にいる時間が増えたのも嬉しいですが、それ以上に通学時間の減少に伴う睡眠時間の増加と疲労の軽減の影響かウエイトの数値がここに来てメキメキと伸び始めたのが1人のトレー二ーとして非常に喜ばしいです。下宿を許してくれた親に心から感謝です。





最後に受験生の方にメッセージを送りたいとと思います。2次試験直前という事でナイーブになってる方もいるかと思いますが、そんな時は筋トレをして下さい。脳筋の戯れ言のように聞こえますが、これには科学的根拠があります。筋トレを行うとテストステロンという1種の男性ホルモンの分泌量が高まると言われているですが、最近の研究ではこのテストステロンの値が高い人ほど自己肯定感が高いという事が分かっています。つまり筋トレをすると筋肉が付くとか付かないとか関係なく、否応なしに自信がついてしまう運命なのです。受験生の皆さんが筋トレによってムキムキのメンタルになって一橋に合格出来る事を心より祈っています。





次の部日記は増量の鬼こと仲西で。よろしく!

パンフレット頑張ります。

投稿日時:2018/02/15(木) 11:18

成田から部日記を回された新3年の酒井です。間違えた堺です。誰にでも間違いはありますね!一週間の期限が迫っていることに気づき焦って書いてます。時の流れって速いものですね。もう大学生も折り返し(うまくいけば)かと思うと少し焦りを感じます。



 



 



規則正しい生活を送る成田くんとは違い、オフ入りまでは(ある意味)規則正しい生活を送っていた僕ですが、最近はひっそりと一人狩猟に出かけることが多く、生活リズムが崩れつつあります。オフも半分を過ぎたので、そろそろ気をつけなければならないですね。



 



 



過去の部日記を見ると、この時期は受験に関連した投稿が多いので、自分も自分の受験の経験について綴って行きたいと思います。自分は一浪です。現役の時は正直遊んでしかいませんでした。ジャンプとマガジンは毎週欠かさず読んでたし、家に帰ったら映画とかお笑い番組とか次の日まで見てました。センター試験前日に自室に篭ってドラマのブザービート全11話を1日で見切ってしまい、達成感と絶望感の入り混じった気持ちになったのは今でも忘れられません。当然のごとくセンターの点数は振るわず国立は諦めざるを得ず、また私大も全て落ち、当然のごとく浪人することになりました。そんな自分でも1年間必死に勉強し、2年前晴れて一橋大学に入学することができました。こんな応援の仕方で大丈夫かと心配になってきましたが、気にせず書き続けます。油断と焦りは禁物だとはよく言いますが、僕は受験の時に大切なのは良い塩梅の油断と焦りだと思います。あまり気負過ぎてミスをいちいち気にしてたらきりがないし、緊張感がなさすぎてもいけません。ミスをしたと分かっても、他の人も同じミスをしたと信じて引きずらないようにしましょう。



 



 



なんかここまで全然ラグビー部っぽくないので、最後にラグビー部に勧誘しときます!ラグビー部には、なにかを本気でやりたい人を全力でサポートする環境が整っています。去年は、もう俺にやることはねぇと言って部室に昼ごはんを食べに来た油断にまみれた受験生をサポートした結果?見事合格し、今ではラグビー部の心強い一員です。試験日ではなくても、合格した後でいいので、是非グラウンドに遊びに来てください!



 



 



結局一週間過ぎてしまいましたすみません。次は、僕と名前が似ていて今年からブラザーになった小酒井さんに回したいと思います。



 

絶叫マシンってやっぱり怖いです

投稿日時:2018/02/06(火) 21:46

こんばんは。宮瀬さんからバトンを受けました成田です。大喜利の話がありましたが、あの巻き返しは、班員のみならずあの場にいた全員の最低点の班を激励したいという切望と協力、つまるところのチームスポーツにおけるボトムアップのsuccessful体現のようなもので、私のセンスなんてものの寄与は微塵もないでしょう。ちなみに、ポジションは1桁代でふわふわしてますが、まだサイトのメンバー紹介の欄にはFB2文字が輝いているのでそろそろステップ練習を始めようかと考えているところです。

さて、最近の生活はというと、起床ウェイト帰宅キングダム(漫画)、採点バイト就寝と極めて規則正しい生活をしております。
オフならではの生活ですね。

2月オフが明けると春シーズンが始まると同時に、とうとう先輩になるのがもう目と鼻の先になります。久しぶりに先輩になるのに多少の不安がありますが、一橋ラグビー部の中心へ近づいて行っているという自覚を持って良い緊張感につながればと思います。不安もさることながら今年はオリターとして勧誘に精を出したいと思ったり、純粋に新しい部員たちを楽しみにする気持ちの方が強いですね。そう考えると採点バイトがとても理にかなってると感じざるを得ません。受験生を採点で応援して、その報酬は新入生と一緒にパーっとやっちゃおうってゆーのですから!2月オフのウェイトも胴上げのクオリティの向上に繋がると思うとやる気に拍車がかかりますね!(異論反論認めません。)という感じで、未来の新入生のみなさん、ラグビー部はみなさんを迎える準備万端というところです。

もーだめです。集中力の限界なので次に回したいと思います。KCに宮瀬さんと、K sole brothersの香りがぷんぷんするので、無難ですが酒井さんに回したいと思います!最後に小学生みたいな文章でしたがお付き合い頂きありがとうございました。
 

無事帰還しました

投稿日時:2018/02/02(金) 00:43

こんばんは。ケイシーからバトンを受けました、新4年の宮瀬です。年が明けてから部日記更新の頻度が上がり喜ばしいものだと他人事のようにと思っていたのですが、いざ自分に回ってくると短期間での更新はなかなかに難しいものです。今後もできる限り1週間ペースを守っていきましょう。

 

つい先ほど、12日の部旅行から帰ってまいりました。迫る博物館の閉館時間、何もかも未知数な料理対決、まさかの雪富士急、ハンドブレーキトラップなど、予定外の事態も多く発生しましたが、運営学年側としては無事に無事故で終えられたことに心底ホッとしています。部員との仲も深められて、楽しい2日間でした。

 

 話は変わって、最近ラグビーについて思うことを書きます。「ラグビーは始めて45年経った頃から面白くなる」という話を誰かから聞いたことがあります。自分は高校からラグビーを始めたのですが、高校時代は部員が3人しかおらず、シーズンごとにメンバーの変わる合同チームで試合をしていたので、組織としてのラグビーは実質大学に入ってから始めたようなものです。大学で初めて一つのチームで練習を積み上げていくという過程を経験し、ラグビーをわかったように思っていましたが、甘かったです。4年目が始まり、個人だけでなく今まで以上にチームの戦術や積み上げかたそのものを考えるようになって、改めてラグビーの奥深さや自分の知見の狭さを日々感じるようになりました。同時に、最終学年になってやっと組織としてのラグビーへの理解がちょっとずつ深くなっているような気もしていて、そのことに面白さも感じられるようになってきました。こんなにも構成要素が多く、個人の能力と組織の連携が複雑に絡み合う競技は他にないように感じます。冒頭の言葉は、ラグビーを3年ほど経験すれば個人だけでなく組織としてのラグビーをちゃんと考えられるようになってくるという意味なのだろうかと解釈しています。もっと早くラグビーを始めていたらもっと深い理解ができていたのだろうかと思うこともありますが、過去を嘆くよりは現在の努力に全力を注いでいきたいと思います。

 

 さて、明日からラグビー部は1か月の長期オフに入ります。楽しみな予定を多く抱える部員も多いことでしょう。でもきっとオフの後半には「そろそろ練習したいな」と体が疼きだすのではないでしょうか。オフはラグビーと一度離れることで、改めて自分の中でモチベーションを高める期間でもあると最近思います。まずはオフ中のウエイトと体作り頑張りましょう。

 

相変わらず面白味のない文になってしまいました。次は部旅行のレクで大活躍していた成田に回したいと思います。大喜利で魅せたユーモアセンスあふれる文章を書いてくれることでしょう。

 

<< 2018年2月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)