大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2019/11

謝るくらいなら、ありがとうと言って!

投稿日時:2019/11/21(木) 23:10

1年生の頃、初めて書いた部日記を回した
宮田からバトンが返ってきました。松尾です。
おぎは部日記のペースに余裕をこいてましたが、残り二人残して残り数日、
伝統をまた守ってしまったようです。
最終戦電車の中でまとめて読んで涙目になりながら熊谷へ向かった、
4年生の部日記を今自分が書いていること。感慨深いものがあります。
文才は一切ありませんが、頑張って書いていきたいと思います。


松尾といえば怪我でしょうから、自分の怪我遍歴と共にこの4年間を振り返って行きたいと思います。

入部のきっかけは惰性の面も強かったと思います。中高とラグビーを続けてきて、何をやりたいでもなかった。
そんな中で、片野田さんと宮川さんという信頼できる先輩方がいるのは安心できた。彼らが言うなれば間違いはないと、そう確信していた気がします。
気付いたら3月中に入部していました。
入部確率聞かれたらとりあえず100%って言えばいいよ。
という片野田さんの言葉に騙されて。


初めて目で見る対抗戦。

授業や肉離れの怪我でなかなか練習に参加できていなかった自分が立教戦に出場する機会をもらいました。ただパニックで頭が真っ白になり、何も出来ないまま試合が終わっていました。すみません。
奇しくも、この試合が自分が出場する最初で最後の対抗戦となりました。試合に出る機会を頂けたこと本当に感謝しています。


2年生での自分はあまり覚えていません。
ようやくPACEとかいう授業から解放されて、練習にちゃんと参加することができる。自分の成長だけを考えながらプレーすることができたのはこの期間だけな気がします。
岩淵組の成城戦、明学戦での感動がただただ印象的で、こんなかっこいい先輩たちになりたい。そう思っていました。


3年生。3年生では練習をした記憶がほとんどありません。
リハビリに次ぐリハビリ。そんな中で、活躍する同期や後輩たちを見ているのは嬉しくもあり、寂しくもありました。

夏合宿。
グローインペイン5ヶ月休んで復帰した直後に前十字靭帯断裂。
これは切れたな。すぐに確信しました。
ああ。一番長くお世話になった先輩方に
自分は何の恩返しも出来ずに終わってしまうのか。
菅平に響く自分の情けない叫びは、今でも頭に残っています。
本当に情けなかった。ごめんなさい。


4年生。
伊東も宮田も触れていますが、会議に次ぐ会議。朝早くから部室に行って、会議をして、帰ったら寝るそんな日がざらにありました。勝つためにどうしたらいいのか。みんなで頭を抱えて考えていました。
BKリーダーとしては、前十字のケガから復帰していない状態で、自分のプレーや姿勢を見せられないことにもどかしさを感じていました。

8月7日この日は自分の誕生日でした。学芸との合同練習、トライした後に立とうとしても体が動かない。
痛みはなかったが、腓骨が斜めにポックリ折れていた。落ち込む部分ももちろんあったが、自分のやるべきことははっきりしていた。チームが勝つための最大限の努力をしようと。



『松尾さんごめん』


本人は多分覚えてないかもしれないが、武蔵戦の敗戦後、グラウンドに座りこむ平手に近づいた時に言われた一言だった。
謝らなきゃいけないのは明らかに自分のほうだ。
グラウンドに立ててないだけでなく、体を張り続けるチームメイトを勝利に導いてあげることも出来ないなんて。お前はなんのためにいるんだ。
と、心には思っていたものの、試合に出れていないことは出来るだけ謝らないようにしていました。自分が皆と一緒に戦っていることを自分で否定してしまう気がしたから。
明学戦ではBKの怪我人が増え、FW2人にBKとして出場してもらう事態となってしまった。特に勇気や寺、菅原には明らかな負担を強いてしまっていて、本当にごめん。


ここまで振り返った通り、自分の大学ラグビー人生は謝らなきゃいけないことばかりでした。
と、同時に本当にたくさんの方にお世話になりました。

大学で3度の手術、中高含めるともっと多くの怪我。心配ばかりかけて、それでも応援し続けてくれた両親。本当にありがとう。

私たちを支え続けてくださった、監督、コーチの陣、東芝の皆さん、obの方々、竹内さん、怪我ばかりで生意気な自分をケアし続けて下さったずっと一緒にいたで賞松岡さん。ありがとうございます。

チームメイトのみんな。成長目まぐるしい後輩たち。明るくチームを支えてくれているマネージャーさんたち。そしてバカなようで賢そうでバカな同期。

特に堀には葛とともに迷惑かけ続けました。意固地でアホだけど、誰よりもチームを思っている。堀がキャプテンで良かったと思っています。みんなありがとう。


一番最初の部日記で、相田みつをの言葉について紹介したので、最後もそうしたいと思います。
「あのときの あの苦しみも あのときの あの悲しみも みんな肥料になったんだなあ じぶんが自分になるための」
対抗戦なかなか勝てずに苦しい時間が続いたかもしれない。それでもその悔しさを肥料として一つずつ成長してきた。一橋大学ラグビー部、悔しさをバネに、今こそチーム一丸に。


自分が入部の時に感じた思いは間違っていなかった。
この最高のチーム、堀内組で戦う最後の対抗戦。このままじゃ終われない。
最後に勝って、みんなと笑いたい。ありがとうと言いたい。
そのために今一度皆の力を貸して欲しい。
思い描いたかっこいい先輩にはなれなかったけど、声を張り続けるから。
皆と一緒に戦わせて欲しい。
東大に勝とう。


堀内組BKリーダー松尾 拓海


次は、彼もまた苦しみながら過ごしてきた一人でしょう。戦い続けるFWリーダー葛に回します。

ラグビーを始めてよかった

投稿日時:2019/11/20(水) 03:29

 

伊東から部日記を回されました宮田です。


 伊東の最初の印象はのっぽで細くて不器用なやつって感じでした。今でも不器用なところは変わらないですが、本当に逞しくなって、fwを支えている姿は素直にカッコいいなって思います。あと、先日バイスリーダーの立ち位置の難しさについて理解し合えたこと、少し嬉しかったです。これは多分伊東と僕にしかわかりません。

 

さて、最後の部日記を書くわけですがまず1つ文句を。初めての部日記を1ヶ月回さなかった僕が言うのもなんですが、最後の部日記を駆け込みで回すこの伝統はなんとかならないものでしょうか。



書きたいことが色々あるので4年間の振り返りは簡単に。





1年生。サークルでのんびり過ごしたい。高校卒業時にそんなことを思っていたのに、気づくとラグビーを始めてました。2年間の浪人生活でおかしくなっていたんでしょう。コンタクトスポーツが新鮮で、心からラグビーを楽しんでいたと思います。



2年生。冬の基礎練でタックルがかなり上手くなりました。A戦にも後半から出られるようになりましたが、なかなかトライが取れずに悩みました。結局対抗戦でもノートライに終わり、wingとして力が足りていないことを実感した一年でした。



3年生。A戦にスタメンで出るようになり、トライも取れるようになりました。周りからも期待されるようになり、少し調子に乗ってました。伊東には40分及びませんが、この年の対抗戦は80分×6+40分の計520分出場し、そこそこ勝負できるwingになれた気がします。


4年生。会議。以上。

こんな書き方をできるくらいには会議をした気がします。チームを引っ張るために、そして勝つために何ができるか。そんなことばかり話していたので、自分のプレーはあまり覚えていません。この一年でどのくらい上手くなれたでしょうか。あまり実感はないです。費やした時間に対して、結果が伴っていない現状に悔しさが込み上げてきますが、幸い東大戦が残っているので、死ぬ気で勝ちに行きたいと思います。

 

淡々と4年間を振り返りましたが、最後の部日記なので正直に色々書きます。



ラグビーは本当にしんどいスポーツでした。練習やウェイトに行きたくないと思った回数は数え切れません。それでも、部活を辞めたいと思ったことはありませんでした。続けてこられたのが同期のおかげかと言われると少し違うかもしれません。単純にラグビーが楽しかった。そして周りに認められるのが嬉しかったんだと思います。




 

 

4年生として部を引っ張る中で最も大事なことは何だ思いますか?


就活で何度も聞かれたこの問いに対する自分の答えは、「皆を認めること」でした。「出来て当たり前」は1つもない。全員に得意があって不得意がある。自分が出来て当たり前のことを出来ない人もいます。例えば声を出すとか。意識1つでできると思われがちな小さいことでも、苦手な人には想像以上に大変なことなんだと。出来ないことよりも得意なことに目を向け、その人を「認める」ことがどれだけその人のモチベーションに繋がるのか。そんなことを話した気がします。



 何を言いたいのかよく分からなくなってきたので、部員全員とはいかないですが、ブラザー始め後輩の何人かに個人的に書きます。



1.2年生BK

日高、トミー。焦らず頑張って。初心者として周りに遅れを取る不安は大きいと思うけれど、基礎の積み重ねが自分をラガーマンとして成長させてくれるはず。

澤井。学習戦ありがとう。今年のBKをギリギリで支えてくれたのは澤井です。来年、同期を引っ張ってあげてください。

かんた。かんたのハーフは間違いなく一橋の大きな武器です。怪我に苦しむシーズンだったけどこれから新井を支えてあげてください。

増古。我がブラザーのしたっぱ。ウザいしバカですがそのストイックさには驚かされます。もの凄い選手になるのを期待してます。

新井、松原。上手いけどふざけすぎるところがあるので注意してください。来年は後輩引っ張りつつ上を助けてあげてください。

弓場。着実に上手くなってるよ。あまり悩みすぎず、でも考えることは忘れずに。3年生は1番上手くなれる1年間だから頑張って。



3年生

平手、潰れた鼻は治らなかったけどめげないで頑張れ。勇気、本物のゴリラになる日まで、応援してます。てら、最近髪型が変だけどどうした?単位取得のための2ヶ条忘れずに、あと写真ください。上杉、物知りバチェラーおじさん、僕をいじれる数少ない後輩の1人です。KC、生意気だけど1番関わった後輩です。24日楽しみにしてます。





長くなりました。最後に感謝を。



家族にはシーズンが終わったら直接言おうと思います。感謝してもしきれません。

監督、コーチ陣、東芝の皆さん、OBの方々、学生主体で部が運営できるのは皆さんの支えがあってこそです。本当にありがとうございました。

松岡さん。松岡さんがいなければ今年のチームはもたなかったと思います。個人的にもお世話になりました。ありがとうございました。

竹内さん。ウェイトよりも野球の話をしに行っていた気がします。4年間本当にお世話になりました。

マネージャー。チームのサポートに徹してくれてありがとう。おにぎり文句言ってすいませんでした。

同期。最後まで1人も欠けることなくこられたこと、誇りに思います。少し恥ずかしいですが面と向かって言えそうもないので、今までありがとう。これからもよろしく。



これで最後の部日記を終えたいと思います。次はBKリーダーの松尾で。三商戦で同じグラウンドに立てることを願ってます。

好きな言葉は情熱です

投稿日時:2019/11/17(日) 06:00

菅原から部日記を回されました、伊東です。

菅原との思い出を思い返そうとすると、いつも隣には、倉光、葛、大谷の国立組がいます。この四年間どれだけこのメンバーで一緒に居たのか、と自分にドン引きすると共に、もう少しで国立組が解散してしまうのかという寂しさも感じます。今度寿司パーティーを開こうか。

さて、様々な人に倣い、私も四年間の振り返りをしたいと思います。



1年生、高校ではバスケをやっていた私にとってラグビー部は未知との遭遇の連続でした。コンタクトした時の鈍い痛み、試合後3日は続いた首の筋肉痛、夏の日の太陽の暑さ、などなど苦しい事をたくさん知りました。しかし、それでも1年生の時に音を上げなかったのは単純に楽しかったからだと思います。自分のタックルが毎日着実と上達していったり、ウェイトがメキメキ上がるあの感覚は、自分が強くなっていく気がして、素直に嬉しかったです。



2年生、ラグビーを知って1年が経った頃、私にとって大きな機転が訪れました。成蹊大学との合同練の時、ロックの先輩が怪我してしまった為、急遽Aチームの合同練に出させてもらいました。そこから私は、幸運なことに上手い先輩方に囲まれてプレーする機会が増え、初心者に毛が生えた程度だったのが一端のラガーマンくらいには成長させてもらったと思います。そのおかげで、秋には対抗戦に出させてもらい、とても成長できた1年でした。



3年目、この年はAの試合にめちゃくちゃ出させてもらいました。今、パッとホームページで確認したところ、指の手術(結局治ってない)から復帰した4月から、Aの練習試合には全試合、対抗戦に関しては、80分フルx7試合出場していました。今思うと、我ながら1年間大きなケガなく良くやってこれたなと、関心してしまいます。ただ試合にはたくさん出てるくせに、なかなか活躍出来なかったのは悔しかったです。



4年目、fwサブリーダーに就任して、いよいよ初心者だから…、なんて言ってられなくなりました。指揮される立場から、一変して指揮する側に。そのせいで苦しい思いもたくさんしましたし、チーム作りの大変さを実感しました。記憶に1番残ってるのは、やはり堀内、葛、松尾、宮田と2月から今の時期までずーーっと夜遅くまで話し合ってたことです。どうやって成長するか、どうやって勝つかをいつも話していました。

でも、ここまで対抗戦6戦して1勝5敗。ターゲットにしていた明学に関しては0-59で大敗。このあまりにもグロテスクな現実が、自分たちの1年間を全否定しているかのように感じて、とても辛いです。

この現実は、もうどうやっても変えられませんが、幸いまだ最後1試合残っています。俺たちがやってきた事は決して無駄ではなかった、と証明するためにも、100%の気持ちをこの1試合にぶつけて絶対に勝ちたいと思います!



こんな自分が四年間ラグビーをやって来れたのは多くの人の支えがあってのことです。お忙しい中、いつもグラウンドに足を運んでくださった監督、コーチ陣、OBの方々。ケガしない身体をつくってくれた竹内さんと松岡さん。ラグビーという世界に引き込み、丁寧に指導してくださった先輩方。生意気だけど、グラウンドでは頼りになる後輩たち。ビデオ、おにぎり、ウォーター等々毎日サポートしてくれるマネージャー。めちゃくちゃ濃い時間を共に過ごした同期。そして、勉強につまづいても、ラグビーを辞めろなんて一言も言わず、ずっと1番近くで応援してくれた両親。

みなさん、本当にありがとうございます。



以上で私の部日記を終わらせていただきます。全く面白みのない文章でしたが、読んでくださりありがとうございます。

次は、私と同じくユニットサブリーダーの宮田に回します。停滞させてしまった部日記更新を素早いテンポで回してくれることを期待してます。



FWサブリーダー兼栄養管理委員長兼正書記

伊東颯駿

指折り数える

投稿日時:2019/11/12(火) 00:38

かなちゃんから回されました、三賢帝(主将主務マネ長)の一翼を担う菅原です。











さて、いよいよ最後の部日記が回ってきてしまいました。この4年間は自分の人生の中でも間違いなく最も充実した時間だったので、ここで4年間の振り返りをすると間延びして読みづらい文章が出来上がりそうです。なので、自分の書きたいことを2つだけ書きたいと思います。











①4年生になって



いろいろなことに挑戦させてもらった1年間でした。3年の時、対抗戦でウイングなのにも関わらず1トライもできなかったことを恥じて、ウイングのスキルを1年かけて磨いてやる!と意気込んでいましたが、突如春シーズンに告げられた菅原スタンド説。夏合宿ではスタンドに加え、センターでの出場が増え、いつのまにか14番を着ることは少なくなっていました。







ただいろんなポジションを経験したからこそ、タックルスキルが上達したり、パスが上手になったりと、結果、ラグビー全体のスキルが向上したと思います。そこはBKのエースで、たった一人のブラザーに認めてもらっているので確かなはずです。







そのおかげかはわかりませんが、今年やっとウイングとして対抗戦でトライを取ることが出来ました。







あと指を折ってもラグビーはできると実感し、ラグビーってすごいなって思いました。











②主務として



就任した時の想像以上に大変な役職でした。1つのミスがチームの致命傷になります。合同練習が2日前にドタキャンされたり、合宿のレフリー申請を1日ずらして申請したりした時は血の気がひいて夜も眠れませんでした。そんな時は同期やコーチ陣の力を借りてなんとか乗り越えることができました。







主務はよく割りに合わない役職だと言われます。ミスできない仕事を漏らさずやって当たり前。唯一目立つのは何かミスをしでかした時だけ。



でも、そういった目立たない仕事というのは組織に属している以上誰しもがやっていることで、それをこの4年間当たり前のように享受し続けてきたことに、チームの裏方に回ってみて気づかされました。







4年生の中でも、堀内をはじめとする松尾、葛、宮田、伊東たち幹部陣はいつもチームのことを1番に考えて毎日のように夜遅くまで会議していたし、大谷は副務としてチームのいろいろな雑務を引き受けてくれました。グラウンドがいつも滞りなく使えるのは荻のおかげで、堺は部のイベントを面白くしようと一生懸命考えてくれたし、倉光はウエイトリーダーを頑張っていました。かなちゃん、まいちゃん、すえはるも試合のセッティングや日々の業務でプレーヤーを支えてくれました。







そういったチームを支えているみんなの努力に気づくことができるようになって、それに改めて感謝できるようになったことが主務をやってきて良かったことかもしれません。







何を当たり前のことを言っているんだと言われそうですが、この経験ができて、社会に出られることは本当に素晴らしい財産だと感じています。











主務の仕事も残すところ最終戦の業務だけと、もうすぐ指で数えられるほどの期間になってしまいましたが、最後までミスなく、"目立つことなく"、全うしたいと思います。















最後に感謝を伝えて終わります。



家族 細かい怪我が多かった自分を心配してくれて、また、栃木からわざわざ毎試合応援に駆けつけてくれました。ラグビーを4年間無事続けられたのも家族のサポートあってのことでした。ありがとう、







OB・OGの皆様 主務になって改めてラグビー部はOB・OGの皆様のおかげで成り立っていると実感しました。多岐にわたるご支援・ご声援をありがとうございました。







監督・コーチ陣・若手OBの方々 主務として至らない点も多かったと思いますが、沢山のアドバイスや熱心なご指導をありがとうございました。







トレーナーの方々、特に松岡さん ハムの肉離れや度重なる骨折でのリハビリを真摯に考えてくださいました。松岡さんのトレーニングのおかげで足が速くなった自信がつきました。







後輩のみんな 急な予定変更にも嫌な顔せず対応してくれてありがとう。プレー面でもみんなに頼ってばかりでした。数名の同期をよろしく頼みます。







マネージャーのみんな 先ほど目立たない努力の話をしましたが、マネージャーのみんながプレーヤーを支えてくれるのでラグビーが楽しくできています。ありがとうございます。







同期 プレーヤーとしても、主務としても同期の助けなしではやり遂げられませんでした。ありがとう。東大に勝って有終の美を飾ろう。











以上で部日記を終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。











次は、ここに来てジャッカルの腕が急成長、いまだに手巻き寿司パーティーを開催してくれない国立のイトウジェこと伊東くんに回します。

腹筋じゃなくて内転筋欲しい

投稿日時:2019/11/04(月) 17:53

真依から回されました鈴木です。
タイトルは1年時の部日記を踏襲してみただけで、特に深い意味はありません。

以下、抽象的な長文が続くことをお許しください。

 

 

今思い返すと、私がラグビー部に入ったのは、自分を変えたかったからだと思います。常に周りを見渡し、自己犠牲を厭わず、思慮深い。それこそマネージャーらしいマネージャーのような人に。

でもそんな人には変われなかった。私はいつも目前の事に集中してしまうし、自分本位だし、短絡的で。私は仕事の出来不出来以前に、資質的な意味でマネージャーにふさわしくなかったと思います。

 

1年生の時。全ての仕事が新鮮で、何とか追いつこうとしている内に終わりました。きっと4年生になれば、格好良い先輩達の様に自分もなっているんだろうと信じながら。

 

2年生。出来る仕事が増え、1番楽しい時期だったかもしれません。まだまだ後輩だからこそ、自分が優秀な先輩になった未来なんてものを考えるだけの余裕がありました。

 

3年生。後輩の方が先輩よりも多くなりました。この頃自分はマネージャーに向いていない事に薄々気付き始めていました。でも、頑張っていれば自分も変わるはずだと言い聞かせ、やり過ごしていました。あ、日比谷会はめちゃくちゃ楽しかったです。

 

そして4年生。どうもがこうと自分の本質は変わりやしない事がやっと分かりました。いくら「○○しなきゃ、○○のようにあるべきだ」と意識していても、本来の自分がふとした時に出てきます。勿論4年なんだから仕事自体はそれなりに出来るし努力もしました。でも、普段の心の持ちようや姿勢が、絶望的にマネージャーらしくなかった。

まして自分は曲がりなりにもマネージャーです。それなのにこのザマは何だ?記憶上の先輩方と自分を比べ、自身の至らなさにうんざりする日々が続きました。

 
 

それでも、どうして自分がここまでマネージャーを続けてこられたのかと言えば、周囲の人々に恵まれたからです。

 

まずプレーヤー。

普段はふざけてて面白い。けれど試合中はものすごく格好良いしワクワクさせてくれる。そしてマネージャーを一部員として尊重してくれる人々だったからこそ、私はラグビー部に馴染めたのだと思います。

同期は、この一年間お疲れ様。今年の戦績がすごく悔しいと同時に、なんで頑張っているはずなのに努力が報われないのか歯痒くなります。ちなみに同期MGがいなかった時はみんなと話していると妙にほっとしたので、意外とみんなの事好きだったんだと思います(多分)。

 

監督・コーチの皆様。

自身の仕事があるのにも関わらず、本当にいつもグラウンドに足を運んでくださりありがとうございます。部活で会った際に声を掛けたりしてくれると部の一員だと認められている感じがしてすごく嬉しかったです。

 

トレーナーの皆様。

テーピングもメディカルも、皆様のプロフェッショナルな仕事にはいつも感動していました。特に今年、松岡さんには本当にお世話になりました。いつも穏やかな松岡さんだからこそ、色々と相談したり教えていただくことが出来ました。

これからも部員をよろしくお願いします。

 

後輩マネージャー。

さとめいみはいつも元気で心の癒しでした。仕事にもいつも一生懸命で、どんどん成長していく姿を見ていると、引退するのが惜しくなります。

あいまおみうりさこれいは上級生が少なかったこの1年間とても頑張ってくれました。いつも仕事に対して真剣で(睡眠の質も)、みんなを新歓して入ってもらえてよかったなと思います。

あさまいしおりみゆゆい。本当にこの1年間は、4人がいなければ成り立たなかったと思います。感謝してもしきれません。3年生しかいない部活も完璧に回してくれ、私には見えない問題点を見つけて解決してくれて。ほぼ同期どころか先輩です(笑)来年の対抗戦で4人揃った姿を楽しみにしてます!

 

同期マネージャー。

2人が留学に行く前、私は「1人でも大丈夫!」と虚勢を張っていた気がします。でも、行ってしまうとすごく寂しかったし、戻ってきたらすごく嬉しかったです。そういう存在です。2人が同期で良かった。

 

最後に先輩方。

心が折れそうな時にご飯に連れ出してひたすら私の話を聞いてくれたり、対抗戦で負けて凹んでる時にさらっと励ましのラインをくれたり、いつも電話で落ち着かせてくれたりしました。

特にこの1年は、最高の先輩方に巡り合えたことを実感しています。ありがとうございます。

 

 

四苦八苦してきた1年間でしたが、あと残すところは明学と東大戦のみです。

マネージャーらしくなくとも、マネージャーとして最高の準備をする事は出来ます。残り僅かな日々を、二戦の勝利を掴み取る為に使っていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次は縄跳び名人かつ三賢帝の一翼を担う菅原に回します。

<< 2019年11月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

2019年11月(5)
2019年10月(4)
2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)