大きくする 標準 小さくする
DIARY

マネージャー日記 2018/12

新体制幹部紹介第二弾!

投稿日時:2018/12/11(火) 11:51

こんにちは!いつもマネージャー日記を読んでくださりありがとうございます。
新2年の德丸美羽と申します。

今年は暖冬と言われているそうですが、それを裏切るような厳しい寒さが続いていますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は明学戦後に見事に風邪を引き、咳をしている間に貴重なオフ期間が終わってしまうという悲しい経験をしました。寒さになかなか適応できず、いっそリスのごとく冬眠してしまいたい今日この頃です。
 
さて、うだつの上がらない挨拶はこの辺にして、今回も前回に引き続き、新体制の幹部を紹介いたします!

 
今回ご紹介する新体制幹部は以下の通りです。
 
主将:新4年 堀内芳輝(中央)
主務:新4年 菅原寛也(左)
マネージャー長:新4年 鈴木佳奈(右)
 
三商大戦後からは「堀内組」として一同練習に励んで参ります。今後とも一橋大学ラグビー部をよろしくお願いいたします。

 
それでは、皆さんお待ちかね&毎度恒例の他己紹介からスタートしていきたいと思います!
 
〇堀内→菅原:われらが主務。かいそくを飛ばしてトライをとるが、吉祥寺ではtryできなかったらしい。なんか足りないけどまあいっか。
 
〇菅原→鈴木:練習中プレーヤーに気を配りながらも、おもむろにステップを踏みだすノリノリ美女。彼女の見た目と中身のギャップに驚いたプレーヤーは数知れず。
 
〇鈴木→堀内: そのやんごとないビジュアルからは想像付かないツンデレ奴。おちょくった時の返答が3パターン位しかない。可愛い。スタンドとして冷静にチームを操る姿はかっこいい。
 
なるほど…。皆さん、愛…というより愛のムチに溢れた少々(?)毒舌な紹介をしてくれました。写真は愛のムチをふるい、プレーヤーの首を鍛えようとしている、新マネージャー長・佳奈さんです。

(左から堀内、鈴木、菅原)
首トレが終了し、佳奈さんの圧力(物理的)から解放される堀内さん&菅原さん。さぞかし苦しかったのかと思いきや、「意外と悪い気はしなかった」と語る菅原さん…。一同に微妙な空気が流れます。


そんな菅原さんはひとまず置いといて(すみません笑)、次は前シーズンの振り返りをどうぞ!

 
〇堀内:対抗戦に出れたのはよかったが、満足のいくプレーができずに悔いが残った。いかに10番が重要なポジションであるかを再認識することができた。
 
〇菅原:初めて対抗戦に出させてもらって、改めて対抗戦一戦一戦の重みを実感しました。ウイングとしてトライを取りきれなかったのが不甲斐なかったです。
 
〇鈴木:対抗戦でうまくいかない試合が多く、見ていて悔しかった。マネージャーとしては、自分のやれる仕事が増えた分その責任を感じたし、不甲斐なさもあった。
 
確かに前シーズンの対抗戦では苦しい試合が多かったですね。秋山組、そしてさらに先代の先輩方が目標とし、しかし達成し得なかった入替戦出場。今シーズンでは雪辱を果たすべく、日々練習に励みます!

 
続いて、お互いの頼りになるところをきいてみました!
 
〇堀内→鈴木: 嫌なことはすぐ顔にでるけど、なんだかんだやることはしっかりやってくれてるところ。なんでもかんでもノリで話しちゃうところ。
 
〇菅原→堀内:SOとしての卓越したパス・キックスキルと判断力。東大戦後半の流れを変えるタッチキックには痺れました。
 
〇鈴木→菅原:同期内では圧倒的に真面目でしっかりしているところ。何か頼んでも嫌な顔しないで引き受けてくれるところ。主務としてもその真面目さを発揮してくれるでしょう、、、笑
 
「なんでもかんでもノリで話しちゃうところ」は頼りになるところなのか…?という疑問は残りますが…まぁいいか。お互いの信頼関係もばっちり!ということで、新体制、期待が
持てますね!

 
 
最後に、堀内組への意気込みをどうぞ!
 
〇堀内:一橋ラグビー部の真価が問われる一年。強い一橋を取り戻すために全力でやり抜く。
 
〇菅原:プレーヤーとしてチームを引っ張るのはもちろん、みんなが滞りなくラグビーを楽しめるようにマッチメイク等行える、縁の下の力持ち的主務になりたいです。
 
〇鈴木:良いところを受け継ぎながら、マネージャー組織をさらに進化させていきたい。個人としても成長し続けたい。

皆さん向上心に溢れた素晴らしい意気込みをしてくれました。私もそんな先輩方を見習い、高い目標を持って日々の部活に取り組みたいと思います。

最後は仲良くスクラムを組む3人!


(左から堀内、鈴木、菅原)
お三方、新体制が始まったばかりで忙しい中ありがとうございました!


 
さて、最後に今週末の試合についてお伝えします。
 
12/15(土) 三商大戦VS神戸大学(12:00K.O.@神戸大学深江キャンパス)
12/16(日) 三商大戦VS大阪市立大学(12:00K.O.@神戸大学深江キャンパス)
 
アクセス:阪神深江駅より徒歩8分、またはJR甲南山手駅より徒歩20分
住所:〒658-0022、兵庫県神戸市東灘区深江南町5-1-1
 
この三商大戦は秋山組としての最後の試合となります。遠方ではありますが、現4年生が試合に出場するのは今回が最後となりますので、足を運んでいただけるとたいへん嬉しいです。
来られない方は気持ちだけでも、どうか応援よろしくお願いいたします!

 
最後までお読みくださり、ありがとうございました。次回のマネ日記もお楽しみに!

新チーム始動のお知らせ&幹部紹介第一弾!

投稿日時:2018/12/04(火) 20:33

こんにちは!新3年マネージャーの布施唯です。(3年だなんて…!びっくりです)

12月に入り寒い日が続いて…と言いたいところですが、今日の日中はぽかぽかしていて気持ちのいい天気でしたね。寒暖差が激しいですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、ラグビー部では11月末にシーズンが終了し、オフを挟んで本日新チームが始動しました!練習後に行われた全体ミーティングでは新体制の幹部が発表されたので、皆様にもご紹介します。

主将    
堀内芳輝

副将兼BKリーダー    
松尾拓海

副将兼FWリーダー    
葛淳一

BKバイスリーダー
宮田秀

FWバイスリーダー
伊東颯駿

主務    
菅原寛也

マネージャー長    
鈴木佳奈


幹部を中心にチーム一丸となって邁進してまいりますので、今後とも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。



ミーティングでは堀内主将から新体制の説明がありました。
なお、堀内組の年間目標とスローガンは秋山組としての三商大戦後、年明けの発表となります。どんなスローガンになるのでしょう。楽しみです。



******



さて!ここからは早速ですが、幹部紹介第一弾をお届けします!

本日ご紹介するのは副将のお二方です。


左:葛(FWリーダー)
右:松尾(BKリーダー)


まずは他己紹介から。

松尾:堀内組の知将。膝会期待の新人。優しい顔に似合わない激しいプレーの復活は来年のチームになくてはならない。マネージャーに興味がないフリしてマネージャー大好きスカし野郎。(by葛)

葛:堀内組の闘将。膝を怪我した仲間であり先輩。復帰後はとても足が遅くなったがやかましさは相変わらずチーム1であり、熱い心と大きな声でチームを引っ張る頼れる男。(by松尾)


闘将、知将っぽいポーズで一枚


続いて昨シーズンを振り返っていただきました。

松尾「一年間怪我で何もできず、グラウンドで戦う仲間の姿を外から見ることしかできなかったのは本当に苦しかった。ただ外から見たことで得られたものも多くあったと思う。」

葛「自分の膝から逃れられなかった1年。長いようで短く短いようで長かった。新歓とのダブルパンチで本当に苦しかったが、上智戦で復帰できて報われた気がした。」



ちなみに、同じ副将という立場でも、実際の力関係はこんな感じだそうですよ…!



最後に、今シーズンへの意気込みをお願いします!

松尾「今シーズンもリハビリから始まるがまずは怪我をしっかりと直し、その上でBKリーダーととしてしっかりとチームを支えていき、新たな怪我なしでシーズンを戦い抜きたい。」

葛「闘将としてプレーでも態度でもチームを引っ張る。悔いの残る3年間だったが、今年で悔いの無い4年間にする。」

力強い意気込みをいただきました!
これから堀内組がどのように成長していくのか、私自身もとても楽しみです。



長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
近いうちに主将、主務、マネ長の紹介も行うのでそちらもチェックしてみてくださいね!


次回のマネ日記もお楽しみに!

 

<< 2018年12月 >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

2018年12月(2)
2018年11月(7)
2018年10月(8)
2018年9月(9)
2018年8月(3)
2018年7月(5)
2018年6月(8)
2018年5月(9)
2018年4月(7)
2018年3月(6)
2018年2月(2)
2018年1月(3)
2017年12月(4)
2017年11月(6)
2017年10月(9)
2017年9月(6)
2017年8月(3)
2017年7月(5)
2017年6月(8)
2017年5月(9)
2017年4月(8)
2017年3月(8)
2017年2月(1)
2017年1月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(6)
2016年10月(7)
2016年9月(7)
2016年8月(2)
2016年7月(4)
2016年6月(7)
2016年5月(6)
2016年4月(8)
2016年3月(11)
2016年2月(1)
2016年1月(5)
2015年12月(4)
2015年11月(12)
2015年10月(12)
2015年9月(13)
2015年8月(9)
2015年7月(7)
2015年6月(19)
2015年5月(17)
2015年4月(16)
2015年3月(3)
2015年2月(1)
2015年1月(7)
2014年12月(8)
2014年11月(19)
2014年10月(18)
2014年9月(17)
2014年8月(17)
2014年7月(6)
2014年6月(12)
2014年5月(15)
2014年4月(14)
2014年3月(16)
2014年1月(12)
2013年12月(9)
2013年11月(16)
2013年10月(19)
2013年9月(19)
2013年8月(15)
2013年7月(11)
2013年6月(16)
2013年5月(17)
2013年4月(14)
2013年3月(17)
2013年2月(1)
2013年1月(10)
2012年12月(12)
2012年11月(16)
2012年10月(19)
2012年9月(21)
2012年8月(9)
2012年7月(10)
2012年6月(18)
2012年5月(21)
2012年4月(11)
2012年3月(13)
2012年2月(3)
2012年1月(11)
2011年12月(10)
2011年11月(16)
2011年10月(18)
2011年9月(19)
2011年8月(17)
2011年7月(11)
2011年6月(19)
2011年5月(18)
2011年4月(18)
2011年3月(17)
2011年2月(3)
2011年1月(11)
2010年12月(9)
2010年11月(17)
2010年10月(20)
2010年9月(20)
2010年8月(13)
2010年7月(11)
2010年6月(19)
2010年5月(17)
2010年4月(17)
2010年3月(15)
2010年2月(5)
2010年1月(13)
2009年12月(8)
2009年11月(14)
2009年10月(17)
2009年9月(17)
2009年8月(10)
2009年7月(13)
2009年6月(17)
2009年5月(16)
2009年4月(13)
2009年3月(18)
2009年2月(4)
2009年1月(13)
2008年12月(8)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年9月(21)
2008年8月(11)
2008年7月(12)
2008年6月(21)
2008年5月(23)
2008年4月(24)
2008年3月(16)
2008年1月(1)