大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2015/10/10

大学生活を振り返って

投稿日時:2015/10/10(土) 22:01

とうとうこの時期に、部日記が回ってきてしまいました。
 
えーと、わたくし、しょうこちゃんに紹介されました
なんとなくすぐ結婚ができそうで(高校の時50歳独身の担任にお前は俺と見たものを感じるといわれました!)、我慢強く(ねん挫で実家に帰ろうとしていました!)、気遣い上手な(稲野さんと後輩にマジ切れされたことあります!)
サンジです。
 
月日がたつのは早いものですね。一年生の時、えんどーに「あれっ俺ラグビーやって何日目だっけ?」といったことをふと思い出します。おかげさまで3年と1か月(1125日ほど)たちました。
 
さてさて最後の部日記に何を書いたら良いのやら。とりあえずこれまでの一年生の部日記を眺めていますと自己紹介、入部理由、これからの大学生活への期待や部活への抱負、などなど今から大学生始まるよって感じがこっちにも伝わってきてうらやましい限りです。大事な同期、仲良くしてください。
 
今振り返ってみると僕の大学ライフは時間的にも思い出的にも部活9割だったと感じます。時間的にも部活9割はさすがに言いすぎだろと思うかもしれませんが、しょーま君の実質練習時間で換算すると部活のことを考えたら練習時間に換算されるのです。これに加えて僕の基準では部活の人と一緒にいた時間も換算しています。本当に部活の時間外でも部活の同期と会っている日常を送ってきました。そもそもラグビー部に途中で入部したのも高校までとは違って大学生になってからは人間関係が希薄だなぁと何か強いつながりを求めていたからでしたので、求めていたのは手に入れたのかなと今では感じております。けっして狙っていた子が先輩にとられたからサークルをやめたとかではありませんので誤解しないでください。
 
同期との思い出は数えきれないほどあります。
一年生の時、さびしいクリスマスを元祖ニコイチのえんどー君と二人で鍋会したことをふと思いだしました。部旅行でみほちゃんに嫌われ、野村に説教されたのもよくおぼえております。僕が企画した同期旅行もなつかしいです。温泉入って夜はこれから4年間一緒に過ごす同期なんだから一人一人のいいところ、悪いところを真剣に話す機会がありました。あの頃の君武君は優しかったのですが、なぜか距離感があるような感じがしていました。ちなみに僕の悪いところは一向に改善しませんでした。申し訳ありません。そういえばこの同期旅行にのりさんがいませんでしたね。のり君は僕がラグビー部に入ってすぐ骨折で入院してしまって、正直二年生になるまであまり会話したことがなかった気がします。今では新ニコイチ認定を同期に頂いておりますが。野村君と一緒に自宅にもどったらベッドにのりさんが寝ていたのは衝撃ものでした。
 
二年生になってからは、フォワードに移りました。そこからは岡崎と出田とサンコイチみたいなもんでしたね。オフには麻雀をしたくてたまらなかった時期を覚えております。このサンコイチも三年生になって出田君が某彼女のもとへといき自然消滅をしてしまいました。僕は出田君をみてそのビックウェーブに乗ろうとして失敗して、結局岡崎君とのニコイチにとどまりました。ちなみにまどかちゃんはそのビックウェーブにのって急に女に磨きをいれておりました。

4年生になってからは、どうでしょうか?
相変わらずノリはよく家くるし、出田は暇人となりサンコイチに戻りえんどーはフォワードサンコイチに加わり、岡崎とはあい変わらずやし、君武はよく家泊まるし、野村もたまに泊まるし、さきちゃんとは地元トークしたりしてなんかよくしゃべるし、みほちゃんは彼氏にぞっこんやし。まどかちゃんはもうええわ笑。
 
こんな同期に囲まれ、今日まで当り前のようにラグビーできていたことに感謝しないといけないですね。誰か一人でもかけたら僕の楽しい大学生活は成り立ちませんでした。本当にみんなありがとう。

同期だけでなく先輩方や後輩との思い出もいっぱいありました。家を荒らされたときに被害にあった某コップは今でも健在です。お客さん用に使っております。部室で一緒に大乱闘ができるのもフォワードの禿トークができるのも残り2か月ですね。
 
サンジを苦手とする後輩も多いと思いますが、残りの間どうぞよろしくお願いします。
 
さあ切り替えて、明日の成城戦はりきっていくぞー!!
 
次は僕より早く結婚できそうで、我慢強く、寝癖がチャーミングな
岡崎君に回したいとおもいます。
 

ブログ最新記事

<< 2015年10月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)