大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2018/6/28

決意表明

投稿日時:2018/06/28(木) 07:57


はじめまして、経済学部一年生の篠田拓郎です。紹介してくれた松原君とは誕生日が同じで、初めてそのことを話すとき、意気投合すると思ってましたが、「お前20世紀知らんの?」と言はれ、なぜかまわりの同期も人生経験が足りないと僕を罵倒する始末です。最近では、同期の誕生日の日に、LINEでおめでとうと送った所、「お前は早く寝ろ。」と言はれ、同期の中で尊厳を失いつつある篠田です。

こんな僕ですが、小学生の頃は、運動神経がよく、サッカーと野球をしている友達からクラブに入らないかと誘はれたものです。そのまま大学に入って、一年生のエース的存在で、トライを量産........だったらなあ。しかし、現実はあまくない。新入生試合では、ボールのファーストタッチで相手にタックルをくらい、いきなり骨折。それもそのはず、中高六年間、ゆるゆる卓球部に所属し、自分の体を怠けさせた結果です。(一橋に入った後知りましたが、男子校の卓球部はこの世の地獄と呼ばれているそうです。まあ、なんだかんだで結構楽しかったですけど。)

骨折して、先輩方(特に三年生の先輩)には心配をかけています。でも、このことは今はっきりと言えます。「骨は折れても、心は折れてない」ということです。入部してもう二か月が経ちますが、ラグビー部に入ってよかったなあとはっきり思えます。先輩やラグビー場などの設備、ラグビー部には素晴らしい環境が整っています。あとは自分がその環境の中でいかに頑張れるか、自分との勝負になってくると思います。一年生の間は、ウェイトトレーニングや増量に力を注ぎ、相手に負けない身体をつくっていく所存であります。

自分はまだラグビーのド素人ではありますが、ラグビー部とはこれから長い付き合いとなっていくと思いますので、今後とも宜しくお願いします。

なんだか最後、文章が硬くなってしまいましたが、ラグビー部への誠意の表れと受け取ってもらったら幸いです。次は、僕と同じ未経験者の弓場君に回します。彼は週に5回ウェイトを行うこともあり、僕もそのやる気を見習はなくてはなりません。

 

ブログ最新記事

<< 2018年6月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

2019年9月(5)
2019年8月(3)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)