大きくする 標準 小さくする
DIARY

一橋大学ラグビー部日記 2019/4

信じる者は救われる

投稿日時:2019/04/12(金) 22:36

 こんばんは、新2年マネージャーの安田です。
 次の執筆を指名する連絡で篠田から、「次は安田に回します。」と言われ、いったいどうしたのだ!?と戦慄が走りました。今まで名字で呼んだことなかったのにおかしのだ、なんか寂しのだと、それから数日はめんどくさい彼女みたいになったりならなかったりしましたが、もうすっかり元気です。

 さて、いよいよ新歓合宿ですね。新入生の皆さんはきっと不安と楽しさと緊張でドキドキわくわくしていることでしょう。私も1年前はそうでした。時が経つのははやいものです。
 かくいう私ですが、昔は旅行というものが大の苦手でした。というのもホームシックがひどいのです。こどもというものは無力なもので、親に手を引かれるまま知らない土地に連れてこられ、いったい自分が今どこにいるのかわからない。漠然とした不安から家に帰ろうとしても、ここから自宅までの道を知らなければ、たどり着くための財力や体力もない。広い世界に飛び出しているはずが、逆に知らない街に閉じ込められてしまったような、そんな心地がして怖くなり、はやくあの慣れ親しんだ街に、家に、帰りたいという感情に襲われていました。
 そんなこんなで幼少期のホームシックを引きずったまま迎えた中3の修学旅行。もうとにかく憂鬱で憂鬱で仕方なく、ひどい話ですが、いい感じで風邪でもひかないかなと思っていたくらいです。行先は奈良でした。あのせんとくんを擁する県でありますから、行程のほとんどは有名な寺社仏閣巡り。お参りする機会がたくさんありました。もちろんのこと、私の思いはただ一つ。「どうか何事もなく、私たちを無事に家へ帰らせてください。」そんな切なる気持ちが届いたのか、不安でいっぱいだった修学旅行も楽しく終わり、無事におうちへ帰ることができました。

 後日談。
 修学旅行から帰ってきて数日後、何の気なしに見ていたテレビ番組で神社・お寺のトリビアをやっていました。そこで知った衝撃の事実。
 「規模の大きい神社やお寺は、個人レベルの願い事は扱っておられない」(諸説あります)

    私の願いはいったい何であったのか……。自分の無知を恥じつつも、きっと哀れに思って救ってくださったのではないかと信じてます。ありがとうございました。

 それでは、篠田→安田ときたので、次は新2年田んぼ三銃士最後の一人、須田くんに回すことにします。
 田の威信は君に託された!乞うご期待!


 

感情

投稿日時:2019/04/07(日) 23:33

 こんにちは、新2年プレイヤーの篠田です。
 先ずは更新遅れて申し訳ありません。更新が遅れたことにより、まわりの部員からどんなおもしろい部日記を書いてくれるのかとプレッシャーをかけられ、締め切りを守るに越したことはないなとつくづく思います。どうか温かい目で見ていただけたら幸いです。
 大学生活は早くも2年目に突入しています。高校生の頃、教師が高校3年生なんてあっという間に終わってすぐ受験がくるんだぞとよく言ってました。「終わって見れば何でもあっという間だろ、何を言ってるんだこのバカたれが」と思っていたが、この大学1年間はかつてないほどあっという間だった。理由を考えるに、大学生活とくにラグビー部での経験が私にとって新鮮なことが多かったからだと思う。また、この1年間は苦難の連続だった。これからも苦難は続くと思うが、一歩一歩着実に乗り越えていきたい。
 話しは変わるが、最近同期に感情がないやつだとよく言われる。私にとって大変心外なので、感情をあらわにし、腹が立っていることについて書こうと思う。
 優しのだと呼ばれている私だが、世の中で許せない職業がある。それはキャッチだ。
 高校2年生の時、小腹が空いていたので、駅前で友達とどこのお店に行くかについて話していた。するとそこに急に知らない男が話に入ってきて、やたら馴れ馴れしい態度で話しかけてくる。その男は髪の毛が金色で耳に金属のキラキラしたものを引っ下げていた。坊主で眼鏡をかけた男子だらけの高校に通ってた私にとって、その男は恐怖でしかなかった。あとで友達にあいつは誰だと聞いた所、キャッチという人だと知った。最も仲のいい親友でもあんな話しかけ方をしてこないのに、なんて馴れ馴れしいやつなんだ。私は心からやつらを軽蔑した。
 大学生になってもやつらは私に近づいてくる。駅まで自転車で通学しているのだが、駅から駐輪場までの通り道に夜のいかがわしいお店が立ち並んでいる。めったに話しかけられることはないが、たまに私に寄り添いながら「1時間1200円で楽しめるビキニバーです、いかがですか」と私にしつこく付きまとう。金のない大学生を誘って何の意味があるのか、ダサい格好をしている私を冷やかしているのかとひどく不快な思いになった。
 4月某日、一橋大学の門の近くを歩いていた。新入生の方ですか、少しお話聞いてもらっていいですか。体育会に興味がないと言っているのに、ほんのちょっとの時間なので話しを聞いてほしいとかなり図々しく話しかけてくる。誰かと思って見てみると私だった。
 する側の立場になってみると、彼らの仕事の大変さがよくわかる。今では彼らを見ると、頑張ってるなあと温かい目で見ることができ、腹が立つ感情も全くわかない。
 やはり、私は感情がないのかもしれない。

 次は、昆虫食を食べることになぜか前向きな、同期一の変わり者と疑われている安田真緒ちゃんに回したいと思います。


 

ブログ最新記事

<< 2019年4月 >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

2019年8月(1)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(3)
2019年4月(2)
2019年3月(3)
2019年2月(2)
2019年1月(1)
2018年11月(12)
2018年10月(4)
2018年9月(1)
2018年8月(4)
2018年7月(4)
2018年6月(3)
2018年5月(3)
2018年4月(5)
2018年3月(3)
2018年2月(5)
2018年1月(5)
2017年11月(15)
2017年10月(4)
2017年9月(3)
2017年8月(11)
2017年7月(1)
2017年6月(2)
2017年5月(3)
2017年4月(1)
2017年3月(2)
2017年2月(3)
2017年1月(2)
2016年12月(1)
2016年11月(11)
2016年10月(2)
2016年9月(3)
2016年8月(10)
2016年7月(2)
2016年6月(1)
2016年5月(2)
2016年4月(2)
2016年3月(2)
2016年2月(5)
2016年1月(5)
2015年12月(2)
2015年11月(11)
2015年10月(3)
2015年9月(3)
2015年8月(4)
2015年7月(3)
2015年6月(4)
2015年5月(5)
2015年4月(3)
2015年3月(3)
2015年2月(6)
2015年1月(2)
2014年12月(3)
2014年11月(8)
2014年10月(4)
2014年9月(5)
2014年8月(3)
2014年7月(9)
2014年6月(6)
2014年5月(1)
2014年4月(1)
2014年3月(1)
2014年2月(3)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(6)
2013年10月(5)
2013年9月(4)
2013年8月(2)
2013年7月(4)
2013年6月(2)
2013年5月(5)
2013年4月(5)
2013年3月(7)
2013年2月(4)
2013年1月(6)
2012年12月(3)
2012年11月(12)
2012年10月(4)
2012年9月(8)
2012年8月(3)
2012年7月(2)
2012年6月(3)
2012年5月(4)
2012年4月(10)
2012年3月(10)
2012年2月(7)
2012年1月(3)
2011年12月(3)
2011年11月(7)
2011年10月(6)
2011年9月(5)
2011年8月(4)
2011年7月(4)
2011年6月(3)
2011年5月(2)
2011年4月(5)
2011年3月(3)
2011年2月(3)
2011年1月(5)
2010年12月(5)
2010年11月(8)
2010年10月(7)
2010年9月(8)
2010年8月(3)
2010年7月(4)
2010年6月(4)
2010年5月(4)
2010年4月(11)
2010年3月(6)
2010年2月(9)
2010年1月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(11)
2009年10月(12)
2009年9月(10)
2009年8月(3)
2009年7月(7)
2009年6月(11)
2009年5月(6)
2009年4月(10)
2009年3月(8)
2009年2月(10)
2009年1月(6)
2008年12月(7)
2008年11月(11)
2008年10月(6)
2008年9月(9)
2008年8月(4)
2008年7月(7)
2008年6月(5)
2008年5月(4)
2008年4月(4)
2008年3月(13)
2008年2月(16)
2008年1月(13)
2007年1月(8)