大きくする 標準 小さくする
DIARY

マネージャー日記 2015/5/13

紹介します!part4

投稿日時:2015/05/13(水) 23:43

マネージャー日記をご覧の皆様こんばんは!
4年マネージャーの法木円香です。

本日は部員紹介第4弾をお届けしたいと思います。
紹介するポジションは、背番号4、5番を背負う
LO(ロック)です。

新歓パンフレットによると、
LOとは、
「背の高い選手が活躍できる」
「全てのポジションの中で最も多くの仕事を求められるポジション」
なのだそうです。
彼らはどのような仕事を担っているのでしょうか?
写真と共に紹介していきたいと思います。

LOといえばこれ!
ラインアウトのジャンパーです。
マイボールでは相手を出し抜くサインを繰り出し、
相手ボールでは敵のサインを読み切りボールを奪取します。
LOはラインアウトの司令塔的な役割も担っています。

(2014/12/14 vs立教大学)

チーム1の身長を誇る男たちの
空中での攻防は圧巻です!

(2015/4/25 vs海洋大学)

そしてラインアウトから展開されるモールでも
LOが中核となることも多いです。
残念ながらモールの写真を見つけることが出来ませんでした…。

次に注目したいのがスクラムです。

(2015/4/18 vs明治大学MRC)
スクラムでLOはどこにいるかというと…
写真からはLOの姿を見つけることが出来ません。
それもそのはず、
LOはPR,HO,FL,No8という他のFWに
四方八方を取り囲まれた
スクラムのど真ん中にいるのです。
外側からは見えないながら、
彼らの存在がスクラムの大きな推進力となっています。

ディフェンス面でも、
献身的なプレーが求められ、

(2015/5/4 vs上智大学)
走って走って走りまくります!

密集あるところにLOあり!
縁の下の力持ち!
なのがLOということですね。

それでは、一橋ラグビー部のLOの面々を
紹介したいと思います。

LOの皆さんに登場して頂きましょう。

左から順に紹介します。

2年 濱中進之介(はまなか しんのすけ)
その心優しい性格から、ベイマ●クスに似ているとささやかれています。

3年 八木沼篤広(やぎぬま あつひろ)
いつもにやにやしていますが故郷福島を愛してやまない熱い男でもあります。

4年 岡崎琢真(おかざき たくま)
大学からラグビーを始めた彼は、今年ついにLO界の頂点にまでのぼりつめました。
 
3年 和田勇太(わだ ゆうた)
LO随一の身長を誇る彼には、ラグビー部の風紀委員というストイックな一面も。

2年 高垣実(たかがき みのる)
お風呂が舞台のあの映画主演のあの人に似ているとかいないとか。

~LOの皆さんにインタビュー~

①ずばり、LOのここが好き!
 LOの魅力に迫りたいと思います!

和田、岡崎 ジャンプが楽しい!
八木沼 セットプレーでもフィールドプレーでも両方で活躍できるところ
高垣 いぶし銀っぽいところ

LOらしさ溢れる回答が続く中、

濱中 ポジション名が「ロック」なところ

…いろいろかけた模様です。
中々ロックなメンバーもいるようですね。



②LOのここが辛い!
 LOならではの苦労はあるのでしょうか…?

八木沼 セットプレーもフィールドプレーも両方頑張らなくちゃいけないところ
高垣 プレーが暑苦しい

魅力と辛さは表裏一体なんですね。

和田 おしりとおしりに挟まれるところ
岡崎 人の汗がいっぱいつくところ
濱中 PRのおしりに挟まれて意図せず小顔になってしまうところ

密集の真ん中にいるLOならではの苦労ですね…
おしり関連の悩みが多いようです。



③ラグビー部の中でこれだけは負けない!という自信があるものは?

濱中 カッコよさ
和田 身長、と言いたいけど、小野さん(4年生)がいるので…
岡崎 威圧感
八木沼 優しさ、ですかね

この質問は難しかったみたいですね。
ただ一人、

高垣 阿部寛に似ている度合いです!!

という本当に誰にも負けない答えをもっている人もいました。



④最後に今年の抱負をお願いします!

和田 対抗戦に出る!
高垣 ポジション争いを巻き起こす。
岡崎 完全燃焼

熱い言葉が聞けました!

濱中 あらゆるキャラからの脱却。
八木沼 山本さん(コーチ)から褒められるようなプレーをする。
    (山本さんにそう言えと言われたので)

それぞれの胸の内を明かしてくれました!

写真を撮った時は、
一生懸命面白いポーズを考えてくれて
すごく真面目なところが伝わってきました。

LOの紹介はこれでおしまいです。
試合を見るときは是非彼らのプレーに注目して下さい!!

part5もお楽しみに~

最後までご覧いただきありがとうございました!
 

ブログ最新記事

<< 2015年5月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

2019年9月(5)
2019年8月(2)
2019年7月(2)
2019年6月(4)
2019年5月(6)
2019年4月(5)
2019年3月(4)
2019年2月(3)
2019年1月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(7)
2018年10月(8)
2018年9月(9)
2018年8月(3)
2018年7月(5)
2018年6月(8)
2018年5月(9)
2018年4月(7)
2018年3月(6)
2018年2月(2)
2018年1月(3)
2017年12月(4)
2017年11月(6)
2017年10月(9)
2017年9月(6)
2017年8月(3)
2017年7月(5)
2017年6月(8)
2017年5月(9)
2017年4月(8)
2017年3月(8)
2017年2月(1)
2017年1月(4)
2016年12月(4)
2016年11月(6)
2016年10月(7)
2016年9月(7)
2016年8月(2)
2016年7月(4)
2016年6月(7)
2016年5月(6)
2016年4月(8)
2016年3月(11)
2016年2月(1)
2016年1月(5)
2015年12月(4)
2015年11月(12)
2015年10月(12)
2015年9月(13)
2015年8月(9)
2015年7月(7)
2015年6月(19)
2015年5月(17)
2015年4月(16)
2015年3月(3)
2015年2月(1)
2015年1月(7)
2014年12月(8)
2014年11月(19)
2014年10月(18)
2014年9月(17)
2014年8月(17)
2014年7月(6)
2014年6月(12)
2014年5月(15)
2014年4月(14)
2014年3月(16)
2014年1月(12)
2013年12月(9)
2013年11月(16)
2013年10月(19)
2013年9月(19)
2013年8月(15)
2013年7月(11)
2013年6月(16)
2013年5月(17)
2013年4月(14)
2013年3月(17)
2013年2月(1)
2013年1月(10)
2012年12月(12)
2012年11月(16)
2012年10月(19)
2012年9月(21)
2012年8月(9)
2012年7月(10)
2012年6月(18)
2012年5月(21)
2012年4月(11)
2012年3月(13)
2012年2月(3)
2012年1月(11)
2011年12月(10)
2011年11月(16)
2011年10月(18)
2011年9月(19)
2011年8月(17)
2011年7月(11)
2011年6月(19)
2011年5月(18)
2011年4月(18)
2011年3月(17)
2011年2月(3)
2011年1月(11)
2010年12月(9)
2010年11月(17)
2010年10月(20)
2010年9月(20)
2010年8月(13)
2010年7月(11)
2010年6月(19)
2010年5月(17)
2010年4月(17)
2010年3月(15)
2010年2月(5)
2010年1月(13)
2009年12月(8)
2009年11月(14)
2009年10月(17)
2009年9月(17)
2009年8月(10)
2009年7月(13)
2009年6月(17)
2009年5月(16)
2009年4月(13)
2009年3月(18)
2009年2月(4)
2009年1月(13)
2008年12月(8)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年9月(21)
2008年8月(11)
2008年7月(12)
2008年6月(21)
2008年5月(23)
2008年4月(24)
2008年3月(16)
2008年1月(1)