大きくする 標準 小さくする
DIARY

ブログ一覧

rss

まねーじゃーコラム
必然的に健康に詳しくなるマネージャーの豆知識
一橋大学ラグビー部日記
一橋大学ラグビー部員の日記です。
マネージャー日記
一橋大学ラグビー部マネージャーの日記です。

最近更新されたブログ

rss
次へ>>

集大成 [一橋大学ラグビー部日記]投稿日時:2019/10/18(金) 12:06

1年時に初めての部日記を回した堺からバトンが返ってきました荻原です。

彼の最初の印象はなんかおデブちゃんいるなという感じで、ローズ&クラウンで座ってたときの後ろ姿は倉光と瓜二つだったのですが、今となってはもともとマネージャーより細かった足に加え、上半身もスリム化してしまったので、そのときの姿は想像もつきません。

僕が彼に部日記を回したときは、こっちが菅平合宿で疲れ切っていたのに対し、彼はアメリカへの短期留学で合宿からescapeしていたので、日本からアメリカに海を越えて渡したバトンが、3年越しに手渡しで返ってきた感じですかね。なんだか感慨深いです。





最後の部日記ということで、何か突飛なことを書きたいと思うのですが、しかし、いざ考えてみるとなかなか思いつかないものです。例年のように思いつくまで寝かせておいてもいいかと思ったのですが、今年はなぜか1週間以内に書けという念押しが凄く、今日書いている次第です。変に真面目な同期が多くて困っちゃいますね。1つ上や2つ上の先輩達を見習って欲しいです。最終戦前に駆け込みで書くという部の伝統(?)を継続した方が面白いと思うんですがね。まあ、自分が後ろに書く立場じゃないのでこんなことを言っているだけです。





というわけで、無難に4年間の振り返りをしたいと思います。



1年生。

高校時代に球技大会でやって楽しかった印象があり、入部したラグビー部ですが、1年目は正直楽しさよりも怖さの方が圧倒的に勝っていました。4年生には体のデカいFWの先輩がゴロゴロいて、ただでさえ初心者で始めて何も分からずやっていた自分には恐怖でしかなかったです。

ただ、まだその時には、今となっては大分少なくなったラグビー部以外の大学の友達と遊ぶことも多く、大学生活としてはそれなりに楽しめていて、そのおかげで部活も1年間乗り切れていたと思います。



2年生。

徐々にラグビーにも慣れ、本人に確認してないので本当かどうか分かりませんが、初心者の僕が普通にプレーしているのを見て、迷っていた寺澤が入部を決める最後の決め手になったと聞くくらいには、それなりにラグビーができるようになっていたと思います。Bチーム内での立ち位置も上がり、WTBとしてトライを取り切るのを期待されてやれていたと思うので、非常に楽しかったです。



3年生。

ここで大きな岐路を迎えたと思います。FWへの転向です。周りの戦力も考えると、FWの方がチャンスはあるのかなと思った中で、とりあえず、1-3月の2ヶ月間のお試しでFWに転向しました。初体験のセットプレーなど色々と刺激も多く、2ヶ月が経った後、レンタル移籍のはずが完全移籍オプションを行使され、というより自ら行使して、FWを続けることとなり、結局FWとして1年間を戦い抜きました。おかげで、対抗戦のメンバーにも入ることができ、今思えば、3年生が1番充実していて楽しかったなと思います。

正直FWに転向する前まで、自分が対抗戦に出ている姿はまるで想像できなかったので転向して良かったと思います。宮瀬さんはじめ、温かく迎え入れ、面倒を見て下さった1つ上のFWの先輩方には感謝しかありません。



ただ、喜怒哀楽に関して、BKのときにはなく、FWに行って取り戻したという堺の紹介の仕方は否定したいと思います。





別に今もないです。



4年生。

色々な意味で1番しんどい年になりました。ポジションに関して、一応まだBKに戻るのか、ということを言われたこともありましたが、昨年FWとして成長できたわけなので、当然のようにFWの最上級生として頑張ろうと決意を固めました。と、思ったのですが、チーム事情もあって今年は菅平合宿でWTBをやるなど、夏~対抗戦の初戦までFWとBKの共同保有になり、あれ、BKに戻るんかいなと思いましたが、結局今はFWに落ち着いています。中途半端にならないよう、FWとして最後までやり切りたいと思います。



対抗戦に関して、初戦が最後数分、2戦目は40点差くらいついてからの出場、と満足に出られておらず、満足に自分の力を発揮する場すらない中での3連敗とあって、正直現状に納得はいっていませんが、残りの試合で自分の4年間をぶつけられるように、4年間の集大成として、最後まで駆け抜けていきたいと思います。





次は、入部当初は夏場にサンバイザーまで被っていて、なんで屋外スポーツの体育会なんか入ったねんと思った末吉遥香にバトンを渡したいと思います。

まいちゃんと共にコダ祭委員で散々勧誘した側の僕が言うのもおかしいですが、ラグビー部向いてなかったのでは、と本気で思いました。それが今では、太陽の下でも平然と半袖で立つ、頼れる体育会マネージャーとなり、そんな彼女が最後どんな素晴らしい部日記を書いてくれるのか期待したいと思います。

対抗戦VS武蔵大学 [マネージャー日記]投稿日時:2019/10/10(木) 23:30

マネージャー日記をご覧の皆様、こんばんは!
4年の末吉遥香です。

今回は先週末に行われました、対抗戦第三節の武蔵大学戦のレポートをお送りします。

10月6日(日)。
ホーム国立グラウンドにて、一橋は対抗戦第三節、武蔵大学戦を迎えました。



第一節、第二節と思うような結果が出ず、流れを変えるためにも何としてでも勝たなくてはならない一戦。
グラウンド全体が緊張感に包まれる中、11時にキックオフ。


前半20分、武蔵に先制トライを許すものの、その数分後、一橋にチャンスが訪れます。

ハイパントを契機にボールを奪い、そのまま武蔵のDFの隙を突いて3年長澤がトライ。
3年佐々木のキックも成功し、一橋10−7武蔵に持ち込みます。





一橋が僅差でリードしたまま迎えた後半、ゴール前でチャンスは訪れるものの、なかなかトライに繋げることが出来ず、苦しい時間が続きます。


雨も強まる中、両者必死の攻防が続きますが、再び試合を動かしたのは武蔵でした。
後半27分頃、武蔵ボールのスクラムからWTBまでパスが繋がり、そのままトライを許してしまいます。 




必ず取り返すと意気込みますが、チャンスを生かしきれないまま、一橋10ー14武蔵で試合終了。


一橋は三戦を終えた今、未だ0勝という結果に終わっています。
これまでの三戦で感じた焦りや悔しさをバネに、一橋のプライドを賭けて次戦以降全力を尽くして参ります。


当日は途中から雨が降る中、最後まで応援してくださった皆様、ありがとうございました。

また、松尾様よりゼリーの差し入れ、平手様よりお菓子の差し入れ、鈴木様よりマネージャーにお菓子の差し入れを頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。


次戦は10/20(日)の成城大学戦となります。
ホーム一橋大学グラウンドにて、11時キックオフです。
応援のほど、よろしくお願いいたします。


では、今回のマネ日記はここまで。
次回のマネ日記もお楽しみに。
 

W杯の余ってるチケット絶賛募集中です [一橋大学ラグビー部日記]投稿日時:2019/10/08(火) 15:02

浪人時代の予備校から一緒だった大谷くんからバトンを引き継ぎました堺です。当然東大に行ったものだと思い込んでいたので、入学式であった時はびっくりしたのを覚えてます。23年生きてきたうちの5年間一緒にいたと思うとすごいですよね。騒がしい僕ですが、来年からもよろしくね笑。



三日かけて書いた部日記の下書きが消え、絶賛大焦り中な訳ですが、毎年恒例の四年生の部日記を書いていきます。毎年楽しみにしていたこの日記をとうとう自分が書いていると思うと感慨深いものがあります。いつもグラウンドやお風呂で一緒に頭の悪い話をしていた先輩たちが、どうしてあんな密度の濃い文章が書けるのか不思議でした。自分も最上級生になったら自然と書けるのかな、とか思ってましたが、いざ書くとなるとやっぱり何を書いていいか分からないもので、過去の部日記を読み漁っています。皆んなと違うものを書こうと思っていましたが、自分の〆切を大幅に過ぎ同期からの圧がすごいので、例の如く自分の四年間を振り返りたいと思います。つらつらと長い文章になりますがご容赦下さい。



まずは一年生。一年の浪人生活を経て体重が10kg増量し両親にミシュランマンと呼ばれ、一年ぶりに会った高校同期に認識されなかった自分は、最早運動ができる体ではありませんでした。ましてや大学の体育会なんて耐えられる筈もない、なんて思っていた四月でしたが、中高六年間のラグビー部での生活で培った勢いで物事を決めてしまう性格は変わらず、五月には入部を決めました。



二、三年生は、今考えてみると楽しく、恵まれた二年間だったと思います。運動神経が悪くラグビーが下手だった自分なりに自分の上達のことだけを考えることができて、このために先輩や同期が力を貸してくれた二年生。大谷と二人でBチームの運営を任されて、最初は戸惑いながらも同期や後輩の力を借りながら、試合を通して少しずつ上手くなっていくのが実感できた三年生。当時は辛いと思った事も多かったけど、今ではそのありがたみも感じます。



そして四年生。これは過去の三年間に比べ圧倒的に考える事が多い時間であったと思います。下級生の時に自分が当たり前に享受してきた環境が、各代の四年生たちがそれぞれ必死にに作ってきたものであったと実感しました。でも今考えてみると、二月オフを丸々使った会議も、同期の想いを知るいい機会となりました。



そして迎える事になった対抗戦。ここまで三試合を終えて、残念ながら自分たちが二月の会議で思い描いた結果は得られていません。自分も四年生として試合に出てチームに貢献する事もできておらず、悔しさが残ります。残り四試合この悔しさを糧に、最後に、自分たちはやり切った、と胸を張って断言できるくらい突き抜けたいと思います。



一橋大学ラグビー部の一員として過ごすのも残り一ヶ月と少しだと思うとやっぱり悲しく、自分は人に恵まれたと改めて思います。週末や、時にお仕事のある平日にさえグラウンドに足を運び指導して下さったOB、監督・コーチ陣の方々。生意気だけどめっちゃ絡んできたり、思いつきの雑なだる絡みに優しく応えてくれる後輩たち。始発じゃなきゃ間に合わない程朝早かったり、めちゃくちゃ蒸し暑かったりする中でプレーヤーのサポートに徹してくれるマネージャー。怪我が多い自分を常に気にかけてくれて、今年生まれた息子さんの誕生日が僕と一日違いだった松岡さん。そして、こんな適当な自分を気にかけ時に喝を入れてくれて、多分家族を除いて人生の中で最も長い時間を一緒に過ごした同期たち。感謝してもしきれません。



これで僕の部日記を終わろうと思います。急いで書いた為お見苦しい文章になっていたらすみません。最後まで読んで頂きありがとうございました。



次は一年生の最初の部日記を僕に回し、FWにコンバートしてから喜怒哀楽を取り戻したギリシャ彫刻荻原君に回したいと思います。

明日は武蔵戦! [マネージャー日記]投稿日時:2019/10/05(土) 15:05

マネージャー日記をご覧の皆様、こんにちは!
2年マネージャーの坪井愛衣です。

10月に入ったにも関わらず、まだまだ暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は、明日に迫った武蔵戦に向けて行われた、ジャージ渡しの様子をご紹介いたします。


(3年 成田)
明日の武蔵戦は前回までの2試合と何の関係もない。
絶対に勝つという気持ちで明日、頑張りましょう。


(1年 島田)
前回の試合は怪我で出られず、外から見ていて悔しかった。
明日は声を出して引っ張っていく気持ちでやります。


(3年 佐々木)
一橋は対抗戦Bグループの中でも下のほうで、チャレンジャーという立場。
でも、チャレンジャーであるからこそ、臆さず勇敢に立ち向かいましょう。


(4年 倉光)
こないだの上智戦はいきなりトライをとられて、苦しい時間が続き、中から声が出なくなっていた。
明日は外からだけじゃなく、中から声を出して盛り上げていきましょう。


(1年 中尾)
対抗戦シーズンが始まって、辛い期間が続いていますが、
ミスを恐れずにアタックしましょう。

明日はメンバーだけでなく、部員全員で緊張感をもって試合に臨みます。


以下、明日の詳細です。

10月6日(日)  11:00 kickoff

VS武蔵大学  @一橋大学グラウンド

最寄り駅は中央線国立駅でございます。

大変恐れ入りますが、混雑を避けるため、
お車でのご来場はご遠慮頂けますようお願い申し上げます。

お車でお越しの際は、お近くのパーキング(タイムズ国立東 第7,第8,第5,第6駐車場)をご利用下さい。

皆様の温かいご声援をお待ちしています。
 

対抗戦vs上智 [マネージャー日記]投稿日時:2019/09/26(木) 00:14

マネージャー日記をご覧の皆様、こんにちは!
4年の鈴木佳奈です。


本日は、先日行われました対抗戦第二節の上智戦レポートをお届けします。



例年対抗戦は15時キックオフですが、今節はラグビーW杯の影響で12時キックオフです。

慣れない秦野の地、そして相手は打倒一橋を標榜していることもあり、緊張感溢れる中で試合は始まりました。



ところが、前半始まって5分、相手のトライを許してしまいます。

その後も一方的にトライを取られる展開が続き、前半0-31で終了です。



後半に入った後も中々一橋のターンは巡ってきません。



何とか1トライ取るも、点差は広がってゆきます。



最終スコア7-66で上智大学さんの勝利です。


という訳で、実に11年振りに上智大学さんに敗北を喫しました。
負けた直後の悔しさは相当ですし、この日記もものすごく苦々しい思いで書いているところです。

この先、MGとしてだけではなく、堀内組の4年としても、何とかして挽回して行きたい所存です。
そのためにもより一層気を引き締めて部活に取り組んでまいります。



ここまでお読みいただきありがとうございました。次回のマネ日記もお楽しみに。

 
次へ>>