大きくする 標準 小さくする
DIARY

ブログ一覧

rss

まねーじゃーコラム
必然的に健康に詳しくなるマネージャーの豆知識
一橋大学ラグビー部日記
一橋大学ラグビー部員の日記です。
マネージャー日記
一橋大学ラグビー部マネージャーの日記です。

最近更新されたブログ

rss
次へ>>

防衛医科大学校戦(B戦) & 東洋大学戦 [マネージャー日記]投稿日時:2019/06/18(火) 11:20

マネージャー日記をご覧の皆様こんにちは。2年マネージャーの安田真緒です。

今回は、先日行われました防衛医科大学校さん、東洋大学さんとの試合の様子についてお伝えいたします。



まずは、6/15(土)の防衛医科大学校さんとのB戦からです。

土砂降りの中、試合開始のホイッスルが鳴ります。



最初にトライしたのは防衛医科大学校。悔しくも先制点を奪われます。

しかし、すぐさま一橋がトライを返します。



キックも決め、逆転したまま前半を一橋7-5防衛医で終えます。



そして後半戦がスタート。両者一歩も譲らず、緊迫した時間が続きます。



このまま逃げ切れるかと思われた試合終了間際、防衛医科大学校にトライを取られてしまいます。

最終スコア一橋7-12防衛医で試合終了となりました。



続いてご紹介するのは、6/16(日)の東洋大学さんとの試合です。

昨日とは打って変わり、ギラギラと太陽が照り付ける中での試合となりました。

まずしたトライしたのは東洋大学。

先制を許しますが、気持ちをしっかり切り替え、次は一橋がトライ。



その後1トライを決めるも東洋大学も2トライを決め、一橋12-19東洋で前半終了を迎えます。



巻き返しを狙い始まった後半戦。暑さが身に堪える中、選手たちは懸命に戦い続けます。





しかし、必死の思いも届かず、最終スコア一橋12-62東洋で試合終了となりました。



どちらも悔しい結果となりましたが、次戦にむけてまたここから励んで参りたいと思います。

また、両日とも快適とは言えない天気の中、たくさんのご声援をありがとうございました。



最後までお読みいただきありがとうございました。次回のマネ日記もお楽しみに!

新入生プレーヤー紹介① [マネージャー日記]投稿日時:2019/06/16(日) 19:49

マネージャー日記をご覧の皆さんこんにちは!初めまして、1年マネージャーの星野めいみです。これからよろしくお願いします!

さて、今回は新入生プレーヤー紹介第一弾ということで、こちらの4人を紹介します!!


(左から小川、河合、大島、後藤 すべて1年)
いい天気で、赤のユニフォームが映えますね!!

○では、さっそく他己紹介からお願いします!(紹介する人→される人)

(大島→小川)
後輩だった同期。彼のやりにくさを思うと本当に申し訳なさしかないが、いつの日か呼び捨てにしてほしい。めちゃくちゃに多忙であり、家も遠いためストレスをためがち。よく他人のインスタを見ては「クソッ…!」と吐き捨てている。また、午前練の日は乗り換えの関係で練習の1時間ほど前に到着せざるを得ず、部室のベンチに虚ろな目をして座っている。そんな彼はひとたびグラウンドに出ると鬱憤を晴らすようにボールを蹴散らかし、DFラインを切り裂く頼もしい存在になる。

(小川→河合)
愛知県の名門明和高校出身の河合くんを紹介しようと思います。彼はよく部員をカラオケに誘いますが、誰一人参加しようとせず彼は不満気な様子です。また、お酒を飲むと(ちゃんと成人済みです)持ち前の陽気なキャラをいかして2次会に誘うくせして、家には全く入れようとしません。まさか、、?! *ソース元澤井くん

(河合→後藤)
ノリ悪そうにみえてノリ良くて好きです笑笑カラオケとやおぎんには必ずついてきてこれからもたくさん誘おうと思ってます!小学校1年生からラグビーを始めたラグビーエリートで、スクラムでの彼の押しを楽しみにしています!同じタイトファイブとしてとても頼もしい存在です!

(後藤→大島)
大島さんは頼れるお兄さんのような存在です。実際お兄さんです。授業や部活のために毎日2時間以上かけて国立にくる姿は涙なしには見れませんが、僕の家に泊めることは出来ません。プレー面では既にAチームの試合にたくさん出場し、激しいヒットやタックルを披露して確固たる地位を築きつつありますが、日常面ではダーツで僕だけを狙い撃ちするなどやや陰湿な側面を秘めています。あと、ちょっと危ないです。


情報がたくさんつまった紹介、ありがとうございます!4人とも、なかなかに個性的ですね…!私も彼らの新たな一面を知れたような気がします。


○それでは、ラグビーを始めたきっかけについて教えてください!

大島 高校の部活勧誘でラグビー部がとても楽しそうだったから。
小川 高校の時の先輩たちが面白かった。
河合 高校で先輩や顧問の先生の熱烈な勧誘を受けて。
後藤 昔すぎて覚えてないです。

4人とも経験者ということで、さっそく試合で活躍する姿を見せてくれるでしょう!


○次に、自分のポジションとその魅力を教えてください。

大島 フランカー。できることの幅が広いこと。
小川 フルバック。自由。
河合 プロップ。責任重大で試合の流れを大きく変えられるところ。
後藤 ロック。フォワードでありながら、デメリットが、顔が潰れるということしかないところ。


○続いて、同期の印象について教えてください!

大島 凜太郎のために僕をさん付けで呼ぶ、とっても優しいやつら。
小川 みんないい人達。
河合 ノリがよくないけどいい人の集まり。
後藤 ユーモア満載。


4人が言うように、ほんとにみんないい人達で、優しいです。でもそれぞれ個性が強く、掘り下げていくと面白い学年です。


○では、尊敬する先輩を教えてください。

大島 葛さん。練習中に色々な指摘をしてくれたり、質問に丁寧に答えてくれます。
小川 全員。優しい、強い、面白い、また色んなことを両立できている点。
河合 みなさん優しくアドバイスしてくださるため先輩みなさん尊敬していますよ!!
後藤 伊東さん。ロックとして手本となる存在だし、ラインアウトやスクラムで的確なアドバイスをくださるから。


4人中2人が全員ということで、ラグビー部の先輩方がいかに素敵な人たちなのかが伝わったでしょうか!


○最後に、今後の意気込みをお願いします!

大島 たくさん吸収して、増量もしてチームに貢献できるように頑張ります!
小川 チームに貢献する
河合 一橋のセットプレーの要にふさわしくなれるよう、日々の練習から元気に声出してやっていきます。
後藤 体重を増やしてラックサイドで無双したい。


頼もしい抱負ですね。4人の今後のさらなる活躍に期待です。


一橋大学の校章のマークを再現してくれたみたいです。
(左から小川、大島、後藤、河合)

最後まで読んでくださってありがとうございました!4人の魅力は伝わったでしょうか?第二弾も、見逃せないメンバーがそろっています。ぜひご覧になってください!では、次回のマネ日記もお楽しみに!



 

よしふみL v1 [一橋大学ラグビー部日記]投稿日時:2019/06/14(金) 08:21

初めまして。先日の新入生試合におきまして、ドロップキックで負傷退場&全治8週間の奇跡を起こした中尾君から、ハードル高めでバトンを受け取りました。新入生の増古喜文です。よろしくお願い致します。幸いなことに夏季履修登録を忘れた今、時間だけは無限にございますので、期待を裏切りすぎないようじっくり筆を進めてゆきたいと思います。





さて、僕の前に更新した同期3人が各々これまでの人生を綴ってくれたということでいい加減同じネタは避けたいのですが、流石に初登場で自己紹介なしというわけにはゆきません。そこで、今回は過去を振り返るというより、出身校となぜ僕がラグビーという過酷なスポーツを始め、大学でも続ける決断をしたのか、ということに絞ってお話ししたいと思います。どうぞお付き合いください。





僕の出身校は都立武蔵と言います。実は今の一橋ラグビー部にも先輩がいらっしゃいまして、2年から3年に上がら(れ)ず、大学生活5年目の突入を既に決定なさっている伊東さん、部内での尊厳はとうにゼロを下回り、とある試験を受けるためただいま絶賛蒸発中の名倉さんという濃いメンバーが揃う中、「武蔵」の名を貶めないか最初は不安でしたが、現在僕に向けられている周りの視線から判断する限り、どうやら僕にも「武蔵」の素質が中々にあったようで安心しております。中高一貫校で、中学の頃からラグビー部に所属していたので、ラグビー歴は早いもので今年で7年目になります。高校の頃から同期は人数、人柄とともに恵まれておりますが、未だかつてこれほど多くの先輩がいらっしゃる環境を経験したことがありません。まだまだ慣れませんが、皆さん本当に優しくしてくださいますし、多くのお手本が存在する状況に感謝しつつ、気持ちを新たに頑張ろうと思います。





突然ですが、皆さん勇者ってご存知ですか?そうです。あのファンタジー世界に登場する勇者です。魔物をなぎ倒し、魔王をも打倒し、世界を救う勇者です。こういうジャンルに全く興味のない方は、そんなものがあるんだなあ程度に思っていただければ十分です。ともかくドラゴンクエストというゲームをはじめ、ファンタジーにどハマりし、頭の中がお花畑だった(今も大して変わっていませんが)僕は、勇者という強い存在に憧れていました。そんな時中学校で出会ったのがラグビー部でした。純粋な体と精神の強さがモノを言うラグビー。小手先の技術だけではどうにもならない、そんな特性が他の競技以上に、まさに勇者を体現しているように感じられたんです。しかも顧問の先生は、思った程痛くないよと誘ってくるではありませんか。これはもうやるしかないなと入部を決めました。しかし、実際にラグビーをプレーしてみると、それは非常に厳しいものでした。まず思った以上にメチャクチャ痛い。自分より強いヤツばかりだし、強豪校には毎回ボコボコにされるし、挙げ句の果てに異国の魔物(トンガ人)まで襲来するしでフィジカル、メンタル共にボロボロになりました。これは才能の差かなあと考えました。基本的に勇者という者は、もともと特別な存在であることが多いんです。女神様の加護を受けていたり、代々受け継がれる勇者の血筋を引いていたり…。現実でもそれは同じじゃないかと思ってしまった僕のモチベーションは急激に失われてゆきました。そんな時、1つの言葉に出会ったんです。それは、ドラゴンクエストシリーズのある作品に登場する名言でした。



「勇者だから  なにかを  なすのではなく  なにかを  なしたから勇者なのだ」



ビビっときました。「勇者」という才能が無くとも勇者にはなれる。そう感じるのと同時に、全てを才能の有無のせいにしていた自分が恥ずかしくなりました。ラグビーは、僕の知る限り、最も勇者らしい競技であるのと同時に、最も才能を努力や鍛錬でカバーしやすい競技です。だから、ラグビーという最高の場で勇者になれなければ、特筆すべき才能のない俺は決して勇者にはなれない。ここで逃げたら俺は負け犬で、今後の人生全部ダメになる、そんな風に思ったんです。ここにラグビーをやめる=人生終わりという謎の方程式が完成しました。センター数学6割の僕はこの方程式の正誤を疑うこともできないまま、大学に入学してしまいます。中学、高校と勇者になれなかった僕の目の前には



まだ  このきょうぎを  つづけますか?



             →はい 

                あなたはしにました



という悪魔の選択肢しか浮かんでいなかったんです。もう「はい」を選ぶしかありませんでした。さて、こんなふうに良くも悪くも僕を支えたこの言葉ですが、実は残酷な一面も持っていることにお気づきでしょうか。そうです。なにかをなしたものが勇者ならば、逆に言えば、どれだけ才能に恵まれようとも、どれだけ努力しようとも、なにかをなせなかったものは勇者にはなれない、この言葉はそんな意味も含んでいるのです。僕は自ら、負け犬にならないために修羅の道を選びました。勇者の卵や勇者見習いで終わるつもりはありません。今は勇者はおろか、「くさったしたい」程度にしか見られていませんが、この4年間必死に鍛錬を積み、勇者として一花咲かせてやろうと、そう考えています。まずは大学生活初めての夏、初めての合宿に焼き尽くされ、「ただのしかばね」になってしまわぬよう全力を尽くす所存ですので、どうか応援よろしくお願いします。喋りたがの僕ですので、まだまだ書きたいことは枚挙に暇がございませんが、恥の垂れ流しはこのくらいにして一旦筆を置き、冒険の書に記録させていただきたいと思います。



まだ  だぶんを  つづけますか?



          はい

       →いいえ





さて次回の部日記は、小さい体ながらどんな相手に相対しても恐れずタックルし、倒すその姿はまさに勇気ある者!同期で最も勇者に近い男(謎基準)、顔もちょっとリンク似の嶋井くんにお任せしたいと思います。彼なら僕がぐちゃぐちゃにしてしまったこの場を、勇者の如く華麗に救ってくれることでしょう。ごめん嶋井、あとはよろしく!

国公立決勝vs東京学芸大学 [マネージャー日記]投稿日時:2019/06/12(水) 10:58

マネージャー日記をご覧の皆様こんにちは、2年マネージャーの大原理紗子です!

とうとう梅雨入りしてしまいましたね…気温も天気もコロコロかわる今、皆様も体調を崩さぬように気をつけて下さいね!



さて今回は、先日6/9に行われた国公立体育大会決勝の様子について書きたいと思います。



午後3時、なんだか不穏な天気の中、学芸大のキックオフて前半が始まります。

一橋もねばり、ディフェンスを続けるものの、学芸の猛攻に圧倒され、前半は3トライを許してしまいます。

コンバージョンキックの点数も合わせ0-21で折り返しです。



土砂降りの雨の中、一橋のキックオフで始まった後半。前半の借りを返そうと一橋も奮闘しますが、学芸の攻撃とディフェンスに翻弄され、また3トライを許してしまい、一橋はトライを取れないまま試合終了。



0-40で敗北してしまいました。



大雨の中、沢山の声援ありがとうございました。

これからも、夏に向けて日々真摯に練習に取り組んでいきます。





最後までお読み頂きありがとうございました!次のマネ日記もお楽しみに!

明日は国公立決勝! [マネージャー日記]投稿日時:2019/06/08(土) 13:11

マネージャー日記をご覧の皆様こんにちは!
4年の鈴木佳奈です。
最近ムシムシしてますね。グラウンドではついに蚊を見かけ始めて、この世で蚊が一番嫌いな私は戦々恐々としています・・・・


さて、話題は変わりますが、明日は国公立決勝です。
今日は恒例のジャージ渡しが行われたのでレポートしたいと思います。


1年後藤「積極的に声出していきましょう」


2年新井「声で引っ張るので、みんな体張っていきましょう」


3年中山「FW声出して、順目回って、走り勝ちましょう」


4年宮田「うちは毎年入りが課題。今度こそ入りからいい形で入って、絶対勝とう」


昨年最後に悔しい思いをした試合だけにそれぞれ気合が入っています。
またフレッシュな1年生も出場するので、どんな試合運びになるか今から楽しみです。

明日は、15:00 kickoff@一橋大学グラウンドです。
最寄り駅は中央線の国立駅でございます。
皆様からの暖かいご声援をお待ちしております!
 
次へ>>