大きくする 標準 小さくする

先輩から

 4年の古賀遼介です。こんにちは。初めまして。長くなるかもだけど、良ければ最後まで読んでいってください。特に今までラグビーあんまり知らなかったっていう人は。

 

 僕はラグビー初心者として4年前にこの部活に入ったわけだけど、まずはその経緯からお話しようかと思います。経緯というほど大したもんでもないんだけど、簡単に言えば最初に新歓を受けたのがラグビー部で、他にどっか行くのが面倒臭かったからそのまま入部しました。ほんとに大したことなかったですね。でもまあ、もちろん部の雰囲気が良かったからというのはあると思いますけど。そういう意味では「当たり」でしたね。

 

 

いつも同期と楽しそうな古賀さん

 

 

で、実際に練習に参加して みると最初はラグビーという競技に対して新鮮さみたいなものがあって、なかなか楽しかったと思います。でも、徐々に練習が本格化してくるとやっぱり慣れない競技という部分が大きくて、周りの練習についていくので必死でした。この頃は結構大変だったかなと今では思いますね。ここまで読んで、やりたくないなと思ってしまった人、この後いい話あるからもうちょっと待って。

 

そもそも僕は中学の時は楽器を少々やってて高校時は何の部活も入ってなかったから、本格的な運動なんて長いことやってなかったんですね。しかも高校出てから1年間余計に勉強したし。そんな訳で体力は無いし筋力も無いし経験は無いしセンスも無いしで、無いもの尽くしでした。お金も無かったな、そういえば。それは今もだけど。

 

 

 

 

初心者だったからこそ、後輩への指導もわかりやすい

 でも僕は、「初心者だから」ということを言い訳にしたくはなかった。もちろん周りの人は、僕が初心者だから丁寧に教えてくれるし、多少のミスは多めに見てくれる部分はあったと思います。でも自分でそれを言い訳にしてしまったら駄目だなっていうのは当初から思ってて。だから練習しましたね。試合のビデオを家に持って帰って観てみたり、オフの日も一人で筋トレしてみたりもしました。やっぱり最初はどうしても周りのみんなに引っ張ってもらうという形になってしまうけど僕はそれが嫌で(基本的に自己顕示欲は強いかな。やな奴ですね笑)。そうじゃなくてみんなと肩を並べてチームの一員として試合に出っていうのが当面の目標でした。そう思って必死にやってたら、いつの間にかチームの中心人物の一人になってました。少なくとも僕はそのように自覚してます。

 

もちろん、今の位置まで来るのは楽ではなかったです。他のメンバーに対しての劣等感っていうのは随分長いこと持ってたし、自分はチームに必要なのかと悩んだりもしました。でももうその頃にはラグビーしかなかったんで。つらい状況の中で頑張り続けてれば見えてくるものがあると思う。で、この部にはそれだけの頑張れる環境が整っています。初心者あがりだろうと練習中に発言することはできるし、試合に出て活躍だってできる。そのことを知ってほしいし、ラグビーという競技自体も知ってほしいと思います。いや、確かにサッカーも面白いけども!

 

犬塚キャプテンとともにチームをひっぱる

 

ここまで偉そうなことを書いてきたけど、僕自身、まだまだだなと思ってます。たぶん周りに認められるより、自分自身を認めてあげることの方が難しいんでしょうね。みんなに頼りにされてる実感は多少あるけど、それにはまだ足りないことが多すぎる。もっと上手くなる。これはもうずっと思ってますね。強いて言えば、この貪欲さが秘訣ですかな。

 

結局、初心者かどうかはあんまり関係ないですね。やるか、やらないか。やってれば何とかなります。入部動機はいい加減だったけど、結果的にはラグビー部でよかったと思ってます。間違いなく言えるのは、4年間を費やす価値がラグビー部にはあるっていうこと。

 

ラグビー部には古賀さんのような頼もしい先輩がたくさん!!

ぜひ、直接話しを聞きにきてください