大きくする 標準 小さくする
ポジション

 

    
  FW(フォワード):PR/HO/LO/FL/NO.8
 敵と激しくぶつかり合う。スクラムを組み、ラインアウト(スローインのようなもの)で敵とボールを奪い合い、
モールを組んで敵を押し込んでいく。パワーとスタミナが要求される。  
PR(プロップ) NO.1 NO.3

「縁の下の力持ち」
 
ボールを持って走ることが少ないながらも、スクラムを最前列で支え、チームの土台を担っている。プロップがスクラムを支えるもしくは押しこむことにより、バックスは安心して攻撃を仕掛けられるし、ラインアウトでは、ジャンパーを怪力で持ち上げるリフターとしての役を担う。プロップにしか分からない相手との駆け引きもあり、一種の独特の世界観がプロップ界にはある。
縁の下の力持ちで、忍耐強く、他の選手の為にがんばるやさしさも兼ね備える。

 
HO(フッカー) NO.2

「スクラムリーダーの自由人」
 
 両プロップに挟まれる格好で、スクラムの中心を担うフッカー。
スクラムのコントロール、まとめ役であると同時に、スクラムハーフがスクラムに入れたボールを後方にかき出す役目を担う。
また、ラインアウトでのボールを投げ入れる役目も主にフッカーが担い、走れると同時に器用さが求められる。ボールが次々に展開するときには、HOがNO.8的な役割を果たすため、走力があって判断力のある選手が多い。
 

LO(ロック) NO.4 NO.5

「飛ぶ、走る、あたる、寡黙で豪快なナイスガイ」
 
 ラグビーのポジション中、最も多くの仕事が求められるポジション、それがロック。あるときはモールの核に、あるときはジャンパーとしてボールをキャッチ、あるときはボールを持ちダンプカーのごとく相手に激しくぶち当たり、またあるときはキックもける。基本的にチーム1背の高い選手のポジションとして確立されている。  
 FL(フランカー) NO.6 NO.7

「グラウンド上の狩人」
 


タックルが生きがいというプレーヤーも多く、狙った獲物を必ず仕留める姿は狩人を想像させる。スクラムやラインアウトから真っ先に飛び出して相手にプレッシャーをかけ、激しいタックルで相手のボールを奪い取り、チームがピンチの時には瞬時にサポートするFWの花形。
このポジションの選手の動き次第で、チーム力が1にも10にもなるといっても過言ではない。

NO.8(ナンバーエイト) NO.8

「チームの大黒柱、頼れるリーダー」



チーム一優れた万能アスリートがこなすポジションとさえ言われている。スクラムを最後方でまとめあげ、FW全体をコントロール。攻撃ではサイド攻撃から相手をぶっ飛ばし、防御では必殺のタックルで仕留める。自らボールを持つことが多く、強い体躯、大きな体を活かし突破し、チャンスを切り開く。突破だけでなくバックスとの連携も多いため、パスの技術も求められる。


 

 BK(バックス):SH/SO/WTB/CTB/FB 
グラウンドを縦横に走り回る。サインプレーやステップで敵を翻弄し、スピードで抜き去り、キックで陣地を稼ぐ。スピードとテクニックが要求されるポジションである。 
SH(スクラムハーフ) NO.9

「華麗なる猛獣使い」
 
 15人中最も小柄だが最も俊敏、最も敏捷性に優れた選手がこなし、かつ試合中に最もボールに触れる機会が多いポジション。FW・BK間の情報伝達、スクラムからBKへのボール展開など、FWとBKの中継役、潤滑油の役割を狙い、SOとともにゲームを組み立てる。スクラムハーフの一つ一つの判断やプレーが試合を決めるといっても過言ではない。  
 SO(スタンドオフ) NO.10

「ゲームを支配する司令塔」
 
 どんなピンチの状況でも常に冷静沈着で、試合に勝つためにゲームをコントロールする「司令塔」である。ボールを持ったとき、パスすべきか、キックで陣地を稼ぐべきか、自分で攻めるべきか。性格かつすばやい状況判断力、そしてBKラインを活かすラインコントロール力が問われる。天候や相性、コンディショニングなど全ての状況、情報を把握し、ゲームを組み立てていかなければならない。  
 WTB(ウィング) NO.11 NO.14

「チーム最速の『両翼』」
 
 観客を魅了する「走り」を披露し、トライを量産するポジション。走ることはどのポジションにも共通するが、ウィングがボールを持って走る=トライに直結するシチュエーションが多い。トライのチャンス時に走るのみならず、自らFWの周辺に突っ込みポイントを作ったり、時にはSOの位置に入ってBKラインをコントロールしたり、様々な役目が要求されている。  
 CTB(センター) NO.12 NO.13

「体を張り続ける『ファイター』」
 
 全ポジション中最も勇気のいるポジションであろう。相手センターと自分の距離はとても離れており、トップスピードでぶつかり合う。ディフェンスでも、ただ闇雲に相手にタックルするのみならず、場合によってFWをとめるようなディフェンス力が求められる。インサイドセンターは第二のSOと呼ばれるほど状況判断、パス能力に優れ、アウトサイドセンターは突破とウィングへのラストパスが主である。  
FB(フルバック) NO.15

「チームの守護神」
 
的からのキックは全て対処し、抜けてきた相手を「最後の砦」として一撃必中のタックルで倒す。また攻撃では相手の意表をつくランニング、切れ味するどいカウンターアタックでチャンスを作る。走ってよし守ってよし、そんなチームの守護神である。最後尾に位置するため、チームで一番、試合の状況や各選手のポジショニング、相手の陣形を見て弱い部分を把握することが重要で、チームを後ろから鼓舞する。


 

 

マネージャー

「チームの活力・勝利の女神!?  

   

 

勝利のために頑張るのはプレーヤーだけではない!!

マネージャー陣もチームのために尽力しています。

そんな私たちの仕事内容は・・・

 会計

 テーピング

 メディカル

 選手の栄養管理

 選手のけがの管理

 ・・・AND MORE!

マネージャーは大学から始めるひとがほとんど。

先輩たちもはじめはなにもできませんでした。

だからこそ右も左もわからない後輩たちの面倒をみる準備はばっちり。

私たちと一緒に勉強して、選手のサポートをしてみませんか?