大きくする 標準 小さくする

2010年度 如水ラガーズ活動報告②

2010/03/20

3月20日(土)、如水ラガーズの2010年度の2度目の練習を実施しました。

参加者(五十音順)

岩田様、大石様、小林様、正野様、角様、高橋俊行様、高橋裕司様、早崎様、八藤様、山田様、山本千里様、松井(以上、11名)

 初夏のような陽気の中、国立グランドで1時間半超、汗を流しました。

 本日は、「一橋大OBアラフォー組」の中心メンバーであり、アラフォーの試合の取りまとめなどもされている大石様(現在もロックとして活躍中)から、FWの基礎練習を教わりました。

 具体的には

 33のフロントローによるスクラム、55のタイトファイブ(前5人)のスクラム、当たり、モール、ラックのオーバーなど、ダミーバッグを使いながらも本格的なコンタクトの練習を実施しました。

 多くの参加者の方々から「ラグビーらしい、本格的な練習だ」などと力のこもった声が聞かれました。

 大石様、ご指導、ありがとうございました。

 【ミーティング】

 如水ラガーズの2010年度の活動の大きな目標の一つに、「1年に1回は本気の試合をする」というものがあります。

 この目標について、本日20日の練習に参加された方々のご意見を集約したところ、今秋の対抗戦の東大戦を照準に、アラ還の試合を開催できれば、という声が大勢を占めました。

 そのためには、

 ・如水ラガーズの練習への参加メンバーを増やす=試合が組める、15人以上の参加者が必要です!

 ・試合前には如水ラガーズの練習を増やすなどして、各自が体力の向上を図る

 ・とにかく、一度、試合をやってみよう。何とかなるはず


 といった意見が出ました。

 どうか皆様、ご協力をお願いします!


 【汗をかいた後は、おいしいビール!】


 3連休の初日ということもあって、国立駅前のそば店「志田」で、有志にてグラスを掲げました。

 「2011年度のラグビーW杯NZ大会に遠征しようか?」「2019年の日本大会をどうやって盛り上げるか?」といった壮大な話から、各々が経験されたポジションの職人技・秘話、現役生への期待まで、いつまでも話がつきませんでした。

 【連絡事項】

 ・あす321日(日)は現役の成城大戦が国立グランドで実施されます。午後2時キックオフです。

 新体制・犬塚組になって、最初のターゲットとしている試合です。是非、応援してやってください。

 ・如水ラガーズの年会費(1000円)及びスポーツ安全保険加入費(64歳まで1600円、65歳以上800円)を徴収しております。お振込みを希望される方は松井までご一報ください。


 以上、文責・松井哲(平成5年卒)


ニュース